ビーチ60丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビーチ60丁目駅
Beach 60 Street
NYCS-bull-trans-A.svg
ニューヨーク市地下鉄
Beach 60th Street - Mott Avenue Bound Platform.jpg
南行ホーム
駅情報
住所 Beach 60th Street & Rockaway Freeway
Queens, NY 11692
クイーンズ区
地区 アーバーン
座標 北緯40度35分33秒 西経73度47分19秒 / 北緯40.592395度 西経73.788536度 / 40.592395; -73.788536座標: 北緯40度35分33秒 西経73度47分19秒 / 北緯40.592395度 西経73.788536度 / 40.592395; -73.788536
ディビジョン BディビジョンIND、旧LIRR
路線 INDロッカウェイ線
運行系統       A Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 MTAバス: Q22, Q52 SBS
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1892年(127年前) (1892 (ロングアイランド鉄道の駅)
改築 1956年6月28日(63年前) (1956-06-28 (地下鉄駅)
旧駅名/名称 ビーチ60丁目-ストレイトン・アベニュー駅
Beach 60th Street–Straiton Avenue
利用状況
乗客数 (2017)726,189[1]減少 8.6%
順位 388位
次の停車駅
北側の隣駅 ビーチ67丁目駅: A Stops all times
南側の隣駅 ビーチ44丁目駅: A Stops all times

ビーチ60丁目駅(ビーチ60丁目-ストレイトン・アベニュー駅とも)はクイーンズ区のビーチ60丁目とロッカウェイ・フリーウェイ交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDロッカウェイ線の駅である。A系統が終日停車する。

なお、駅名にビーチ60丁目とありながらビーチ60丁目に面する出口は一切ない。

駅構造[編集]

配線図
凡例
地上から駅を見上げる
改装前のホーム
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-A.svg インウッド-207丁目駅行きビーチ67丁目駅
南行線 NYCS-bull-trans-A.svg ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行きビーチ44丁目駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード券売機
G 地上階 出入口

1892年にロングアイランド鉄道の駅として開業した。その後、1955年10月3日に休止となり、1956年6月28日に地下鉄駅となった[2]

駅は相対式ホーム2面2線で、ホームからは大西洋ジャマイカ湾が見渡せる。2011年よりSimon Levenson制作のアートワークThe Beaches of New York Cityが設置されている。

出口[編集]

改札は西端にあり、地上へはビーチ59丁目とロッカウェイ・フリーウェイ交差点の北西・南西に階段が2つずつ接続しているほか、南行ホームには出口専用改札があり、同交差点南東に接続している[3]

脚注[編集]