ピーター・ウィレム・ボータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・ウィレム・ボータ
Pieter Willem Botha
PW Botha 1962.jpg

任期 1978年10月9日1984年9月14日

任期 1984年9月3日1989年8月15日

出生 1916年1月12日
南アフリカ連邦の旗 南アフリカ連邦オレンジ自由州Paul Roux
死去 2006年10月31日(2006-10-31)(90歳)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国西ケープ州Wilderness
政党 国民党

ピーター・ウィレム・ボータPieter Willem Botha1916年1月12日2006年10月31日)は、南アフリカ共和国政治家。南アフリカ共和国首相(在任期間1978年から1984年)、大統領(在任期間1984年から1989年)を歴任した。アパルトヘイト(人種隔離政策)の完全撤廃を求める国際世論に対して抵抗し、人権弾圧[1]も行ったことから独裁者とも批判された[2]通称PWまたは、アフリカーンス語で「大ワニ」を意味する「Die Groot Krokodil」。1943年に結婚したエリザ夫人との間に2人の息子、3人の娘がいる。

生い立ち[編集]

オレンジ自由州ボーア人アフリカーナー)の両親の下に生まれる。実父はボーア戦争に軍人として参画した経歴を持つ。グレイ・ユニバーシティ・カレッジ(現在のフリーステイト大学・University of the Free State)で法律を学ぶ。20歳の時にカレッジを中途退学し、ケープ州国民党組織で働き始め、1946年にはアパルトヘイト政策を提言することになるサウアー委員会の一員となる。

第二次世界大戦中、ボータは、他の多くのアフリカーナーのナショナリストと同じようにナチス・ドイツに共感を寄せ、ブルームフォンテーン極右団体である牛車の番人英語版に入党する。しかし、独ソ戦でドイツは劣勢となるや牛車の番人を非難して脱退した[3][4]

政治的経歴[編集]

1948年、国民党から国会議員に立候補し当選する(地盤はケープ州東部)。この選挙で国民党を中心とするダニエル・フランソワ・マラン四党連立政権は、アパルトヘイト政策を本格的に推進することとなる。1958年に発足したヘンドリック・フルウールト政権では副内相に就任。

1966年バルタザール・フォルスター内閣で国防相に就任する。ボータは同年に始まる南アフリカ国境紛争英語版を担当し、対外戦争や国際連合経済制裁(武器禁輸)にも耐えうるアームスコール英語版のような強力な軍需産業を構築して戦車と装甲車や戦闘機などの国産化で南アフリカ防衛軍英語版は他のアフリカ諸国よりも戦力が充実した軍隊となった[5][6]。また、ボータは掛かり付け医のウォーター・バッソン英語版生物兵器化学兵器の開発を行わせ[7]、さらに核開発計画も推し進め、南アフリカを核保有国にさせることに成功した[8]

1970年エスタド・ノヴォ体制のポルトガルや同じ白人政権のローデシアとの非公式な軍事同盟であるアルコラ演習英語版プレトリアで発足させ、アンゴラ独立戦争モザンビーク独立戦争で連携するも1974年にポルトガルでカーネーション革命が起きてこの同盟関係は崩壊した[9][10]

1975年には秘密裡の軍事協力であるイスラエル・南アフリカ協定英語版を締結して当時イスラエルの防衛大臣だったシモン・ペレスに3つの核弾頭らしき武器の提供をボータは要請した[11]。1975年からボータはアンゴラ解放人民運動(MPLA)を支援するソビエト連邦キューバに対抗してアンゴラ内戦に直接介入する方針を決定し、サバンナ作戦英語版ではアンゴラに武力侵攻を行い、MPLAと対立したアンゴラ民族解放戦線(FNLA)[12]アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)[13]に属したアンゴラの黒人も引き入れて第32大隊南西アフリカ警察対不正規戦部隊を組織した[14]。特にボータに象牙AK-47[15]も贈っていたUNITAのジョナス・サヴィンビ議長と親交を結び、南アフリカ軍がUNITAを支援する軍事作戦を連続して行ったクイト・クアナヴァレの戦い英語版第二次世界大戦以来のアフリカ大陸での大規模な戦闘とされた[16]

1978年9月、フォルスターが辞任し、議会によって後継首相に選出された。ボータは前任のフォルスターよりも政治家としてはプラグマティストであり、ホームランドの自治を積極的に推し進めた。ボータの後任の国防相となったマグナス・マラン英語版とともにインカタ自由党を支援して黒人勢力を分裂させることで分割統治も図ったとされる[17]

1984年立法行政の両権を白人(定数:178人、内任命議席が12)、カラード(定数:85人)、インド(定数:45人)系国民に分与して白人単独の支配体制から「三人種体制」に移行(人種別三院制議会)、憲法改正により首相職を廃止し大統領の権限を強化する。1985年にはアパルトヘイト政策を成す、雑婚禁止法背徳法の廃止に踏み切るものの、同政策の基幹3法(原住民土地法英語版集団地域法英語版等)の撤廃に関しては断固拒否した。1987年の総選挙では123議席を獲得し(任命議席を併せ133)支配体制を強化した。

1986年、南アフリカ全土に黒人暴動が拡大すると非常事態を宣言するとともに、ネルソン・マンデラを釈放しようとした。しかし、これは国際社会及び国内世論の非難回避をねらったものであり、反アパルトヘイトの運動は徹底的に弾圧する姿勢だった。このことは次第に国民党の穏健派から反発される。一方で、ボータの実利的な政策を批判するアンドリース・トリューニヒトら国民党の保守派も1982年に国民党を離党して保守党英語版を結成することになる。1988年にはキューバ軍のアンゴラ撤退とナミビア南アフリカ領南西アフリカ)の独立承認を交換条件とする停戦に合意してアンゴラから南アフリカ軍を引き上げた[18]

1989年F・W・デクラークにその座を譲り、大統領を辞任した。アパルトヘイト体制崩壊後に発足した真実和解委員会での証言は最後まで拒否し続け[19][20]人種差別的な自らの持論を改めることはなかった[21]。しかし、マンデラとは政治的な立場を超えて個人的には友好関係を築いていた[22]

2006年10月31日、西ケープ州の自宅で死去した。90歳[23]。マンデラは「ボータをアパルトヘイトの象徴と多くの人々は思い続けるだろうが、我々は彼が最終的に平和的な和解交渉の道を選んだ決断を記憶している」と追悼した[24]国葬はボータの遺族に拒否されたが、葬儀には南アフリカの大統領タボ・ムベキも出席した[25]

脚注[編集]

  1. ^ Dan van der Vat. Guardian Obituary. 2 November 2006.
  2. ^ NEWS24 (2006年11月2日). “PW 'was a brutal dictator'”. https://www.news24.com/SouthAfrica/News/PW-was-a-brutal-dictator-20061102 2019年2月16日閲覧。 
  3. ^ P. W. Botha, Defender of Apartheid, Is Dead at 90, New York Times, 1 November 2006
  4. ^ sahoboss (2011年2月17日). “Pieter Willem Botha”. South African History Online. http://www.sahistory.org.za/people/pieter-willem-botha 2018年1月9日閲覧。 
  5. ^ Gregory, Joseph R. (1 November 2006). "P. W. