ピスコガビアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピスコガビアリス
生息年代: 7.246–5.332 Ma
新第三紀中新世後期
Piscogavialis 1.jpg
頭骨化石
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜型下綱 Archosauromorpha
階級なし : クルロタルシ類 Crurotarsi
上目 : ワニ形上目 Crocodylomorpha
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : 正鰐亜目 Eusuchia
: ガビアル科 Gavialidae
亜科 : グリポスクス亜科Gryposuchinae
: ピスコガビアリス属 Piscogavialis
学名
Piscogavialis Kraus 1998
タイプ種
P. jugaliperforatus Kraus 1998

ピスコガビアリス学名Piscogavialis)は、ガビアル科グリポスクス亜科に属する絶滅したワニの属。P. jugaliperforatusのみが知られている。ピスコガビアリスの化石は1998年ペルー南部の鮮新世中期のピスコ層から発見された[1]。ピスコ層はその脊椎動物化石の大きな多様性で知られているが、これはそこから出土した初の爬虫類である[2]

ピスコガビアリスはただ1つの標本しか発見されていないものの、南アメリカから発見されたガビアル科の標本の中で最も保存状態の良いものである。頭骨は立体を保っておりほぼ完全な状態である。この頭骨と同個体の下顎や体骨格の一部も発見されており、後頭骨周辺におけるいくつかの重要な特徴からインドガビアルなどを含むガビアル科に属すると判断された。

環境[編集]

地層から、ピスコガビアリスが生息していた地域は沿岸部であったとされている[2][3]。別の絶滅したガビアル科のワニであるシクイシクエスクスもまた沿岸部に生息していたことが知られている[4]。沿岸部に他のグリポスクス亜科のワニがいたことでグリポスクス亜科が沿岸部を主な生息地としていた可能性が浮上している[5][6]が、グリポスクス亜科の仲間には明らかに非沿岸地域であった場所から出土しているものがいる[7]

出典[編集]

  1. ^ Piscogavialis, Fossilworks.org
  2. ^ a b Kraus, R. M. (1998年). “The cranium of Piscogavialis jugaliperforatus n.gen., n.sp. (Gavialidae, Crocodylia) from the Miocene of Peru”. Paläontologische Zeitschrift 72 (3): 389–406. doi:10.1007/bf02988368. 
  3. ^ Vélez-Juarbe, J.; Brochu, C. A.; Santos, H. (2007年). “A gharial from the Oligocene of Puerto Rico: transoceanic dispersal in the history of a non-marine reptile”. Proceedings of the Royal Society B 274 (1615): 1245–1254. doi:10.1098/rspb.2006.0455. PMC 2176176. PMID 17341454. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2176176. 
  4. ^ Brochu, C. A.; Rincon, A. D. (2004年). “A gavialoid crocodylian from the Lower Miocene of Venezuela”. Special Papers in Palaeontology 71: 61–78. 
  5. ^ Iturralde-Vinent, M. A.; MacPhee, R. D. E. (1999年). “Paleogeography of the Caribbean region: implications for Cenozoic biogeography”. Bulletin of the American Museum of Natural History 238: 1–95. 
  6. ^ Sánchez-Villagra, M. R.; Aguilera, O. A. (2006年). “Neogene vertebrates from Urumaco, Falcón State, Venezuela: diversity and significance”. Journal of Systematic Palaeontology 4 (3): 213–220. doi:10.1017/S1477201906001829. 
  7. ^ Kay, R. F.; Madden, R. H. (1997). “Paleogeography and paleoecology”. In R. F. Kay, R. H. Madden, R. L. Cifelli, and J. J. Flynn (eds.). Vertebrate paleontology in the neotropics: the Miocene fauna of La Venta, Colombia. Washington, D. C.: Smithsonian Institution Press. pp. 520–550. ISBN 1-56098-418-X.