ピン群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

特殊直交群 SO(n) が二重被覆としてスピノル群 Spin(n) を持つ様に、 直交群 O(n) は 2 つの同型でない被覆群 Pin+(n) と Pin(n) を有する。 この両者は、ピン群(ピンぐん、英:Pin group)と呼ばれる。 (この名前は、セールの「spin が SO(n) に対応するように、pin は O(n) に対応する」という「冗談」に由来する。) この様な奇妙な状況は、O(n) が(SO(n) と異なり)連結でないことによる (その 2 つの連結成分は、行列式がそれぞれ +1 と −1 の行列集合である)。

O(n) と SO(n) では、2π の回転は恒等写像だが、 ピン群では、Spin(n) と同様、4π の回転が恒等写像になるものの、 2π の回転では恒等写像にならない。

Pin+(n) においては、折り返しを 2 度繰り返すと、恒等写像になる。

Pin(n) においては、折り返しを 2 度繰り返すと、2π の回転になる。

pq のとき、Spin(p,q) には 8 個もの異なる二重被覆がある。 このうち 2 つのみがピン群として取り上げられるが、これはクリフォード多元環を表現とすることができることに由来する。 これらは夫々、Pin(p,q)、 Pin(q,p) と呼ばれる。

関連項目[編集]