ピエール・ブノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピエール・ブノア(Pierre Benoit、1886年7月16日 - 1962年3月3日)はフランスの小説家。冒険小説を得意とし、20世紀の前半に人気を誇った。代表作は『アトランティード』(L'Atlantide)。アカデミー・フランセーズ会員。表記はブノワとも。

経歴[編集]

若年期[編集]

アルビの聖セシル大聖堂にあるオルガン

職業軍人の息子として、フランス南部のタルヌアルビで生まれた(父がここに駐屯していたのである)。ブノアがアルビで暮らしたのは1歳まででしかないが、彼はこの都市(特に大聖堂)に特別の思い入れを持ち、後に創作のインスピレーションの源泉となった。

1887年、父に連れられて北アフリカへ。はじめチュニジア、のちアルジェリアに暮らす。1907年に父が退役し、フランスに帰国。最初モンペリエで文学・法学を学ぶ[1]。その後オー=ド=セーヌ県ソー(Sceaux)へ。この頃シャルル・モーラスおよびモーリス・バレスと知り合い、思想的影響を受ける[1]

1910年、最初の詩集を発表。フランス文学者協会(Société des gens de lettres)から賞を受ける[1]。一方、短編集"Diadumène" (1914) は不評であった[2]

第一次世界大戦が勃発すると徴兵されたが、シャルルロワの戦い(1914年8月)の後、重病に罹って数ヶ月を病院で過ごした。前線での体験は若きブノアにとって大きなトラウマであり、彼を熱烈な平和主義者に変えるに充分なものであった。

停戦後、彼は戦前の友人たち(フランシス・カルコ、ローラン・ドルジュレス、ピエール・マッコルラン)と再会し、« Le Bassin de Radoub »(乾ドック)という名の協会を設立した(他にはアンリ・ベローも加わった)。この組織は、各年の「最低の本」を「表彰」することを主たる活動とした。副賞として、受賞作の著者には「二度と帰ってくるべからず」との意を込め、その出身地への切符が贈られた。1919年、彼らはヴェルサイユ条約に対して賞を与えた[3]

最初の長編と最初の成功[編集]

『アトランティード』(英訳版、1920年)の表紙

ブノアは戦前には新ロマン主義の一詩人に過ぎなかったが、戦後では世界的な流行作家となった。1918年の『ケエニクスマルク』"Kœnigsmark"は顕著な成功を修め、アンドレ・シュアレス(André Suarès)やレオン・ドーデ(Léon Daudet)の支持を得てゴンクール賞の候補作にもなったが受賞は逃した[4]。翌1919年、仏領北アフリカを舞台にした秘境冒険小説『アトランティード』"L'Atlantide"を刊行。瞬く間にベストセラーとなった。1936年、カトリシズム作家のルイ・シェーニュ(Louis Chaigne)は、本作に対する大衆の熱狂を分析して以下のように述べている。

『アトランティード』は平穏な日々の記憶に基づいており、悪夢のような年月…すなわち泥濘にまみれ、砲弾に怯えた年月…を忘れさせてくれる機能のために、まさしく待ち望まれていた本なのである。

[5]

モーリス・バレスの積極的な支持を得て、この本は1919年度アカデミー・フランセーズ賞を受賞した。

1920年から死(62年)まで、ピエール・ブノアは毎年ほぼ一冊の小説を書き、累計40冊をアルバン・ミシェル社(Éditions Albin Michel)から刊行した。これは冒険小説の王と呼ぶに相応しい業績である[6]が、彼は恋愛小説の分野を軽視したわけではなく、"Mademoiselle de la Ferté"(1923) は「他の作品と比べ、より文学的でより深みがある」ためにブノアの代表作の一つに数えられている[7]

世界を回る[編集]

1923年、Le Journal紙の提案を受けて、通信員としてトルコに赴く(これは彼にとって図書館司書の仕事をやめてフリーになる絶好の機会であった)。トルコ革命中のアナトリアを横断し、彼はアンカラケマル・アタテュルクへのインタヴューを行なった。続いてパレスチナシリアにも足を伸ばした。

