ピークピーク値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ピークピーク値(ピークピークち、Peak-to-peak value)とは、正弦波交流の最大値と最小値との差のことを示している。電圧の場合はEpp、 電流の場合はIppを用いることがある。正弦波交流の最大値は√2*実効値により求まるため、ピークピーク値は2√2*実効値により求まることになる。


今日は何の日(11月13日

もっと見る

「ピークピーク値」のQ&A