ピエールフランチェスコ・キリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピエールフランチェスコ・キリ
PFChili.US.WSBK.Rnd.2009.jpg
2009年 ミラー・スポーツパークにて
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1986年 - 1995年
チーム スズキ, ホンダ, アプリリア, ヤマハ, カジバ
レース数 102
チャンピオン 0
優勝回数 5
表彰台回数 11
通算獲得ポイント 691
ポールポジション回数 5
ファステストラップ回数 4
初グランプリ 1986年 500cc スペインGP
初勝利 1989年 500cc ネイションズGP
最終勝利 1992年 250cc イギリスGP
最終グランプリ 1995年 500cc イタリアGP
テンプレートを表示
1990年日本GPにて

ピエールフランチェスコ・キリ ( Pierfrancesco Chili, 1964年6月20日 - ) は、イタリアボローニャ出身の元モーターサイクルロードレースライダー。愛称は "フランキー" (Frankie)。ロードレース世界選手権スーパーバイク世界選手権で長年活躍し、2006年シーズンをもって現役を引退した。

経歴[編集]

500ccクラスにデビュー[編集]

キリは1982年にレースを始める。1985年にロードレースヨーロッパ選手権125ccクラスのチャンピオンを獲得する[1]と、翌1986年にはロベルト・ガリーナ率いるハーベー(HB)・スズキチームに抜擢され、いきなりロードレース世界選手権の最高峰500ccクラスにデビューすることになった。スズキは当時ワークス活動を休止しており、ヤマハホンダが優位に立っていたが、キリはスズキ勢トップとなるシリーズランキング10位に入る活躍を見せた。

1987年からチームはマシンをホンダにスイッチした。最新型のV型4気筒マシン・NSR500ではなく、V型3気筒NS500だった。パワー不足に苦しみながらも、開幕戦鈴鹿で4位入賞、第8戦ル・マンでは2位表彰台に立つなどの活躍を見せ、47ポイントを獲得、シリーズランキングでは8位に食い込んだ。

1988年にはNSR500を手に入れ、コンスタントに上位入賞が望めるようになった。表彰台の獲得こそ叶わなかったものの、110ポイントを獲得、シリーズランキングは9位だった。

GP初優勝[編集]

1989年はキリにとって500ccクラスのベストシーズンとなった。第5戦ミサノで初優勝を飾ったが、これは複雑な状況下で得た勝利だった。

レース前、ライダーたちはミサノの路面が非常にスリッピーであり、雨が降れば非常に危険だと述べていた。路面はドライだったが暗雲が立ちこめる中、ケビン・シュワンツをポールポジションにレースはスタートした。キリはうまくスタートを決めてホールショットを奪ったが、その後はシュワンツ、ウェイン・レイニークリスチャン・サロンの3名がリードする展開となった。間もなく雨が降り出したため、シュワンツは手を挙げてアピール、レースは中断された。

トップライダーたちはミーティングを開き、ウェットコンディションでのレース再開の前にプラクティスセッションが必要だとの結論を出した。しかしオーガナイザーはこの要求を受け入れなかったため、ワークスライダーはほぼ全員がレースをボイコットすることになった。地元イタリアのキリは他のライダーを説得したが出場を得られず、キリの所属するハーベー・チームだけはレースへの出場を決定した。

ハーベー・チームと、下位のプライベーターによる2ヒート目のレースが再開された。どしゃ降りのコンディションの中、スタンドからはエディー・ローソンが皮肉たっぷりに声援を送り、クリスチャン・サロンが投げキッスを送るという奇妙な状況となったが、キリは後続に30秒以上の差を付けて優勝を遂げた。

この年の表彰台はこのレースだけとなったが、上位での完走をコンスタントに続け、シリーズランキングでは6位に入った。

1990年はLa Cinq ROCチームに移籍し、第2戦ラグナ・セカでは3位表彰台を獲得するなど活躍していたが、第9戦スパでの転倒で腕を骨折し、シーズン後半に長期欠場を余儀なくされ、シリーズランキングは11位に終わった。

250ccクラスへ[編集]

1991年シーズンより、キリは250ccクラスに戦いの場を移し、バレージ・レーシングチームでアプリリアを駆ることになった。第9戦アッセンでクラス初優勝を遂げ、シリーズランキングでは7位に入った。

