ピアノソナタ第11番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピアノソナタ第11番 ヘ短調 D 625 は、フランツ・シューベルト1818年に作曲したピアノソナタ。マルティーノ・ティリモ校訂によるウィーン原典版では第12番とされる[1]

概要[編集]

未完成の作品であり、死後の1897年ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版されている。

スケルツォのみ完成されており、第1楽章と第3楽章は未完成である。後年エルヴィン・ラッツドイツ語版(ユニヴァーサル版)、パウル・バドゥラ=スコダヘンレ版)、マルティーノ・ティリモ(ウィーン原典版)らにより補筆が行われているが、研究者によって変ニ長調のアダージョ(D 505)やホ長調の楽章を第3楽章として加えて4楽章構成にするか、3楽章のままでよいのか見解が分かれている。

曲の構成[編集]

  • 第3楽章 アレグロ
    ヘ短調、4分の2拍子。
    ヘ短調にもどり、ユニゾンによる分散和音の主題が力強い。ショパン葬送ソナタ最終楽章のようであるが、作曲者とショパンとの関係はないうえ、すぐに和声的書法になる。第2主題にはショパンの作品にはない落ち着いた旋律を見せる。展開部以降は未完。

脚注[編集]

  1. ^ その代わりに、ティリモによるウィーン原典版では従来「第12番」と呼ばれていた「嬰ハ短調 D 655」はナンバリングから外されているため、第13番以降は従来の番号通りとなる。