ビーエスFOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ビーエスFOX
種類 株式会社
本社所在地 150-0001
東京都品川区北品川5-5-15
大崎ブライトコア16F
設立 2008年平成20年)9月9日
業種 情報・通信業
法人番号 1011001057944 ウィキデータを編集
事業内容 放送法による衛星基幹放送事業
代表者 代表取締役社長:西川高幹
資本金 1,000万円
主要株主 FOXネットワークス株式会社 100%
テンプレートを表示
FOXスポーツ&エンターテイメント
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社ビーエスFOX
旧チャンネル名 FOX bs238(2011年10月1日-2014年1月31日)
放送(配信)開始 2011年10月1日
HD放送(配信)開始 2011年10月1日
放送(配信)終了 2020年3月31日
ジャンル 総合エンターテイメント
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社ビーエスFOX
チャンネル番号 Ch.BS238(HD)
リモコンキーID (16)
物理チャンネル BS-11
放送開始 2011年10月1日
HD放送開始 2011年10月1日
放送終了 2020年3月31日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.610(HD)
放送開始 2013年2月23日
放送終了 2020年3月31日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.738
放送開始 2013年2月23日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 741(HD)
eo光テレビ 810(HD)
J:COM 238(FOX bs238時代、当初からCSの帯域)→409(HD)
テンプレートを表示

株式会社ビーエスFOX(ビーエスフォックス、BS-FOX)は、2020年3月31日まで放送事業を行っていた東京都品川区にある衛星基幹放送事業者である。FOXインターナショナル・チャンネルズ → FOXネットワークス・グループアメリカウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル傘下企業)の完全子会社。

2011年(平成23年)10月1日、「FOX bs238」(フォックス ビーエスにーさんはち)のチャンネル名でBSデジタル放送を開始した。

FOXグループの人気コンテンツに加え、MTV制作のバラエティ番組、韓流ドラマ等を放送する[1]

2014年2月1日より、チャンネル名称が「FOXスポーツ&エンターテイメント」に変更された。

沿革[編集]

かつて放送していたチャンネル[編集]

BSデジタル放送

論理チャンネル枠番号[14]23(テレビ:Ch.BS23*)[15]

  • Ch.BS238 FOXスポーツ&エンターテイメント - ハイビジョン放送
    • スカパー!では、当社自ら直営放送を行っている。リモコンキーID拡張は「16」であるが、正式ではないため公式に用いられることは無い。
    • また、当社が番組供給事業者として、スカパー!プレミアムサービス(衛星一般放送事業者は、スカパー・エンターテイメント)やスカパー!プレミアムサービス光、ケーブルテレビ局に番組供給を行っている。
    • 2014年2月1日より、「FOX bs238」からチャンネル名称を変更。
    • チャンネル名はそのまま読むと「フォックススポーツアンドエンターテイメント」となるが、チャンネルの番宣などではアンドを省略した「フォックススポーツエンターテイメント」と読まれる。
東経110度CS放送
  • Ch.343 ナショナル ジオグラフィック 未知の自然・宇宙・歴史
    • 番組供給事業者:FOXネットワークス・グループ[16]
    • 2013年4月1日より、ハリウッドムービーズよりスカパー!の基幹放送事業を譲受。翌日より、16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始した。
    • 2016年11月15日より、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」からチャンネル名称を「ナショナル ジオグラフィック」に変更し、2017年7月1日より、「ナショナル ジオグラフィック 未知の自然・宇宙・歴史」に名称変更した。
    • 時期不明ながら、基幹放送事業者をスカパー・エンターテイメントに移管し、同チャンネル(2018年8月28日よりハイビジョン放送)にて放送中。

「FOXスポーツ&エンターテイメント」の主な番組[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ BS放送史上初!一日中海外コンテンツを放送するチャンネル『FOX bs238』ついに開局! 2011年10月1日 午前0:00放送スタート。
  2. ^ [1]
  3. ^ 平成23年以降に開始される予定の新たなBSデジタル放送等に係る委託放送業務認定申請受付結果(別紙2)
  4. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定(別紙1)
  5. ^ 新BS放送一部有料放送が1年間無料に - nikkansports.com 2011年7月23日
  6. ^ 2020年シーズン 福岡ソフトバンクホークス 主催全試合 スカパー! が放送権を獲得‼”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月21日作成). 2020年1月22日閲覧。
  7. ^ 3 月 1 日(日)より新チャンネル「スポーツライブ+(プラス)」開局”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月24日作成). 2020年1月25日閲覧。
  8. ^ Dlife、きょう放送終了...惜しむ声相次ぐ 「明日から何を見ればいいのか」 FOXスポーツも”. J-CASTニュース(2020年3月31日作成). 2020年4月26日閲覧。
  9. ^ 2019年3月にディズニーが21世紀フォックスの主要事業を買収したことに伴い、ビーエスFOXもディズニー傘下となった。
  10. ^ Dlife放送終了へ FOXスポーツ&エンタも”. 共同通信(2019年11月14日作成). 2019年11月19日閲覧。
  11. ^ BS2局、来年3月末で放送終了…今年ディズニー傘下に”. 読売新聞(2019年11月15日作成). 2019年11月19日閲覧。
  12. ^ BS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定証の交付”. 総務省情報流通行政局 衛星・地域放送課(2019年11月29日作成). 2020年4月26日閲覧。
  13. ^ 民間放送 4月8日号”. 日本民間放送連盟(2020年4月8日作成). p. 3. 2020年4月26日閲覧。
  14. ^ 1事業者に1つずつ割り当てられた枠の番号で、「0」から「39」まである。論理チャンネルの上2桁が、テレビ放送は「枠番号」、ラジオ放送は「枠番号+30」、データ放送は「枠番号+60」となる。ただし、枠番号「30」以降はデータ放送(Ch.90* - Ch.99*)のみ。
  15. ^ この番号は放送大学グリーンチャンネルアニマックスと重複するが、実際に使用されているチャンネルは下1桁が全て異なるため、3桁番号の重複(枝番)は発生しない。
  16. ^ 兄弟チャンネルのFOX(Ch.312)は、スカパー・エンターテイメントが衛星基幹放送事業者として放送中。

関連項目[編集]