ピアノ協奏曲第1番 (バルトーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バルトーク・ベーラの《ピアノ協奏曲 第1番》(Sz.83, BB 91)は、1926年の8月から11月にかけて作曲されたピアノ協奏曲。2つのヴァイオリン・ソナタやピアノ・ソナタと同時期の作品で、いずれも数年間の沈黙を打ち破る力強い楽曲となっている。

概要[編集]

バルトークはそれまで3年の間、『中国の不思議な役人』のオーケストレーションを除けばほとんど作曲をしておらず、ピアニストとしての演奏活動を中心にしていた。その沈黙をいくつかのピアノ曲によって破ったのであるが、その一つにこのピアノ協奏曲があった。

バルトーク本人はこの曲を書いたきっかけとして、まだハンガリー民謡の研究を始める以前の1904年に書いた『ピアノとオーケストラのためのラプソディ』以外、コンサートピアニスト兼作曲家である自分が披露できる自作の協奏的作品がなかったことを挙げている。

バルトークの新古典主義時代の幕開けを告げる作品であり、バロック音楽への関心が増してから着手された。このことは、対位法の多用にも表れている。しかしながら、バルトークに特有の苛烈さも依然として残されている。バルトークの他の作品に同じく本作でも、ピアノが打楽器的に扱われている。一方、管楽器を主体とする管弦楽法には、ストラヴィンスキーからの影響が感知される。

バルトークは本作について次のように記した。

「私の最初の協奏曲は、作風に難しいところはありますけれども、上出来だったと思います。難点といえば、たぶんオーケストラにとっても、聴き手にとっても、非常に難しいというところでしょう。」

初演[編集]

1927年7月1日国際現代音楽協会フランクフルト大会において、作曲者自身のピアノとヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮によって初演された。

楽器編成[編集]

独奏ピアノ、フルート2(ピッコロ1持ち替え)、オーボエ2(コーラングレ1持ち替え)、クラリネット(B♭・A管)2(バスクラリネット1持ち替え)、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ小太鼓2(スネアあり、なし)、トライアングルシンバル4、大太鼓ゴング弦五部(第1ヴァイオリン10、第2ヴァイオリン10、ヴィオラ6、チェロ6、コントラバス6)

演奏時間[編集]

約25分(各10分、8分、7分)

構成[編集]

作品は以下の3楽章で構成されている。なお作曲者本人はこの曲の調性について「(両端の楽章は)ホ短調」であると述べている。

  1. Allegro moderato - Allegro
  2. Andante - Allegro - attacca
  3. Allegro molto

第1楽章で導入部の後ピアノに登場するオスティナート主題が、さまざまに変形・展開されて作品全体を支配している(オスティナート主題そのものも、導入部の太鼓連打の変形と見なしうる)。第1楽章はソナタ形式によっているが、古典的な協奏ソナタ形式は採用せず、普通のソナタ形式を用いている。静謐で異国的な第2楽章と驀進する終楽章はアタッカの指示によって連結されている。