ビ雲 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「湄雲 (砲艦)」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

湄雲(びうん)は日本海軍砲艦で、日清戦争での捕獲艦。艦名はでの艦名「湄雲(Mei Yun)」をそのまま使用した。意味は「水際の雲」。

1870年(明治3年)福州船廠(清)で竣工[1]。日清戦争には北洋水師に所属し1895年(明治28年)3月6日に営口で捕獲された。6月5日に日本海軍籍に編入したが7月7日に除籍され第五種(雑役船)に変更、12月に廃船となり清に返還された。排水量578トン、全長51m、幅7.9m、400馬力、速力8ノット、砲3門。

日本海軍の在籍期間はわずか1カ月と2日だけであり、戦没などの事情(例えば信濃など)がある場合を除いて「在籍期間の短かった点においては、この艦はおそらくレコードホルダーであろう。」[2]と片桐大自は述べている。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍史 第7巻』p227,467。
  2. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』p206。

関連項目[編集]