ビンチェンツォ・グレッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビンチェンツォ・グレッラ Football pictogram.svg
Vince Grella (cropped).jpg
名前
愛称 ビンス、ビニー
ラテン文字 Vincenzo Grella
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1979-10-05) 1979年10月5日(40歳)
出身地 ダンデノン
身長 182cm
体重 79kg
選手情報
ポジション MF (DH, CH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 オーストラリアの旗 キャンベラ・コスモス英語版 14 (1)
1997-1998 オーストラリアの旗 カールトン英語版 23 (1)
1998-2004 イタリアの旗 エンポリ 60 (1)
1999-2001 イタリアの旗 テルナーナ (loan) 27 (0)
2004-2007 イタリアの旗 パルマ 92 (2)
2007-2008 イタリアの旗 トリノ 28 (1)
2008-2012 イングランドの旗 ブラックバーン 38 (0)
2012-2013 オーストラリアの旗 メルボルン・ハート 1 (0)
代表歴
1996-1999  オーストラリア U-20 11 (0)
1996-2000  オーストラリア U-23 17 (0)
2003-2010 オーストラリアの旗 オーストラリア 46 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビンチェンツォ・グレッラVincenzo Grella, 1979年10月5日 - )はオーストラリアビクトリア州ダンデノン出身の元サッカー選手。元オーストラリア代表。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

オーストラリアNSLでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせると、1998年からは両親の母国であるイタリアに活動の場を移した。そこでの最初のクラブとなったエンポリで同年11月にセリエAデビューを飾ると、セリエBテルナーナへの期限付き移籍を経て、2004年からはパルマ、2007年からはトリノでプレーをした。2008年8月には、10年過ごしたイタリアを離れ、イングランドプレミアリーグブラックバーンに4年契約で加入[1]。しかし、怪我の影響もあり出場機会を確保できず、2011-12シーズン終了後に契約が終了した。

その後、代表でのかつての同僚であるジョン・アロイージが率いるオーストラリアのメルボルンハートに、彼自身に誘われる形で2012年10月から1年契約で加入した[2]。ここでも引き続く怪我の影響により、Aリーグデビューは年明けの2013年1月26日のウェスタン・シドニー戦まで持ち越された。そしてこの試合の2日後、ふくらはぎの怪我により33歳での現役引退を発表した[3]

代表[編集]

2000年に母国で開催されるシドニーオリンピックU-23オーストラリア代表に選出された。しかしチームはグループリーグ3戦全敗での大会敗退となった。

オーストラリアA代表としては2003年2月12日のアウェイでのイングランド戦でデビューをした。2006年のワールドカップドイツ大会において、オーストラリアは32年ぶりの出場ながら初のベスト16進出という結果を残したが、自身も全4試合に先発出場しチームの躍進を中盤から支えた。2010年のワールドカップ南アフリカ大会においてもメンバーに選出されたが、出場は1試合に留まり、チームもグループリーグ敗退となった。

脚注[編集]

  1. ^ Grella signs” (英語). Blackburn Rovers Official Website (2008年8月27日). 2008年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月12日閲覧。
  2. ^ Grella answers Aloisi's call” (英語). Hyundai A-League (2012年10月24日). 2020年6月12日閲覧。
  3. ^ Former Socceroo Grella to retire” (英語). Fox Sports (2013年1月28日). 2020年6月12日閲覧。