1923年から38年、および47年から53年の期間、ブノアは小説家と記者の仕事を並行して行なった。記者としては極東(日本を含む)、イラン(1926-27年)、オーストラリア(1938年)、タヒチアンティル諸島(1928年)、チュニジア(1931年)、レバノン(1932年)、インド洋(1933年)、オーストリア(1938年)、アルゼンチンブラジル(1950年)などを訪れた[8]。政治家への取材も行なっており、1935年にはハイレ・セラシエ1世ムッソリーニと、1938年にはヘルマン・ゲーリングと、第二次大戦後にはポルトガルの独裁者アントニオ・サラザールと会見している[9][10]

これら多くの旅行は創作に大変役立った。彼の作品のほぼ全てが、取材で訪れた国を舞台としている[11]。彼のルポタージュにはフランス植民地帝国を擁護する傾向が強く、また頑固なイギリス嫌いもしばしば顔を見せる[12]

アカデミー、映画、政治[編集]

フェデー版『アトランティード』のポスター。

ブノアは1929年にフランス文学者協会の会長となった。1931年6月11日にはアカデミー・フランセーズの会員に選出され、32年11月24日にジョルジュ・ド・ポルト=リッシュ(Georges de Porto-Riche)から席次6を引き継いだ。

1920年代以降、ブノアの小説はいくつも映画化されている。『アトランティード』は彼の存命中だけでも2度映画化され、死後にも2度映画化されている。(→#映画化作品

この時期、ブノアは政治にも積極的に関わった。モーラシズム君主主義を信奉し[13]人民戦線とは対立する立場を取り、シャルル・モーラスをアカデミー・フランセーズの会員に推した(1938年6月9日に受理)[14]

晩年[編集]

1950年、ピエール・ブノアはパリのホテル・リッツにて新作"Agriates"の脱稿を祝った。この作品は彼を再び売れっ子に押し上げた[15]。彼がその後も大衆からの人気を保っていたことは、1953年に開始された叢書"Le Livre de poche"が、その第一巻として『ケエニクスマルク』を採用したことからも窺える。4年後の1957年、ブノアは著書の累計売り上げ冊数が500万に達したことを祝賀した。

1959年、旧友のポール・モランがアカデミー・フランセーズ会員に推薦された。しかしモランはかつてヴィシー政権の外交官であったため、(アカデミー史において稀なことだが)ド・ゴール大統領が拒否権を発動し、入会はならなかった。これを侮辱と受け止めたブノアはアカデミーを脱会した[16]。(なおモランは最終的にブノア死後の1968年に会員に選出された。)

1960年5月28日、妻のマルセルが病死した[17]。悲しみに打ちのめされたブノアは二度と回復することはなかった。彼は最後の作品"Les Amours mortes" (1961) にその回想を盛り込んだのち、ピレネー=アトランティック県のシブール(Cibourne)で1962年3月3日に死亡した。

人と作品[編集]

ブノアのヒロインたち[編集]

ジョルジュ・ペレックも指摘しているように[18]、ブノア作品のヒロインは『ケエニクスマルク』のオーロル(Aurore)、『アトランティード』のアンティネア(Antinéa)、"Pour don Carlos"のアレグリア(Allegria)など、みなAで始まる名前を持つことで知られる[19]。それを説明する理論はいくつかあるが、生誕地アルビ(Albi)に敬意を表してのことだという分析が有力である[20]

ともかく、ブノアは全く新しい型のヒロインを創り出した。これをもってフランス文学への貢献と見なす向きもある[21]。彼のいわゆる「バッカント」[訳注 1]ないし「アマゾーン」は主人公を幻惑し、犯罪へと走らせるのが常である。『アトランティード』のアンティネアはファム・ファタールの典型であり、サンタヴィ大尉[訳注 2]と同時に青少年の読者をも虜にするのである[22]。逆に"le Lac salé"のアナベル・リーのように物柔らかで愛情深く、男性の犠牲になってしまうヒロインもいないではないが、あくまで例外的である[23][24]

異国趣味の作家[編集]