1992年はキリにとってGPでのベストシーズンとなった。新たにマッシミリアーノ・ビアッジをチームメイトに迎えたこのシーズン、キリはシーズン3勝を挙げ、ルカ・カダローラロリス・レジアーニに次ぐシリーズランキング3位の成績を収めた。ちなみにチームメイトのビアッジは1勝でシリーズ5位だった。またこの年の第4戦ヘレスでは、レースが残り1周の時点でキリは2位を走行していたが、周回数を勘違いしてしまい、ファイナルラップなのにスローダウンしてガッツポーズを見せてしまった。この痛恨のミスによって、キリはほぼ手中に収めていた表彰台を逃してしまうことになった。

1993年、チームはマシンをヤマハにスイッチし、チームメイトには前年の全日本ロードレース選手権チャンピオンのルーキー、原田哲也を迎え、チーム名は「テルコール・ヤマハ・バレージ」として、TZ250Mを駆ってシーズンを戦った。原田が4勝を挙げてチャンピオンを獲得した一方、キリは安定してポイント圏内での完走を続けたものの、比較的下位でのフィニッシュが多く、シリーズランキングは10位に終わった。

1年間の休養の後、1995年にはワイルドカード枠でムジェロでの1戦のみ、カジバを駆って500ccクラスのレースに参戦した。3番グリッドからスタートし、10位で完走を果たしたこのレースが、キリのGPでの最後のレースとなった。

スーパーバイク世界選手権[編集]

また1995年からは、スーパーバイク世界選手権に、Gattoloneチームでドゥカティ・916を駆って参戦を開始した。デビューイヤーには、第4戦モンツァの第2レースで初優勝を果たし、シリーズランキングでは8位に入った。1996年には2勝を挙げてシリーズ6位、1997年は3勝でシリーズ7位となった。

1998年にはワークスチームドゥカティ・コルセに移籍を果たし、この年がキリにとってのSBKベストシーズンとなった。シーズン5勝を挙げ、シリーズランキングでは4位を記録した。またこの年の第9戦アッセンでの第2レースでは、ファイナルラップに同じドゥカティ(チームは別)のカール・フォガティにコーナーでインに飛び込まれ、キリは転倒してしまった。これに腹を立てたキリはレース後にピットでフォガティに殴りかかる騒動を起こしてしまった。

1999年からはアルスター・スズキチームに移籍し、GSX-R750を駆ることになった。キリはシリーズ2勝を挙げ、スズキとしては過去最高となるシリーズ6位という成績を残した。翌2000年にはさらに成績を伸ばし、自身2度目となるシリーズ4位となった。2001年にはライバル勢とのマシンのパフォーマンスの差に苦しみながらも、1勝を挙げてシリーズ7位となった。

2002年にはNCRチームに移籍し、再びドゥカティのマシンを駆ることになった。シーズン前半は怪我による欠場などでノーポイントのレースが続き、中盤には持ち直してなんとかランキング8位には入ったものの、デビュー以来初めてとなる1勝もできなかったシーズンとなった。

2003年にはPSG-1チームに移籍したが、マシンは前年と同じドゥカティ998RSだった。移籍初年度はシリーズ7位、2004年にキリは40歳を迎えたが、1勝を挙げてシリーズ5位という安定した成績を残した。

2005年にはKlaffiホンダチームに移籍し、20歳年下のルーキー、マックス・ノイキルヒナーをチームメイトにCBR1000RRを駆ることになった。安定してトップ10圏内での完走を続け、チームメイトより上位となるシリーズ10位でシーズンを終えた。

現役引退[編集]

2006年には D.F.X. Treme チームに移籍。マシンは引き続きCBR1000RRで、ミシェル・ファブリツィオのチームメイトを務めた。4月にミサノで行われた公式テストで、キリは骨盤と肋骨を折る重傷を負ってしまった[2]。3戦欠場した後にレース復帰を果たしたが、第8戦ブランズハッチで、42歳のキリはこのシーズン限りでの現役引退を発表した[3]

20年以上の間、キリは世界の第一線で戦い続け、スーパーバイク世界選手権で樹立した276レース出走という記録は、引退当時の最多記録だった(のちにトロイ・コーサーが記録を更新している)。

2009年現在、キリはガンダリーニ・レーシングのスポーティングディレクターを務め、マシンはドゥカティ・1098R、ライダーにヤコブ・シュムルツとブレンダン・ロバーツという体制でスーパーバイク世界選手権に参戦している[4]

