ビートキヨシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 ビートきよし
画像:Replace this image JA.svg
本名 兼子 二郎(かねこ にろう)
生年月日 1949年12月31日(59歳)
出身地 日本山形県最上郡最上町
公式サイト プロフィール
受賞歴
  

ビートきよし (びーと・きよし 本名・兼子二郎(かねこ にろう) 1949年12月31日- )は、山形県最上郡最上町出身のお笑い芸人。旧芸名はビートキヨシ兼子きよしツービート時代)。血液型はB型。ダテ企画に所属。デビュー当初は太田プロダクションに所属していた。弟は尺八奏者の米谷智。

目次

人物

漫才ブーム(MANZAIブーム)全盛時の人気漫才コンビツービートの一人(ツッコミ役)であり、相方(ボケ役)であるビートたけし(本名:北野 武)のことは親しみを込めて「あーいぼう」と呼ぶ。ビートたけしと同じ浅草のストリップ劇場フランス座の幕間芸人出身で、後に松鶴家千とせに入門。コント志望のたけしを漫才に引っ張り込んだ張本人である。出身地の自虐ネタが売り物だった。たけしが監督した映画『菊次郎の夏』、『TAKESHI'S』などへの出演もある。たけしの毒舌に対するツッコミの「よしなさい!」は流行語になり、今も世間で使われている。

2007年5月現在、横浜市芸能プロダクションを営んでいる。ラーメン屋とスナックを親族が経営している。

その傍ら、演歌歌手の細川たかしのコンサート司会や細川たかし座公演の舞台出演も行っている。また、さいたま市浦和区にあるFMレッズウェーブにて毎週火曜日午後4時より「きよしのそれそれレッズゴー」のメインパーソナリティーも担当している。

2008年4月から、B&Bの島田洋八と「うなずきコンビ」を結成。LIVE STAND 08 、よしもと浅草花月の舞台に、出演。

うなずきトリオ

MANZAIブームの折りには、同じツッコミの役回りである松本竜助島田洋八とともにうなずきトリオを組んで、大瀧詠一プロデュースによるレコード『うなずきマーチ』(1982年)を出したこともある。

『うなずきマーチ』各番ラストで「メモれ」「テプれ」「コピれ」とシャウトしているが、これらは「おまえら俺が生きてるうちに俺から学べよ、盗めよ」に続くフレーズであり、つまりきよしのギャグ(駄洒落がほとんど)をメモやテープにとっておけという意味である(後年、「ファクシミれ」「パソコれ」等が追加されている)。

過去の出演番組

バラエティ

テレビドラマ

ディスコグラフィ・シングル

  • 茅場町の女
  • 雨の権之助坂
  • うなずきマーチ (うなずきトリオとして)
  • E・Ri・MA・Kiとかげっこ音頭
    エリマキトカゲブーム時の便乗曲
  • 日本農民党当選音頭
  • ソレソレ音頭

出演映画

Vシネマ出演

  • 1991年「爆裂!M・コネクション Vol.2 ザ・ファイナル・シューティング」(SEIYO INTERNATIONAL)
  • 1991年「水物語」(バンダイビジュアル
  • 1993年「爆走トラッカー軍団3 紅薔薇軍団参上!」(ケイエスエス
  • 1993年「爆走トラッカー軍団4 なにわ【暴】(まるぼう)遊侠伝」(ケイエスエス)
  • 1994年「爆走トラッカー軍団5 激闘! 香港マフィアVS女トラッカー」(ケイエスエス)
  • 1994年「ファイナルファイター」(にっかつ、にっかつビデオ)
  • 1995年「極道 華の乱 姐対姐御」(SHSプロジェクト)

主な著書

  • おもしろゲームアイデア集(有紀書房)
  • ビートきよしの逆転満塁ホームラン

関連項目

今日は何の日(6月27日

もっと見る

「ビートキヨシ」のQ&A