ピエール・デルヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピエール・デルヴォー
Pierre dervaux grave.jpg
基本情報
生誕 (1917-01-03) 1917年1月3日
出身地 フランスの旗 フランスジュヴィシ=シュ=ロールズ
死没 (1992-02-20) 1992年2月20日(75歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

ピエール・デルヴォー(Pierre Dervaux, 1917年1月3日 ジュヴィシ=シュ=ロールズ - 1992年2月20日 マルセイユ)は、20世紀フランス指揮者

略歴[編集]

1945年パドルー管弦楽団を指揮して初の公開演奏を行う。1947年オペラ=コミック座の指揮者に任命され、1953年まで務める。1956年から1972年までパリ・オペラ座の常任指揮者、1968年から1975年までケベック交響楽団の芸術監督ならびに音楽監督。1971年にはロレーヌ国立管弦楽団の首席指揮者に就任。1979年から1982年までニース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。1964年から1986年までエコールノルマル音楽院の教授を務める傍ら、1965年から1972年までモントリオール音楽院の教授も兼任した。門下に、ジャン=クロード・カサドシュシルヴァン・カンブルランドミニク・ルイツジョルジュ・アペルギスジャン=ピエール・ヴァレーズ松尾葉子らがいる。

フランス音楽の偉大な擁護者として、幅広い録音活動を通じてダンディピエルネの作品が普及するのに貢献した。ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮してヴァイオリニストのウルフ・ヘルシャーと共演したサン=サーンスヴァイオリン協奏曲の全曲録音は、名盤として知られる。また自らも作曲家として、2つの交響曲や2つの協奏曲のほか、いくつかの室内楽曲を遺した。レジオンドヌール勲章など、数々の賞を授与されている。

参考文献[編集]

  • Gérard Streleski, Pierre Dervaux ou le paradoxe du chef d'orchestre, Editions de l'Archipel, Paris, 2002 ISBN 2-84187-355-2

脚注[編集]


先代:
フィリップ・ゴーベール
パリ国立オペラ
常任指揮者
1956年 - 1972年
次代:
ジョルジュ・プレートル
先代:
シャルル・ミュンシュ
コンセール・コロンヌ
首席指揮者
1958年 - 1992年
次代:
アントネッロ・アレマンディ