世界各地を訪れたブノアは、それを活かして作品の舞台を外国に置き、当時の読者を異国趣味で魅了した。『アトランティード』(1919)はアルジェリア、"la Châtelaine du Liban (1924)"はシリア、"le Puits de Jacob (1925)"はパレスチナ、"le Roi lépreux (1927)"はアンコール遺跡、"Axelle (1928)"はプロイセン、"Erromango (1920)"はニューヘブリディーズ諸島への旅行経験に基づいている。ただしアメリカを舞台とする"le Lac salé (1921)"やアイルランドを舞台とする"la Chaussée des géants (1922)"、代表作の一つ"Mademoiselle de la Ferté (1923)"などは実地の取材なしで書かれた。[25]

著作リスト[編集]

  • Kœnigsmark 1918
    • 高橋邦太郎訳『ケエニクスマルク』 - 改造社『世界大衆文学全集 29』(1929年)収録。その後、東京創元社『世界大ロマン文庫 40』(1958年)に『ケーニクスマルクの謎』として収録。
  • L'Atlantide 1919
    • 永井順訳「アトランティード」 - 『世界大衆小説全集 6』小山書店(1955年) に収録。ほか三橋一夫訳『さばく都市』(偕成社、1957年、児童向けリライト)、小宮尊史訳 『砂漠の女王』講談社『世界名作全集104』(1955年、児童向けリライト)などもあり。
  • Pour don Carlos 1920
  • Le Lac salé 1921
  • La Chaussée des géants 1922
  • Mademoiselle de La Ferté 1923
  • La Châtelaine du Liban 1924
  • Le Puits de Jacob 1925
  • Alberte 1926
  • Le Roi lépreux 1927
  • Axelle 1928
  • Erromango 1929
  • Le Soleil de minuit 1930
  • Le Déjeuner de Sousceyrac 1931
  • L'Île verte 1932
  • Fort-de-France 1933
  • Cavalier 6 1933
  • Monsieur de la Ferté 1934
  • Boissière 1935
  • La Dame de l'Ouest 1936
  • Saint Jean D'Acre 1936
  • L'Homme qui était trop grand 1936 :クロード・ファレール(Claude Farrère)との合作
  • Les Compagnons d'Ulysse 1937
  • Bethsabée 1938
  • Notre-Dame-de-Tortose 1939
  • Les Environs d'Aden 1940
  • Le Désert de Gobi 1941
  • Lunegarde 1942
  • Seigneur, j'ai tout prévu... 1943
  • L'Oiseau des ruines 1947
  • Jamrose 1948
  • Aïno 1948
  • Le Casino de Barbazan 1949
  • Les Plaisirs du voyage 1950
  • Les Agriates 1950
  • Le Prêtre Jean 1952
  • La Toison d'or 1953
  • Villeperdue 1954
  • Feux d'artifice à Zanzibar 1955
  • Fabrice 1956
  • Montsalvat 1957
  • La Sainte Vehme 1958
  • Flamarens 1959
  • Le Commandeur 1960
  • Les Amours mortes 1961
  • Aréthuse 1963 :死後出版。未完結。

長編小説のみ挙げた。

映画化作品[編集]

原題 日本語題名 監督・脚本等 注記
L'Atlantide (1921) 女郎蜘蛛 ジャック・フェデー -
Kœnigsmark (1923) - レオンス・ペレ(Léonce Perret) -
Die Herrin von Atlantis (1932) アトランテイド(熱砂の女王) ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト ドイツ映画
Surrender (1931) - ウィリアム・K・ハワード(William K. Howard) Axelle (1928) の映画化
La Châtelaine du Liban (1934) - ジャン・エプスタン -
Kœnigsmark (1935) - モーリス・トゥールヌール(Maurice Tourneur) -
Boissière (1937) - フェルナン・リヴェ(Fernand Rivers) -
Lunegarde (1946) - マルク・アレグレ(Marc Allégret) -
Bethsabée (1947) モロッコ守備隊 レオニード・モギー(Léonide Moguy) -
Mademoiselle de la Ferté (1949) - ロジェ・ダイエ(Roger Dallier) -
Kœnigsmark (1953) - ソランジュ・テラック(Solange Térac) -
La Châtelaine du Liban (1956) - リシャール・ポティエ(Richard Pottier) -
L'Atlantide (1961) アトランタイド マシーニ(G. Masini)、ウルマー(E. G. Ulmer)、ボーゼイジ 仏・伊映画
L'Atlantide (1992) - ボブ・スウェム(Bob Swaim) 仏・伊映画


