ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビー・バップ・ハイスクール
高校与太郎行進曲
BE-BOP-HIGHSCHOOL
監督 那須博之
脚本 那須真知子
出演者 仲村トオル
清水宏次朗
音楽 埜邑紀見男
都志見隆
配給 東映
公開 日本の旗 1987年3月21日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億1000万円[1]
前作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌
次作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲
テンプレートを表示

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲』は、漫画『ビー・バップ・ハイスクール』を原作とした1987年日本映画きうちかずひろの人気コミックの実写版第3弾。

ストーリー[編集]

愛徳高校と無期停学組の抗争を描く

備考[編集]

  • 1作目からヒロイン・泉今日子を演じていた中山美穂が降板し、交換留学生としてアメリカに留学する形で今日子がフェイドアウトさせるという、原作とは違った映画独自な展開となった。
    新たなヒロイン役を務めることになったのが、前作の中野みゆきに代わって如月翔子役を演じたのは本作が映画デビュー作となった五十嵐いづみが抜擢され、次作の『高校与太郎狂騒曲』まで同役を演じた。
    一作目で戸塚高の番長・ヘビ次を演じた小沢仁志が、本作から北高の前川新吾役を、前作で山田敏光を演じた土岐光明が立花の郷ミノル役を『完結篇』まで演じた。
  • 本シリーズの技斗を担当していた高瀬将嗣は本作で桜ヶ丘高の偏差値番長・腹巻鉄也を演じた。
    当初はオーディションで決まった別の腹巻役の少年がいたが、台詞が多すぎて覚えられない理由から辞退し、プロデューサーである黒澤満からの指名で当時30歳で高校生を演じることに抵抗があったが泣く泣く腹巻役を演じることとなった。
  • 無期停学組のリーダー・須賀良治(リョウ)を演じた長谷川悟は当時16歳で本作の新規キャスト募集記事をみて、地元の友達と冗談半分で応募したが、長谷川ともう一人の友人である巻田役の峰松毅が抜擢され、親友同士でトオルとヒロシの敵役という準主役を演じることとなった。
  • 立花商業の菊永の影武者である上田役を演じた鳥浜清は1作目のオーディションに最終選考で落ちていたが、弟とその友達が本作のオーディションを受けることを知り、本人も再挑戦した。オーディション当日ではなぜかスタッフが自分に挨拶され、菊永役の石井博泰と勘違いされ、その経緯から菊永の影武者役に決まったのではないかと推察している。ちなみに石井とは地元が横浜の隣町同士ということで意気投合して鳥浜のことを「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と慕ってくれていた。
  • 本作のクライマックスの高崎金属の廃工場を舞台にしたケンカバトルでは、那須監督が当時大ヒットした『ターミネーター』〈1984〉、『エイリアン2』〈1985〉を手掛けたジェームズ・キャメロン作品のアクションや『ブレードランナー』〈1982〉を意識して作られた。
    リョウが腹部に生け花用の剣山を仕込み、渾身のボディーブローを決めたトオルが苦悶の表情を浮かべるシーンは劇画『愛と誠』のオマージュである。
  • クライマックスの撮影で五十嵐いづみが演じる翔子が車の中に捕らわれ、大型プレス機であわや潰されそうになるというシーンでプレス機の担当者が「潰れる前に止めるから大丈夫」と自信ありげに言っていたが技斗担当である高瀬将嗣は不安に思い、安全バーとして、いづみの四方を囲むように角材を車の中に仕込んでいたが、本番になって案の定、プレス機が止まらず、いづみの身体の幅を残してプレス機が止まり、角材を仕込まなければ大惨事になっていたという。[2]


キャスト[編集]

愛徳高校[編集]

北高校[編集]

桜ヶ丘高校[編集]

立花商業[編集]

中学生[編集]

無期停学組[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 那須博之
  • 原作 - きうちかずひろ講談社刊)
  • 企画 - 長谷川安弘
  • プロデューサー - 黒澤満、柴垣達郎、長谷川安弘
  • 脚本 - 那須真知子
  • 撮影 - 森勝
  • 照明 - 野口素胖
  • 録音 - 橋本文雄
  • 美術 - 和田洋
  • 編集 - 山田真司
  • キャスティング - 飯塚滋
  • 助監督 - 祭主恭嗣
  • 製作担当 - 川崎隆
  • 音楽 - 埜邑紀見男、都志見隆
  • 主題歌 - ビー・バップ・少年少女合唱団(清水宏次朗、仲村トオル、宮崎萬純)
  • 音楽プロデューサー - 高桑忠男、石川光
  • 助監督 - 加藤晃、鈴木宏志、中田秀夫、隅田靖
  • 撮影助手 - 井上明夫、西久保維宏、五十嵐英弘、木原永悟、浮谷康至
  • 照明助手 - 山田茂、本橋義一、松岡泰彦、赤津淳一、重田全史
  • 録音助手 - 岩倉雅之
  • 音響効果 - 斉藤昌利
  • 選曲 - 武田康宏
  • 編集助手 - 米山幹一
  • ネガ編集 - 土井由美子
  • 記録 - 鈴木さとみ
  • 美術助手 - 望月弥生子
  • 装飾 - 板村一彦、松田智昭、金勝浩一、大野俊哉
  • 装置 - 斉藤和弘
  • 撮影効果 - 城田幸夫、江津千秋
  • 技闘 - 高瀬将嗣(高瀬道場)
  • 操演 - 白熊栄次
  • カー・スタント - TA・KA
  • 衣裳 - 越智雅之
  • メイク - 佐藤光栄
  • スチル - 久井田誠
  • 製作宣伝 - [荒井一弥、古川嘉久
  • 演技事務 - 河合啓一
  • 製作進行 - 鎌田賢一、岩下真司、土門征一
  • 美術 - にっかつ美術センター
  • 録音 - にっかつスタジオセンター
  • 衣裳 - 第一衣裳
  • 器材 - 日本映機
  • 特機 - NK特機
  • 車輌 - 富士プロダクション
  • 現像 - 東映化学
  • 製作協力 - セントラル・アーツ

衣裳協力[編集]

  • YAHVAN
  • (株)三高

撮影協力[編集]

同時上映[編集]

「本場ぢょしこうマニュアル・初恋微熱篇」

脚注[編集]

  1. ^ 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 映画『ビー・バップ・ハイスクール』血風録 高校与太郎大讃歌(タツミムック)