ビートたけしのつくり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートたけしのつくり方
ジャンル バラエティ番組お笑い番組
企画 北野武
鈴木哲夫(フジテレビ)
脚本 三谷幸喜
演出 つきざわけんじ(MEN'S)
西滝順二(イースト)
出演者 ビートたけし
 ほか
ナレーター 槇大輔
大森章督 ほか
オープニング蒲田行進曲」→「東京ブギウギ」(ユニコーン)→「A HARD DAYS NIGHT」(ビートルズ)
エンディング11月のエイプリルフール
松任谷由実
製作
プロデューサー 梅本満(イースト)
波多野健(イースト)
吉田宏(イースト)
河合徹(フジテレビ)
大辻健一郎(フジテレビ)
制作 フジテレビ
イースト
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年10月14日 - 1994年3月17日
放送時間 木曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
回数 20

特記事項:
企画協力:オフィス北野
テンプレートを表示

ビートたけしのつくり方』(ビートたけしのつくりかた)は、1993年10月14日から1994年3月17日までフジテレビ系列局で放送されたフジテレビイースト製作のバラエティ番組お笑い番組)。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (JST) 。

概要[編集]

ビートたけしの冠番組の1つで、当時深夜に放送されて高視聴率を出し人気だった『北野ファンクラブ』とほぼ同じスタッフで制作されていた。また番組収録も同様に渋谷ビデオスタジオで行われていた(企画内容によってはレモンスタジオで収録していた物もある)。いわば『ゴールデンタイム版北野ファンクラブ』的な存在の番組である。

ただし、ゴールデンタイムと深夜の性質上の違いから、番組内容は割と違うものとなっていた。トークコーナーには豪華なセットが用意され、たけしの相手には高田文夫ではなくヒロミが起用され、スタジオ内の音声もステレオ音源で収録されていた。またトークよりもコントや実験企画が中心の番組内容であり、放送時間帯の都合上下ネタも極力抑えられていたが、実験企画「教養講座」のコーナーではそれなりのお色気を扱うテーマのものもあった(例えば“女性モデルの開脚は何度以下までなら芸術で、何度以上開くとわいせつになるかを研究する”など。この企画は1997年から深夜で放送された『足立区のたけし、世界の北野』でより一層お色気を前面に出した形でリメイクされ、セクシータレントであった宮澤ゆうな草凪純本城小百合大浦あんな川嶋なな等のAV女優が出演するきっかけとなった。)また当番組のコントは1994年12月30日放送の特番「たけし大全集'94 たけしが愛した101人」で再放送された。

また、1993年7月に収録中の出演者死亡事故で打ち切りになった『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』の受け皿としてウッチャンナンチャンもレギュラー出演していた。

前半期には三谷幸喜脚本による連続ミニドラマが目玉企画として用意されたが、この企画は3か月で終了。一時は北野ファンクラブでの宣伝効果もあり最高視聴率14%以上をマークしたこともあったが、結果的には番組は半年で打ち切られることとなった。放送回数は前期クール10回、後期クール10回の計20回。なお初回のみ「ビートたけしのつくり方がわかる超豪華限定スペシャル」と題して2時間スペシャルで放送された。 次にたけしがフジテレビ系列の木曜20時台に登場するのはその4年6か月後、1998年10月に土曜日19時台から枠移動した『奇跡体験!アンビリバボー』となる。

番組終了から13年半後の2007年9月19日、番組のコントとミニドラマを集めたDVDが3枚組でポニーキャニオンから発売された。 オープニングテーマは「蒲田行進曲」とユニコーンの「東京ブギウギ」が前期に使用され、後期はオープニング映像が変更された事でテーマ曲がビートルズの「A HARD DAYS NIGHT」に変更された。なお、前期に使用していたタイトル映像は上記のDVDでも使用されている(音楽はDVD版では「カルメン」に差し替えられている)。エンディングテーマは松任谷由実の「11月のエイプリルフール」が使用されていた(エンディング映像は前期・後期で違うもの)。

エピソード[編集]

  • 番組初回にて女性出演者に渾名を付けた。番組内コーナー「北野芸能塾。」に出演した飯島直子は「一本糞のりこ」、立河宜子は「菅井キーン」と命名された。
  • 北野ファンクラブのトークで、たけしは1993年当時に放送された自分の番組の中で当番組が一番面白く視聴率が取れるものと思い番組を企画制作したが、予想外に視聴率が伸びなかった事に対して「日本人の笑いの感覚が自分の感覚とのズレを感じはじめ、新しい感覚の笑いを受け入れられない事に苛立ちを感じた」と話していた。
  • 吉田照美のチャレンジ実況や北野芸能塾のコーナー内でたけしが頻繁に秋田県の特産品「まげわっぱ」というワードを多用した為、当番組には所々(映像のテロップやコントなど)にまげわっぱと表示される事が多かった。

コーナー[編集]

  • ミニドラマ「大家族主義」「堀切家の人々」
  • たけし教養講座
  • たけしの親切なゴルフ - たけしとプロゴルファーの坂田信弘によるゴルフ対決。
  • たけし&所のOBが狙ってる - たけし・坂田プロの2人に所ジョージを加えた3人によるゴルフ対決。なおタイトルは、当時放送されていた『たけし・所のドラキュラが狙ってる』のパロディ。
  • チャップリン東郷のつかみは俺にまかさねぇかい! - たけし扮するベテラン芸人「チャップリン東郷」が後輩芸人に芸を伝授する。後輩芸人役としてウッチャンナンチャン扮する「デュエッツ」、トミーズ扮する「ザ・アフガニスタン」が出演した。
  • 北野芸能塾。(前期の3か月間のみ)
  • 吉田照美のチャレンジ実況(前期の3か月間のみ)
  • 女子高生のあいだでひそかにささやかれている民話集
  • たけしだけが知っている(後期の3か月間のみ)
  • 輝け!夢の物々交換ショー(後期の3か月間のみ)

