ピピ&コット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピピ&コット
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
活動期間 1967年 - 1975年
レーベル エレックレコード
メンバー 金谷厚
よしだよしこ
早川隆
板垣秀雄
丸山圭子
旧メンバー 佐藤公彦
沢彰記

ピピ&コットは、1960年代末から1970年代初頭に活動していたフォークバンド。綺麗なメロディラインとハーモニーを特徴としていた。

概要[編集]

「ピピ&コット」はケメこと佐藤公彦が名付け親で、ドイツ語で“オシッコとウンチ”という意味。金谷、佐藤が二人とも本番が近づくとトイレに行きたくなる、というところから名付けられた[1]

アマチュア時代は、泉谷しげる古井戸RCサクセションらと共に活動。エレックよりプロデビュー。泉谷しげる生田敬太郎古井戸佐藤公彦とみたいちろう海援隊らと、エレック主催の唄の市コンサートを中心に活動。

メンバー[編集]

  • 金谷厚(かなや あつし、1951年10月27日 - 、リーダー、ギター担当)
2006年8月に大田区大森にフォーク酒場「風に吹かれて」をオープン[2]。2009年1月、「金谷あつし」として、ソロアルバム「Benchi time」をリリース。
1972年に脱退、ソロ活動を開始。愛称:ケメ。
大田区生まれ。バンド解散後は「よしだよしこ」としてソロ活動。一時音楽活動を停止していたが、1999年より活動再開。
  • 早川隆(はやかわ たかし、1952年1月3日 サイドギター、パーカッション担当)
泉谷しげるに「二度とない人生だから」を提供。
  • 沢彰記(沢とおる)(さわ あきのり、ベース担当)
作曲・編曲を学んだ後、シンセサイザー・プログラマ、フリーライター、専門学校講師などを勤める。
  • 板垣秀雄(いたがき ひでお、1951年5月28日 ベースギター担当)
沢脱退後に加入。「野菜が食べたい」でとぼけたキャラを発揮。のちに「山本コウタローとウイークエンド」や「Do!」のベーシストとして活躍。
佐藤脱退後に加入。バンド解散後、ソロ歌手に。「どうぞこのまま」がヒット。

活動の記録[編集]

  • 1967年 - バンド結成。
  • 1971年 - 日本テレビ主催のコンテスト「歌のチャンピオン」で優勝し、デビュー。唄の市を中心にコンサート活動い始める。「捨ててはいけないよ大切なものを」でレコードデビュー。
  • 1972年 - 佐藤が脱退、ソロ活動を始める。
  • 1973年 - 丸山が参加。
  • 1975年 - 解散。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 捨ててはいけないよ大切なものを / 光をください(1971年10月8日、エレック EB-1007)
  • 野菜が食べたい!! / 鬼ごっこ(1972年11月20日、エレック EB-1009)
  • 愛をつかまえよう / あこがれ(1973年7月25日、エレック EB-1010)

アルバム[編集]

  • 4人はハーモニー(1972年10月25日、エレック ELEC-2012 2006年1月26日、VPCC-84524)
だからお前は / 哀れな男のブルース / 栗の木 / 野菜が食べたい / 久しぶりに / 僕は気まぐれ / 夢の中で / 今さら何も / すずめ / せつなく はかない恋だった / 種のない柿 / 鬼ごっこ / 二度とない人生

[編集]