ピエール・モンタン・ベルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・モンタン・ベルトン
Pierre Montan Berton
生誕 1727年1月7日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 モベール=フォンテーヌ英語版
死没 (1780-05-14) 1780年5月14日(満53歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 パリ
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者

ピエール・モンタン・ベルトン(Pierre Montan Berton, 1727年1月7日 - 1780年5月14日)は、フランス作曲家指揮者。作曲家アンリ・モンタン・ベルトンの父。

生涯[編集]

ベルトンはサンリスオルガンと作曲を学んだ後、ボルドーのグランド・テアトル[注 1]指揮者となった。1775年、王宮の芸術監督、パリ・オペラ座音楽監督に任用された。1767年から1769年まではジャン=クロード・トリアル英語版と共同で、1775年から1777年までは単独での指揮者職であった。そして1780年には総支配人となっている。

ベルトンが実権を握っていた時代に、グルックピッチンニの傑作が音楽に革命を起こしていた。また彼自身もオペラを作曲した。「Érosine」(1764年)、「Cythère assiégée」(1775年)などである。

彼の「新しいシャコンヌ Nouvelle Chaconne ホ短調」(1762年)は、ルブレトン・シャコンヌ(Lebreton-)としても知られ、ルイ18世の時代には有名であった。

作品[編集]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:1780年4月17日開場、ラ・フィユ・マル・ガルデが初演されたことや若きマリウス・プティパが新作を披露したことで知られる。(Grand Théâtre

出典[編集]