ピエール・マシュレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピエール・マシュレ(Pierre Macherey, 1938年2月17日ベルフォール - )は、フランス哲学者。専門はスピノザ文学理論。

2003年、リール第三大学の名誉教授に就任した。

略歴[編集]

ルイ・アルチュセールの弟子であるピエール・マシュレは、ベルフォールのリセに学び、1954年にバカロレア哲学と初等数学)に合格した。

その後ナンシーのリセ・ポワンカレとパリのリセ・ルイ=ル=グランに在学し、1958年から1963年にかけて高等師範学校で学んだ。

1961年、ジョルジュ・カンギレムの指導のもと、「スピノザにおける哲学と政治について(Philosophie et politique chez Spinoza)」という論文を提出して哲学修士号を得た。

1962年、哲学のアグレガシオンに合格した。

1963年から1965年まで、ラ・フレーシュの国立軍事幼年学校の教師として従軍し、初等数学を教えながらサン・シール陸軍士官学校に入学するための準備教育を行った。

1965年から1966年の間、トゥールのリセ・デカルトで教えた後、1966年にパリ大学文学部の有資格助手に就任、その後講師教授に昇進し、1992年まで哲学科で教え続けた。

1991年に文学博士号を取得。学位請求論文題目は「文学は何を考えているか(À quoi pense la littérature?)」。

1992年からリール第三大学の哲学教授を務め、2003年2月に同大学名誉教授となった。

著作[編集]

  • Lire le Capital, t. I, 1965 (avec Louis Althusser et Jacques Rancière)
    今村仁司訳『資本論を読む〈上〉』筑摩書房、1996年
  • Pour une théorie de la production littéraire, Maspero, 1966 (rééd. 2014).
    内藤陽哉訳『文学生産の理論』合同出版、1969年
  • Hegel ou Spinoza, Maspero, 1977 (rééd. La Découverte, 2004).
    鈴木一策、桑田禮彰訳『ヘーゲルかスピノザか』新評論、1986年;新装版1998年
  • Hegel et la société, PUF, 1984 (avec Jean-Pierre Lefebvre).
  • Comte. La philosophie et les sciences, PUF, 1989.
  • À quoi pense la littérature ?, PUF, 1990.
    小倉孝誠訳『文学生産の哲学――サドからフーコーまで』藤原書店、1994年
  • Avec Spinoza (Etudes sur la doctrine et l’histoire du spinozisme), PUF, 1992.
  • Introduction à l’Éthique de Spinoza (5 volumes), PUF, 1994-1998
  • Histoires de dinosaure. Faire de la philosophie. 1965/1997, PUF, 1999.
  • Marx 1845. Les « Thèses » sur Feuerbach, traduction et commentaire, Paris, Éditions Amsterdam, coll. « Inédits », 2008.
  • Petits Riens. Ornières et dérives du quotidien, Éditions Le Bord de l'eau, coll. « Diagnostics », 2009.
  • De Canguilhem à Foucault : la force des normes, La Fabrique éditions, 2009.
  • De l'Utopie, De l'incidence éditeur, 2011.
  • La Parole universitaire, La Fabrique éditions, 2011.
  • Proust. Entre littérature et philosophie, Editions Amsterdam, Coll. «Hors collection», 2013.
  • Études de philosophie "française". De Sieyès à Barni, Publications de la Sorbonne, coll. «La Philosophie À L'Œuvre», 2013.
  • Identités, de l'incidence éditeur, 2013.
  • Le Sujet des normes, Editions Amsterdam, Coll. «Hors collection», 2014.
  • Études de philosophie littéraire, de l'incidence éditeur, 2014.