ピアノ協奏曲第2番 (ステーンハンマル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Wilhelm Stenhammar - Piano Concerto No.2, Op.23 (1907) - Israel Lai(P)、Jason Chau指揮による演奏《管弦楽表記無し》。当該ソリスト自身の公式YouTube。

ピアノ協奏曲第2番ニ短調 作品23は、ヴィルヘルム・ステーンハンマルが作曲したピアノ協奏曲

概要[編集]

1904年から1907年にかけて作曲され、翌年4月15日ヨーテボリにてセルミカ・アスプルントのピアノ独奏、ヴィルヘルム・ステーンハンマル指揮エーテボリ交響楽団により初演されたが、それ以来演奏レパートリーに上げられていない。前作がブラームス等に作風が似ていたこともあり、彼独自の作風はやや薄れていた。しかしこの作品は円熟期で書かれたため、ステーンハンマルのカラーが色濃く反映されている。既存のピアノ協奏曲の様にピアノオーケストラに付随しているのではなく、むしろ交響詩幻想曲に近い。序奏を含む4楽章で構成されているが、全曲はアタッカで繋がれている。

演奏時間[編集]

約29分。

楽曲構成[編集]

  • 第1楽章 Introduzione
  • 第2楽章 Scherzo
  • 第3楽章 Adagio
  • 第4楽章 Finale