ミニドラマ「大家族主義」「堀切家の人々」[編集]

番組内の1コーナーとして放送された、三谷幸喜脚本による連続ホームドラマ。前期の3か月間は「大家族主義」のタイトルで「病院編」「新幹線編」「警察編」を放送。後期の3か月間は「堀切家の人々」に改題され、一家が住むマンションの一室が舞台の一話完結型となった。

大家族の大黒柱・伝二郎(田中邦衛)と、その義理の息子・太(ビートたけし)、伝二郎の昔馴染みであこがれの存在である澄子(星由里子)を中心に、一家が事件や騒動に巻き込まれる様を描くコメディタッチのホームドラマ。田中邦衛、たけし、ルー大柴、小林聡美といった、大御所から若手まで豪華なキャスト陣で固められており、アドリブを多く交えた迷演技が見所。田中と星の共演は、『若大将シリーズ』を意識した設定となっている。

また、1997年頃に[いつ?]CS放送局『北野チャンネル』にて再放送された。

出演者[編集]

ゲスト出演者[編集]

出演者(バラエティーコーナー)[編集]

コント[編集]

チャップリン東郷のつかみは俺にまかさねぇかい!→たけしVSウンナン大ボケ一家[編集]

チャップリン東郷の街頭テレビで見てくれてるかい!→チャップリン東郷のテレビなぐりこみ[編集]

たけし&所のOBが狙ってる[編集]

頭脳集団[編集]

北野芸能塾。[編集]

チャレンジ実況![編集]

ブリッジ[編集]

たけし教養講座[編集]

  • 吉田宏プロデューサー(助手のカン先生)

たけしの親切なゴルフ[編集]

たけしだけが知っている[編集]

ほか多数

スタッフ[編集]

  • 企画:北野武/鈴木哲夫(フジテレビ)
  • 構成:助田卓(後期はディレクター)/岩立良作(第12回から)、高橋秀樹(第12回から)、ダンカン、鮫肌文殊高橋洋二(第10回まで)、安達元一(第7回から)
  • ナレーター:槇大輔(前期のみ)、大森章督(後期のみ)、平野義和(第18回のみ)、横田砂選(前期・たけし教養講座のみ)、バッキー木場(たけし所のOBが狙ってるのみ)、相川浩(大家族主義のみ)
  • アニメーション(前期):TEAビデオセンター、白石洋
  • CG:クロステレビ(前期のみ)、DELICIOUS
  • 技術:本木明博(第11回まで)→ 小山内義紀、松岡良治
  • カメラ:山本博俊(第4回まで)→ 長瀬元孝(第5回から)
  • VE:花田慎太郎、大和田謙一(第11回まで)
  • VTR:石垣強(第11回まで)→ 大和田謙一(第12回から)
  • 照明:松本修一(ティエルシー
  • 音声:高木哲郎(第17回まで)→ 高橋昇(第18回~第20回)
  • 音効:有馬克己(東京サウンド企画)、川崎恵介(東京サウンド企画・第6回から)
  • EED:井戸清(ヴィジュアルベイ)、横山良一(パークタワーウエスト)、石丸健一(RVC)
  • MA:大江善保(ビームテレビセンター・前期のみ)、松元祐二(RVC)、菱山和良(アートプラザ1000・後期のみ)
  • TK:今泉暢子(MEN'S・初期)、大塚久子(後期)、浜川久美(大家族主義・堀切家の人々を担当)
  • 美術プロデューサー:八旗眞人
  • 美術制作:丸山覚、佐藤隆男
  • 美術デザイン:金子俊彦、高田太郎
  • 装置:沢野伸司、三木憲一(第8回~第10回)
  • 装飾:藤田明伸・松宮廣之・岡沢みわ(前期)→ 大村充・須藤幸恵(後期)
  • 持道具:石橋清奈
  • 衣装:千葉辰哉
  • 電飾:長井努
  • かつら:大井きく子
  • メイク:山本司朋
  • キャラクターデザイン(後期のみ):西内としお
  • 技術協力:東通FLT(前期のみ)、VISUALBAY(ヴィジュアルベイ)、パークタワーウエスト、ビームテレビセンター(前期のみ)、東京サウンド企画、RVC、CORE(前期のみ)、クロステレビ(初回のみ)、アートプラザ1000(後期のみ)
  • 美術協力:アックス
  • 企画協力:オフィス北野
  • 制作協力:MEN'S
  • 収録スタジオ:渋谷ビデオスタジオレモンスタジオ
  • 広報:山本政巳(フジテレビ)
  • ディレクター:玉井昭彦、今井康之(前期のみ)、山本竹輝、安井健、井上晃一、手塚公一
  • 演出:つきざわけんじ(MEN'S・後期はチーフディレクター)
  • プロデューサー:梅本満波多野健西滝順二(後期は演出)、吉田宏 / 河合徹(フジテレビ)、大辻健一郎(フジテレビ)
  • 制作:イーストフジテレビ

関連番組[編集]

フジテレビ系列 木曜20時枠(1993年10月 - 1994年3月)
前番組 番組名 次番組
ビートたけしのつくり方