ピアノ協奏曲第2番 (メンデルスゾーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
F.Mendelssohn - Piano_Concerto No.2 - ユリウス・キム(Julius Jeongwon Kim)の独奏P、Hee-chuhn Choi指揮KBS交響楽団による演奏。芸術の殿堂公式YouTube。
Mendelssohn Piano Concerto No.2 - Clayton Stephensonの独奏P、Juilliard Pre-College Symphonyによる演奏《指揮者名無記載》。当該P独奏者自身の公式YouTube。

ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 作品40は、フェリックス・メンデルスゾーン1837年に作曲したピアノ協奏曲第1番ト短調から約6年後の作品で、ヴァイオリン協奏曲ホ短調と同様に楽章間の切れ目がない点は共通するが、第1番と異なり楽章間に主題的な関連はない。

1837年にバーミンガムの音楽祭で、前年に初演されたメンデルスゾーンのオラトリオ『聖パウロ』が再演されることになったが、その際にピアノ協奏曲も依頼され、この年の夏に作曲した。

初演は1837年9月21日、バーミンガムの音楽祭で、メンデルスゾーン自身のピアノ独奏により行われ、賞賛を博した。

なお、メンデルスゾーンはヴァイオリン協奏曲とほぼ同時期(1842年1844年頃)にホ短調のピアノ協奏曲の作曲に着手したが、第2楽章までのピアノスコアと第1楽章冒頭のオーケストレーションのみで放棄した(調性などが一致するため、ヴァイオリン協奏曲に移行したと考えられている…ピアノ協奏曲ホ短調参照)ため、第2番は完成した最後のピアノ協奏曲となった。

編成[編集]

独奏ピアノフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

構成[編集]

上述のように切れ目なく続く3つの楽章からなる。演奏時間は約24分。

音楽・音声外部リンク
楽章毎に試聴する
第1楽章 アレグロ・アパッショナート
第2楽章 アダージョ・モルト・ソステヌート
第3楽章 プレスト・スケルツァンド
フェルナンド・クルス(Fernando Cruz)の独奏P、Jozsef Horvath指揮RTVE交響楽団による演奏。当該P独奏者自身の公式YouTube。
第1楽章 アレグロ・アパッショナート ニ短調 4分の4拍子 ソナタ形式
有名なホ短調ヴァイオリン協奏曲の第1楽章に似た非常に幻想的な楽章。前述のようにホ短調ピアノ協奏曲は後にホ短調ヴァイオリン協奏曲へと移行したが、同ピアノ協奏曲の持っていた豊かな幻想性は、このニ短調ピアノ協奏曲の第1楽章に別の形で結実したと考えられる。ホ短調ヴァイオリン協奏曲の第1楽章同様、パッションを秘めた第1主題に加え、神秘的で美しい第2主題が、この楽章の気分を決定づけている。
第2楽章 アダージョ・モルト・ソステヌート 変ロ長調 4分の2拍子 ロンド形式
終始、夢見るような抒情的な楽章。
第3楽章 プレスト・スケルツァンド ニ長調 4分の3拍子 ロンド形式。
メンデルスゾーンらしい優雅な楽想。

参考文献[編集]