ピエトロ・チャフェーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピエトロ・チャフェーリ作『リヴォルノの大聖堂広場 (Veduta della Piazza del Duomo di Livorno)』1650年ころ。個人蔵。

ピエトロ・チャフェーリ (Pietro Ciafferi)、ないし、チャフェーロ (Ciaffero)、別名ロ・スマルギャッソ (Lo Smargiasso)[1]は、1600年ころピサに生まれ、ルイジ・ランツィによれば、1654年までは活動していたとされる。彼はフィレンツェ派に属し、海にまつわる主題や港の風景などを描いたが、これはリヴォルノに居住して、自然を観察できたことが役立っていた。その作品は完成度が高く、小さく描き込まれた人物も正確に描かれている。チャフェーリはまた、建築を遠近法で描くことも、宗教的な主題を描くこともあった。作品の大部分は、ピサとリヴォルノに残されている。彼が描いた『Ecce Homo』は、フィレンツェピッティ宮殿に飾られている。

脚注[編集]

  1. ^ Garollo, Gottardo (1907). Ulrico Hoepli. ed. Dizionario biografico universale. Editore Libraio della Real Casa, Milan. p. 529. https://books.google.com/books?id=Dqc8AQAAIAAJ. 

参考文献[編集]