ピエール・ガスカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ピエール・ガスカールPierre Gascar1916年3月13日 - 1997年2月20日) は、フランス小説家ジャーナリスト。本名ピエール・フルニエ(Pierre Fournier)で、旅行記などは本名で書いている。

経歴[編集]

パリに生まれ、幼年期はペリゴールのサント・リヴラードの伯父の元で過ごす。高校卒業後はパリに戻り、生活のために様々な職業-セールスマンや銀行員など36種類にのぼった-に就き、また左翼系作家と交友する。その後兵役に就き、2年後に第二次世界大戦のドイツ軍侵攻に遭って捕虜となり、終戦までの5年間を俘虜収容所で送った。収容所では2回の脱走を企てたために次第に奥地に移され、最後はポーランドのラワ・ルスカの収容所に送られた。

戦後、ジョゼフ・ケッセルの紹介でフランス・ソワール紙の記者となり、小説を書き始め、1949年に最初の小説「家具」を発表。1953年に「けものたち」で批評家賞、「死者の時」でゴンクール賞を受賞。1955年には旅行記「解放された中国」を発表。ベルナール・パリッシービュフォンネルヴァルアレクサンダー・フォン・フンボルトなどの伝記執筆も行った。1960年にはジョルジュ・フランジュの映画『顔のない眼』の脚本に参加。

1994年にはロジェ・カイヨワ賞受賞。

作品[編集]

少年期の困難な経験は『種子』、Meilleur de la vieを生んだ。捕虜収容所では墓掘り人夫の作業をさせられ、この体験が「死者の時」の元になっている。特徴的な文体は写実的で、また夢幻的、暗示的と言われる[1]。日本では大江健三郎がガスカールの影響を受けた。

作品リスト[編集]

  • 「家具」Les Meubles, 1949
  • Le visage clos, 1951
  • 「けものたち」Les Bêtes, 1953
  • 「死者の時」Le temps des morts, 1953
  • 「解放された中国」Chine Ouverte, 1955
  • 「女たち」Les Femmes, 1955
  • 「種子」La graine, 1955
  • 「街の草」L'herbe des rues, 1956
  • Les pas perdus, 1958
  • Voyage chez les vivants, 1958
  • La barre de corail & Les aveugles de Saint-Xavier, 1958
  • Soleils, 1960
  • 「逃亡者」Le fugitif, 1961
  • Les moutons de feu, 1963
  • Le meilleur de la vie, 1964
  • 「魅惑」Les Charmes, 1965
  • Histoire de la captivité des français en Allemagne (1939-1945), 1967
  • Auto, 1968
  • 「シメール」Les Chimères, 1969
  • 「箱船」L'arche, 1971
  • 「ランボオとパリ・コミューン」Rimbaud et la Commune, 1971
  • Le présage, 1972
  • 「人間と動物」L'homme et l'animal, 1974
  • Les sources, 1975
  • Charles VI, le bal des ardents, 1977
  • 「ロベスピエールの影」L'ombre de Robespierre, 1980
  • 「ベルナール師匠の秘密-ベルナール・パリシーとその時代」Les secrets de maître Bernard - Bernard Palissy et son temps, 1980
  • Le règne végétal, 1981
  • 「ネルヴァルとその時代」Gérard de Nerval et son temps, 1981
  • 「植物学者ビュフォン」Buffon, 1983
  • Le fortin, 1983
  • 「探検博物学者フンボルト」Humboldt l'explorateur, 1985
  • 「パリの悪魔」Le diable à Paris, 1984
  • Du côté de chez Monsieur Pasteur, 1986
  • Pour le dire avec des fleurs, 1988
  • 「モンテスキュー」Montesquieu, 1988
  • Album Les écrivains de la révolution, 1989
  • 「肖像と回想」Portraits et Souvenirs, 1991
  • La friche, 1993
  • Le bestiaire d'Horvat, 1995
  • Aïssé, 1998
  • Le transsibérien, 1998

主な日本語訳[編集]

  • 『けものたち・死者の時』 渡辺一夫佐藤朔二宮敬訳、岩波書店 1955年/岩波文庫、2007年
  • 『緑の思考』 佐道直身訳、八坂書房、1995年、哲学エッセイ
  • 『ベルナール師匠の秘密-ベルナール・パリシーとその時代』  佐藤和生訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局、1986年
  • 『肖像と回想 自伝的交友録』 佐藤和生訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局、2001年
  • 『パリの悪魔』 佐藤和生訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局、1988年
  • 『ロベスピエールの影』 佐藤和生訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局、1985年
  • 『探検博物学者フンボルト』 沖田吉穂訳、白水社 1989年
  • 『植物学者ビュフォン』 石木隆治訳、白水社 1991年
  • 『箱舟』 有田忠郎訳、書肆山田、1987年
  • 『太陽 ほか ピエール・ガスカール作品集』 佐藤和生訳、創土社、1984年 
  • 『ネルヴァルとその時代』 入沢康夫・橋本綱訳、筑摩書房、1984年
  • 『逃亡者』 菅野昭正訳、白水社、新版1980年
  • 『人間と動物』 佐藤和生訳、人文書院、1978年
  • 『ランボオとパリ・コミューン』 新納みつる訳、人文書院、1977年

受賞歴[編集]

[編集]

  1. ^ 佐藤朔「ピエール・ガスカールについて」(岩波書店『けものたち・死者の時』)