ピエール=ウィリアム・グレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Pierre-William Glenn
ピエール=ウィリアム・グレン
生年月日 1943年
出生地 フランスの旗 フランス パリ
職業 撮影監督映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1969年 -

ピエール=ウィリアム・グレンフランス語: Pierre-William Glenn, 1943年 - )は、フランス撮影監督映画監督である。フランス国立映像音響芸術学院教授。

目次

人物・来歴[編集]

1943年(昭和18年)、フランスパリに生まれる。

数学を専攻した後に、高等映画学院に入学する。ジョゼ・ベナゼラフ監督作品の撮影監督アラン・ドローブに師事し、ウィリアム・リュプチャンスキーらの助手として、テレビ映画を手がけ、クロード・ミレールジャック・ドワイヨンの初期短篇のカメラを回した。

ジャック・リヴェット監督の12時間を越える超大作『アウトワン』の撮影を任される。以降、コスタ=ガヴラスフランソワ・トリュフォーらのヌーヴェルヴァーグの映画作家たちの中期の作品を手がけた。

1974年(昭和49年)に監督業に進出、以降、4本の長篇映画と1本のテレビ映画を監督している。

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]