ビーチ105丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビーチ105丁目駅
Beach 105 Street
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-S.svg
ニューヨーク市地下鉄
Beach 105th Street - Broad Channel Bound Platform.jpg
東行ホーム
駅情報
住所 Beach 105th Street & Rockaway Freeway
Queens, NY 11694
クイーンズ区
地区 ロッカウェイ・パーク
座標 北緯40度35分00秒 西経73度49分39秒 / 北緯40.583217度 西経73.827594度 / 40.583217; -73.827594座標: 北緯40度35分00秒 西経73度49分39秒 / 北緯40.583217度 西経73.827594度 / 40.583217; -73.827594
ディビジョン BディビジョンIND、旧LIRR
路線 INDロッカウェイ線
運行系統       A Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
      S Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 MTAバス: Q22, Q53 SBS, QM16
ニューヨーク市フェリー: ロッカウェイ線 ビーチ108丁目-ブロード・チャンネル・ドライブ)
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1880年(139年前) (1880 (ロングアイランド鉄道の駅)
改築 1956年6月28日(62年前) (1956-06-28 (地下鉄駅)
旧駅名/名称 ビーチ105丁目-シーサイド駅
Beach 105th Street–Seaside
利用状況
乗客数 (2017)97,654[1]増加 2.3%
順位 423位
次の停車駅
北側の隣駅 ビーチ98丁目駅: A Stops rush hours in peak direction only S Stops all times
南側の隣駅 ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅: A Stops rush hours in peak direction only S Stops all times

ビーチ105丁目駅(看板ではビーチ105丁目-シーサイド駅、開業時はシーサイド駅)はクイーンズ区のビーチ105丁目とロッカウェイ・フリーウェイ交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDロッカウェイ線の駅である。A系統がラッシュ時に5往復、ロッカウェイ・パーク・シャトルが終日停車する。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
南行線 NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-S.svg ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅行き(終点)
北行線 NYCS-bull-trans-A.svg 朝ラッシュ:インウッド-207丁目駅行きビーチ98丁目駅
NYCS-bull-trans-S.svg ブロード・チャンネル駅行きビーチ98丁目駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード券売機
G 地上階 出入口
入口

当駅は1880年に開業、1955年10月3日にいったん廃止され翌1956年6月28日に地下鉄駅となった[2]

相対式ホーム2面2線の高架駅で、コンクリート高架橋上に設置されている。線路は駅の西側で地上へ下り、終着駅であるロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅へ向かう。アートワークはCallie Hirsch制作のVastがホームに設置されている[3]

2010-2014年MTA投資計画の一環で渡り線の設置が計画されている[4]

出口[編集]

  • 階段2つ、ビーチ105丁目とロッカウェイ・フリーウェイ交差点北西[5]
  • 階段2つ、ビーチ105丁目とロッカウェイ・フリーウェイ交差点南西[5]

脚注[編集]