戦績[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

1969年から1987年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ポイント 15 12 10 8 6 5 4 3 2 1

1988年から1992年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ポイント 20 17 15 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

1993年以降のポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

クラス チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位 勝利数
1986年 500cc HB-スズキ RG500 ESP
14
NAT
7
GER
16
AUT
9
YUG
NC
NED
-
BEL
6
FRA
NC
GBR
-
SWE
-
RSM
-
11 10位 0
1987年 500cc HB-ホンダ NSR500 JPN
4
ESP
11
GER
6
NAT
7
AUT
10
YUG
6
NED
9
FRA
2
GBR
12
SWE
NC
CZE
9
RSM
NC
POR
7
BRA
9
ARG
9
47 8位 0
1988年 500cc HB-ホンダ NSR500 JPN
14
USA
NC
ESP
7
EXP
-
NAT
6
GER
6
AUT
5
NED
6
BEL
8
YUG
11
FRA
8
GBR
8
SWE
9
CZE
4
BRA
7
110 9位 0
1989年 500cc HB-ホンダ NSR500 JPN
NC
AUS
NC
USA
7
ESP
6
NAT
1
GER
4
AUT
6
YUG
9
NED
5
BEL
6
FRA
6
GBR
9
SWE
7
CZE
5
BRA
NC
122 6位 1
1990年 500cc ロセット エルフ-ホンダ NSR500 JPN
7
USA
3
ESP
5
NAT
NC
GER
NC
AUT
4
YUG
NC
NED
8
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
HUN
-
AUS
9
63 11位 0
1991年 250cc イベルナ バレージ-アプリリア RSV250 JPN
17
AUS
6
USA
NC
ESP
5
ITA
3
GER
NC
AUT
4
EUR
NC
NED
1
FRA
4
GBR
-
RSM
8
CZE
NC
VDM
7
MAL
8
107 7位 1
1992年 250cc テルコール バレージ-アプリリア RSV250 JPN
5
AUS
NC
MAL
3
ESP
6
ITA
NC
EUR
6
GER
1
NED
1
HUN
NC
FRA
2
GBR
1
BRA
NC
RSA
3
119 3位 3
1993年 250cc テルコール バレージ-ヤマハ TZ250 AUS
10
MAL
9
JPN
7
ESP
12
AUT
8
GER
7
NED
8
EUR
NC
RSM
8
GBR
4
CZE
8
ITA
8
USA
6
FIM
8
106 10位 0
1995年 500cc カジバ GP500 AUS
-
MAL
-
JPN
-
ESP
-
GER
-
ITA
10
NED
-
FRA
-
GBR
-
CZE
-
BRA
-
ARG
-
EUR
-
6 27位 0
シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
1986年 500cc スズキ 7 0 0 0 0 11 10位
1987年 500cc ホンダ 15 0 1 0 0 47 8位
1988年 500cc ホンダ 14 0 0 0 0 110 9位
1989年 500cc ホンダ 15 1 1 0 1 122 6位
1990年 500cc ホンダ 9 0 1 0 0 63 11位
1991年 250cc アプリリア 14 1 2 1 0 107 7位
1992年 250cc アプリリア 13 3 6 4 3 119 3位
1993年 250cc ヤマハ 14 0 0 0 0 106 10位
1995年 500cc カジバ 1 0 0 0 0 6 27位
合計 102 5 11 5 4 691

スーパーバイク世界選手権[編集]

シーズン バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
1995 ドゥカティ・916 23 1 4 0 4 167 8位
1996 ドゥカティ・916 23 2 6 2 1 223 6位
1997 ドゥカティ 22 3 6 3 7 209 7位
1998 ドゥカティ・996 24 5 10 2 5 293.5 4位
1999 スズキ・GSX-R750 26 2 6 1 3 251 6位
2000 スズキ・GSX-R750 26 1 10 0 4 258 4位
2001 スズキ・GSX-R750 25 1 2 0 2 232 7位
2002 ドゥカティ・998RS 22 0 1 0 0 167 8位
2003 ドゥカティ・998RS 24 1 7 1 2 197 7位
2004 ドゥカティ・998RS 22 1 9 1 3 243 5位
2005 ホンダ・CBR1000RR 21 0 0 0 0 131 10位
2006 ホンダ・CBR1000RR 18 0 0 0 0 17 22位
合計 276 17 61 10 29 2388.5

脚注[編集]