ピーターパン・シンドローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーターパン・シンドローム
Sound Scheduleシングル
初出アルバム『456
B面 人の子ふたり
リリース
録音 日本の旗 日本 エピキュラススタジオ
ジャンル J-POP
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
作詞・作曲 大石昌良
チャート最高順位
Sound Schedule シングル 年表
幼なじみ
2002年
ピーターパン・シンドローム
2002年
ことばさがし
(2003年)
テンプレートを表示

ピーターパン・シンドローム』は、Sound Scheduleの4枚目のシングル。

概要[編集]

初回盤はCD EXTRA仕様であり、「ピーターパン・シンドローム」のPVが収録されている。

PVは学校のグラウンドで撮影された。ちなみにグラウンドに机を置き、メンバーが授業を受けているシーンがある。

2003年1月24日、当時新人バンドとしては異例の『ミュージックステーション』への出演を果たし、この曲を演奏した[1]

収録曲[編集]

  1. ピーターパン・シンドローム
  2. 人の子ふたり
    • 作詞・作曲: 大石昌良、編曲: Sound Schedule

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

この他、#1のライブ映像がシングル『スペシャルナンバー』の初回盤及びDVD『SS LIVES』に、#1のミュージック・ビデオがDVD『SS FILMS』に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ PROFILE | CLUB 014 大石昌良オフィシャルウェブ