ピヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピヴォ
PIVOT
施設外観(2017年8月)
施設外観(2017年8月)
店舗概要
所在地 060-0062
札幌市中央区南2条西4丁目
座標 北緯43度03分29秒 東経141度21分08秒 / 北緯43.05806度 東経141.35222度 / 43.05806; 141.35222座標: 北緯43度03分29秒 東経141度21分08秒 / 北緯43.05806度 東経141.35222度 / 43.05806; 141.35222
開業日 1995年9月14日[1]
施設管理者 株式会社ピヴォ
商業施設面積 11,167 m²[3]
営業時間 10:00 - 20:00
駐輪台数 256台
前身 中心街デパート→ダイエー札幌店(札幌ショッパーズプラザ)[2]
最寄駅 大通駅
西4丁目停留場
外部リンク PIVOT(ピヴォ)
テンプレートを表示

ピヴォPIVOT)は、札幌市中央区にある商業施設。

沿革[編集]

前身は1968年昭和43年)開業の「中心街デパート」であり[4]1973年(昭和48年)にダイエーの北海道進出1号店となる「ダイエー札幌店」(ショッパーズプラザ)となったが[2][5]1993年平成5年)に閉店した[2][6]。ダイエー閉店後にビルを改装し、ファッションビル「ピヴォ」となった[2]。駐車場(ピヴォパーキング)には、かつて別当興業が運営していた映画館「北海道劇場」(1955年 - 1967年)があった[7]

フロア[編集]

かつての「中心街デパート」創業者が、デパート内で営業していた模型コーナーをデパート廃業後に「中心街ビル」という社名で分社化し、隣のビル(現在のPentagramビル)で「セントラルホビー」として開店した[要出典]。2000年代に入ると、数十年ぶりに旧中心街デパートである「ピヴォ」に移転したが、2010年平成22年)9月に閉店・廃業した[要出典]

アクセス[編集]

国道36号札幌駅前通)沿いに位置しており、さっぽろ地下街「ポールタウン」に直結している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ピヴォ」14日オープン*集客合戦 激化は確実*周辺のライバル*相乗効果は“歓迎””. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1995年9月12日). 2017年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 『新札幌市史 第5巻通史5(下)』札幌市教育委員会、北海道新聞社、2005年。
  3. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2017年9月6日閲覧。
  4. ^ 昭和の歴史”. 札幌一番街. 2017年9月6日閲覧。
  5. ^ 「ダイエー」「グルメシティ」の店舗名消え、道内はイオン北海道とマックスバリュ北海道が店舗継承へ”. リアルエコノミー (2014年9月25日). 2017年9月6日閲覧。
  6. ^ ダイエー、札幌店を閉店へ—道内1号店、中心街で採算苦しく”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1993年4月29日). 2017年9月6日閲覧。
  7. ^ ほっかいどう映画館グラフィティー「北海道劇場」(札幌市)”. 朝日新聞北海道支社 (2013年7月5日). 2013年7月8日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]