訳注[編集]

  1. ^ "bacchante"=バックス (ローマ神話)の巫女、淫奔な女、酩酊した女…等を意味するフランス語。
  2. ^ サンタヴィ大尉(capitaine Saint-Avit)…『アトランティード』の主人公。

本項はフランス語版ウィキペディアからの抄訳である。

出典[編集]

  1. ^ a b c Jouve et Saint-Prot, art. cit., p.19.
  2. ^ Jacques Augarde, « Pierre Benoit, poète méconnu », in Pierre Benoit témoin de son temps, p.110.
  3. ^ cf. Jacques Augarde, art. cit., pp.106-107.
  4. ^ Jouve et Saint-Prot, art. cit., p.20. Le prix sera finalement attribué à Georges Duhamel pour Civilisation.
  5. ^ Louis Chaigne, Vies et œuvres, cité par Louis-Marie Clénet, art. cit., p.185.
  6. ^ Jouve et Saint-Prot, art. cit., p.20.
  7. ^ Jouve et Saint-Prot, art. cit., p.21, d'où est extrait la citation précédente.
  8. ^ Cette liste est la reprise partielle de celle établie par Charles Saint-Prot, qui elle-même n'est pas exhaustive (art. cit., p.29.)
  9. ^ Edmond Jouve et Charles Saint-Prot, art. cit., p.21.
  10. ^ Cf. Alain chastagnol, art. cit., pp.154-155.
  11. ^ Charles Saint-Prot, art. cit., p.32.
  12. ^ Charles Saint-Prot, art. cit., p.37.
  13. ^ Il ne soutient pas pourtant la dynastie des Orléans, à la différence de ses amis de L'Action française : ses suffrages se portent sur les Bourbons-Parme (cf.Louis-Marie Clénet, art. cit., p.180.)
  14. ^ cf.Louis-Marie Clénet, art. cit., pp.179-180.
  15. ^ Edmond Jouve et Charles Saint-Prot, art. cit., p.22.
  16. ^ Cf. Louis-Marie Clénet, art. cit., p.186.
  17. ^ Georges Simenon, « Le grand amour de Pierre Benoit »
  18. ^ Georges Perec, Je me souviens, 206.
  19. ^ Edmond Jouve et Charles Saint-Prot, « Pierre Benoit (1886-1962) », in coll., Pierre Benoit témoin de son temps, Albin Michel, Paris, 1991, p.19.
  20. ^ Edmond Jouve et Charles Saint-Prot, art. cit., p.11.
  21. ^ Cf. Joseph Monestier, « Les Héroïnes de Pierre Benoit », in Pierre Benoit témoin de son temps p.128.
  22. ^ Voir à ce sujet le témoignage de Robert Jouanny, « Pierre Benoit et le terroir français », in Pierre Benoit témoin de son temps, p.189.
  23. ^ Joseph Monestier, art. cit., p.142.
  24. ^ Joseph Monestier, art. cit., p.145.
  25. ^ Charles Saint-Prot, « Le voyageur et le monde de son temps », in Pierre Benoit témoin de son temps, p.32.

参考資料[編集]

  • Jacques-Henry Bornecque, Pierre Benoit, le magicien, Albin Michel, 1986
  • Johan Daisne, Pierre Benoit ou l’éloge du roman romanesque, Albin Michel, 1964
  • Edmond Jouve, Gilbert Pilleul, Charles Saint-Prot (dir.), Pierre Benoit, témoin de son temps. Actes du colloque organisé par l'Association des écrivains de langue française, Albin Michel, Paris, 1991.
  • Jean-Paul Török, Qui suis-je ? Benoit, Pardès, 2004 ISBN 978-2867143250
  • Les numéros des Cahiers des amis de Pierre Benoit, édités par l'association "Les Amis de Pierre Benoit".