ピンチョ・モルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
ピンチョ・モルノ(Pincho moruno)
ピンチョ・モルノ(Pincho moruno)

ピンチョ・モルノ(pincho moruno、串焼き)は、スペイン料理を代表する肉料理のひとつ。ピンチョ・モルーノとも表記される。pinchoはの意味で,直訳すれば「ムーア人ケバブ(串)」あるいは「モーロ風ピンチョ(串焼き)」という意味になる。

目次

特徴

香辛料マリネした豚肉鶏肉を串焼きにしたもの。数cmに切った肉の角切りを準備する。下準備として、ニンニクパセリカイエンヌ(カイエンペッパー)パプリカ唐辛子などの香辛料を含むタレに肉をつけておく。つけ込んだ肉を、20-25 cmの金属製または木製の串に刺して、オリーブオイルをつけて鉄板や大型のフライパンで焼く。クミンを振りかけて味付けする。

習慣

店では、ビールなどのアルコール類と一緒に野菜やフライドポテトパンとともに平皿に盛りつけられることが多い。スーパーマーケット精肉店では、焼く前段階の串の形で売られることが多い。

起源

ムーア人のケバブ」とあるように、イスラムの影響を受けた料理と考えられ、北西アフリカに近いアンダルシア州など南部でよく食べられる。また、牛肉でも類似のものができ、北アフリカやトルコ新疆などでも似た伝統料理が存在する。

関連項目

今日は何の日(4月16日

もっと見る

「ピンチョ・モルノ」のQ&A