ピンク七福神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピンク七福神(ピンクしちふくじん)とは、1990年代以降にデビューした、ピンク映画ニューウェーブとも言われる7人の監督のことである。

概要[編集]

七福神とされるのは、

  • 今岡信治 (1965年 - ) - 初監督作『獣たちの性宴 イクときいっしょ』(1995年)[1]
  • 上野俊哉 (1963年 - 2013年) - 初監督作『最新ソープテクニック』(1990年)[2]
  • 榎本敏郎 (1965年 - ) - 初監督作『禁じられた情事 不倫妻大股びらき』(1996年)[3]
  • 鎌田義孝 (1964年 - ) - 初監督作『男の妄想写真館より 淫撮グラフティー』(1997年)[4]
  • 坂本礼 (1973年 - ) - 初監督作『セックス・フレンド 濡れざかり』(1999年)[5]
  • 田尻裕司 (1968年 - ) - 初監督作『イケイケ電車 ハメて、行かせて、やめないで!』(1997年)[6]
  • 女池充 (1969年 - ) - 初監督作『監禁』(1996年)[7]

の7人である。全員男性。

主として国映、および新東宝映画(榎本)をメインフィールドとしている。「ピンク七福神」は当初から営業戦略として生み出された言葉とされる。彼らの1世代前の映画監督である佐藤寿保(1959年 - )、サトウトシキ(1961年 - )、瀬々敬久(1960年 - )、佐野和宏(1956年 - )のいわゆる「ピンク四天王」からの影響、対抗意識も指摘される[8]。必ずしも同世代とも言えず、監督昇進時期も年齢も、最年長の上野俊哉と最年少の坂本礼とでは、それぞれ約10年の開きがある[2][5]

その後、今岡は、作家性重視の国映とは作風が対照的なエクセス・ポルノで、榎本はENKプロモーションのゲイ・ポルノでも作品を発表している。2013年(平成25年)4月15日、上野俊哉が満49歳で死去した[9]上野俊哉(1962年 - 、批評家和光大学教授)とは別人である[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今岡信治 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  2. ^ a b 上野俊哉 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  3. ^ 榎本敏郎 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  4. ^ 鎌田義孝 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  5. ^ a b 坂本礼 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  6. ^ 田尻裕司 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  7. ^ 女池充 - 日本映画データベース、2015年2月18日閲覧。
  8. ^ 山田[2009], p.16.
  9. ^ 物故会員 上野俊哉日本映画監督協会、2015年2月18日閲覧。
  10. ^ プロフィール上野俊哉和光大学、2015年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『山田広野の活弁半生劇場 活弁映画監督のつくりかた』、山田広野、ポット出版、2009年3月14日発行 ISBN 4780801222
  • 『ぴんくりんく』2013年6月号、ぴんくりんく編集部、2013年6月発行

関連項目[編集]