ビートルズ VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ VI
ビートルズスタジオ・アルバム
リリース
録音 Abbey Road 1964-5
ジャンル ロックンロール[1]
時間
レーベル Capitol
T 2358 (mono)
ST 2358 (stereo)

CDP 0946 3 57499 2 2
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(Billboard 200[2]キャッシュボックス
  • ビートルズ U.S. 年表
    ジ・アーリー・ビートルズ
    (1965年)
    ビートルズ VI
    (1965年)
    ヘルプ
    (四人はアイドル)

    (1965年)
    ビートルズ 日本 年表
    ジ・アーリー・ビートルズ
    (1970年)
    ビートルズ VI
    (1970年)
    ヘルプ
    (四人はアイドル)

    (1970年)
    『ビートルズ VI』収録のシングル
    テンプレートを表示

    『ビートルズ VI』("Beatles VI")は、アメリカ合衆国カナダキャピトル・レコードから発売されたビートルズの7作目のアルバム[注釈 1]で、ヴィージェイ・レコードユナイテッド・アーティスツ・レコードから発売された作品も含めて9作目のアルバムである[3]

    解説[編集]

    『ビートルズ VI』は米キャピトル・レコードの編集アルバムである。『ビートルズ・フォー・セール』から6曲と、イギリス盤『4人はアイドル』に収録される「ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ」、「ディジー・ミス・リジー」、「テル・ミー・ホワット・ユー・シー」、そしてイギリスでは1966年まで未発表だった「バッド・ボーイ」などを加えた11曲を収録。

    『ビルボード』アルバム・チャートでは、6週連続第1位を獲得し、1965年度年間ランキング10位を記録している。『キャッシュボックス』誌でも、6週連続第1位を獲得しているが、1965年度年間ランキングは24位だった。100万枚以上のセールスを記録しているが、この当時のビートルズ作品の中では低いセールスだった。

    本作はCRIAからゴールド[4]RIAAからプラチナ認定[5]を受けている。

    ビートルズのイギリスオリジナルアルバムがCD化された時にアメリカ編集盤のアルバムは廃盤になったが、2004年にボックスセットとして発売された『The Capitol Albums Vol.2』でモノラルステレオ両方のバージョンが初CD化された。

    収録曲[編集]

    特記がない限り、『ビートルズ・フォー・セール』からの収録

    アナログA面
    全作詞・作曲: レノン=マッカートニー(特記を除く)。
    #タイトル作詞作曲・編曲リード・ボーカル時間
    1.カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ[注釈 2]
    Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey(ジェリー・リーバーとマイク・ストーラー/リチャード・ペニーマン[注釈 3])
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ポール・マッカートニー
    2.エイト・デイズ・ア・ウィーク[注釈 4]
    Eight Days a Week
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    ポール・マッカートニー
    3.ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ[注釈 5]
    You Like Me Too Much(ジョージ・ハリスン)
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く) 
    4.バッド・ボーイ[注釈 6]
    Bad Boy(ラリー・ウィリアムズ[注釈 7])
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    5.パーティーはそのままに[注釈 8]
    I Don't Want to Spoil the Party
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    ポール・マッカートニー
    6.ワーズ・オブ・ラヴ
    Words of Love(バディ・ホリー[注釈 9])
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    ポール・マッカートニー
    合計時間:
    アナログB面
    全作詞・作曲: レノン=マッカートニー(特記を除く)。
    #タイトル作詞作曲・編曲リード・ボーカル時間
    1.ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
    What You're Doing
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ポール・マッカートニー
    2.イエス・イット・イズ[注釈 10]
    Yes It Is
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    ジョージ・ハリスン
    ポール・マッカートニー
    3.ディジー・ミス・リジー[注釈 5]
    Dizzy Miss Lizzy(ラリー・ウィリアムズ[注釈 11])
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    4.テル・ミー・ホワット・ユー・シー[注釈 5]
    Tell Me What You See
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ポール・マッカートニー
    ジョン・レノン
    5.エヴリー・リトル・シング
    Every Little Thing
    レノン=マッカートニー(特記を除く)レノン=マッカートニー(特記を除く)ジョン・レノン
    ポール・マッカートニー
    合計時間:

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ ドキュメンタリー作品『ビートルズ物語』(1964年)を含む
    2. ^ メドレー形式になっている。アナログ盤では「カンサス・シティ」のみの表記となっていた。
    3. ^ リトル・リチャードのカバー曲。
    4. ^ アメリカでは既発シングル曲であった。
    5. ^ a b c 英国盤オリジナル・アルバム『4人はアイドル』収録曲で、英国に先駆けて収録された。
    6. ^ コンピレーション・アルバム『オールディーズ』収録曲で、英国に先駆けて収録された。
    7. ^ ラリー・ウィリアムズのカバー曲
    8. ^ アメリカでは既発シングル曲(「エイト・デイズ・ア・ウィーク」のB面曲)であった。
    9. ^ バディ・ホリーのカバー曲
    10. ^ シングル盤「涙の乗車券」のB面曲
    11. ^ ラリー・ウィリアムズのカバー曲

    出典[編集]

    1. ^ Frontani, Michael (2009). The Beatles: Image and the Media. p. 114. ISBN 1-60473-156-7. 
    2. ^ The Beatles Chart History|Billboard”. Billboard 200. Billboard. 2019年1月2日閲覧。
    3. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 201. ISBN 0-517-57066-1. 
    4. ^ Gold/Platinum - Music Canada”. Music Canada. 2019年1月2日閲覧。
    5. ^ Gold & Platinum - RIAA”. Recording Industry Association of America. 2019年1月2日閲覧。

    関連項目[編集]