ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
輝け!!特別生放送
ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!
〜みんなでしあわせになろうね〜
Shinjuku koma studium 2009.JPG
番組の生放送が行われていた新宿コマ劇場
ジャンル 特別番組チャリティー音楽バラエティ番組
出演者 ピンク・レディーほか
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年12月31日
放送時間 日曜21:00 - 23:24
放送分 144分
回数 1
テンプレートを表示

ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!』(ピンク・レディーあせとなみだのおおみそかひゃくごじゅっぷん)は、1978年12月31日日本テレビ系列で放送された特別番組チャリティー音楽バラエティ番組)である。ピンク・レディー冠番組

正式タイトルは『輝け!!特別生放送 ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!〜みんなでしあわせになろうね〜』(かがやけ!!とくべつなまほうそう - みんなでしあわせになろうね)。

概要[編集]

ピンク・レディーが1年間の総決算の意味で、大晦日、東京新宿コマ劇場を舞台に、歌と踊りにアニメーションから寄席までを含む、豪華なバラエティーショー[1]

3年間に渡って放送されたコント55号メインの『コント55号の紅白歌合戦をぶっ飛ばせ!なんてことするの!?』に替わる日本テレビの『NHK紅白歌合戦』対抗番組で、人気絶頂のピンク・レディーをメインにし、目の不自由な子供たちを客の一部に迎え、今までに無い豪華な構成で送る番組。ゲストもベテランやヤング歌手のほか、コメディアン・スポーツ選手など、多彩な顔触れが揃った。またこの年は、ステレオ放送を始めとする音声多重放送の実用化試験放送が開始(日本テレビは9月28日に開始。日本初。)した時で、まだ音声多重放送が珍しい時期ではあったが、日本テレビは新しい媒体が導入されると、それを使った放送を積極的に行う施策を取っていることもあり、当番組もそれに沿ってステレオ放送で行われた。なおピンク・レディーはこの番組のため、この年開催の『第29回NHK紅白歌合戦』の出場を辞退したが、これが後々まで問題を投げかける事になる。

視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ。以下同様)は8.2%を記録し、前年の『なんてことするの』の6.2%を若干上回ったが[2]、ピンク・レディーの大晦日特番は結局これが最初で最後、そして翌1979年には、コント55号の萩本欽一が再登板し、『欽ちゃんの紅白歌合戦をぶっとばせ!!第1回全日本仮装大賞〜なんかやら仮そう〜』を編成、これが好評となり、以後現在まで継続中の『欽ちゃん(&香取慎吾)の全日本仮装大賞』となる。

放送時間[編集]

日曜21:00 - 23:24(JST

メイン[編集]

2人は直前まで放送されていた『第20回日本レコード大賞』(TBS系列)に出演し、「UFO」でレコード大賞を受賞後、『レコ大』会場の帝国劇場からコマ劇まで大急ぎで駆けつけた。

ゲスト[編集]

各コーナー[編集]

  • ヤング大集合!水着美女が大フィーバー 今年のディスコ・クイーンコンテスト(「晴海ドウ・スポーツプラザ」より中継)
  • ピンク・レディーが歌う今年のヒット曲とタモリ教授の'78年総まくり
  • 歌とアニメーションで描く愛のテーマ
  • '78年スポーツ界紅白歌合戦
  • ピンク'78年忘れ寄席
  • ピンクオンステージ(ピンク・レディーのヒット曲総登場)
  • ピンク・レディーと共に 懐かしのポップス・メドレー
  • 念願のチャリティー報告
  • さようなら1978年 汗と涙のグランドフィナーレ[3]

脚注[編集]

  1. ^ 1978年12月31日付の「東京新聞」テレビ欄。
  2. ^ 読売新聞』1979年1月4日付夕刊、6頁、1979年1月6日付夕刊、7頁。
  3. ^ a b 参考:1978年12月31日付「東京新聞」14面掲載の番組広告。

関連項目[編集]

日本テレビ 大晦日21:00 - 23:24枠
前番組 番組名 次番組
輝け!!特別生放送
ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!
〜みんなでしあわせになろうね〜
(1978年)