ピクルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
キュウリのピクルス

ピクルス (英語: Pickle) は、酢漬けあるいは自然醗酵によって作られる保存食英語本来の発音は「ピクル」の複数形である「ピクルズ」。

概要[編集]

ガーキン(Gherkin)

歯切れのよい野菜類を、種々のスパイスを入れた酢に漬けたもの。ガーキン(短小のキュウリ)、キュウリタマネギカリフラワーニンジントマトビーツインゲンピーマンなどを塩漬けののち、香辛料とともに酢漬けにすることで保存性を高め、味に変化をつけたものである。前菜や肉料理、サンドイッチに添えたり、カレーソースの薬味や、みじん切りにしてマヨネーズに加え(タルタルソース)、食欲増進や、味に変化をつけるために用いられる[1]ディル(香草)を加えたものはディルピクルスとよばれ、欧米人に好まれる。また、ビーツや赤キャベツのピクルスは鮮やかな色になるので、前菜、サラダ、サンドイッチ、ハンバーガーなどの添え物に効果的である[1]

多くの国ではきゅうりのピクルス(Pickled cucumber)が、「ガーキンス」という商品名で流通している[2]

各国のピクルス[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ合衆国ではハンバーガーサンドイッチに多用され、ピクルスを具にしたサンドイッチが人気を博している[3]。細かく刻んだものはレリッシュと呼ばれ、ザワークラウトと共にホットドッグのトッピングとして使われる[4]オリーブの種を抜き、赤ピーマンを詰めたピクルス(スタッフド・オリーブ)は、マティーニの必需品である[5]

イギリス[編集]

酸味を好む国民性ゆえに、ゆで卵のピクルスまで多様なピクルスが存在するが、「Branston Original Pickle(ブランストン・オリジナル・ピクル)」はイギリスの味と評される[6]

インド[編集]

アチャールという独特のピクルスがあり[7]、各種料理の付け合せに用いられる。

日本[編集]

日本人がイメージする「ピクルス(=野菜の酢漬け)」に近いものとしては、ラッキョウ漬け紅しょうがなどがあげられる。日本を代表する保存食である梅干しもピクルスの一種である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “ピクルスとは” (日本語). コトバンク. 2020年3月23日閲覧。
  2. ^ ガーキンス商品一覧|ヘングステンベルグ|加工食品|三菱食品”. www.mitsubishi-shokuhin.com. 2020年3月23日閲覧。
  3. ^ アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場 | Bizseeds ビズシーズ”. Bizseeds(ビズシーズ)|アメリカ発 ビジネス・パーソンのための情報メディア. 2020年3月23日閲覧。
  4. ^ 400g ホットドッグレリッシュ | 商品 | ハインツ日本株式会社 業務用商品 ホームページ”. www.heinz.co.jp. 2020年3月23日閲覧。
  5. ^ カクテル (2017年10月18日). “カクテルに添えられたオリーブ、その理由に納得!” (日本語). カクテル.net. 2020年3月23日閲覧。
  6. ^ Masala, Lady. “イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選 | イギリス” (日本語). LINEトラベルjp 旅行ガイド. 2020年3月23日閲覧。
  7. ^ 2種のアチャール” (日本語). www.sbfoods.co.jp. 2020年3月23日閲覧。

関連項目[編集]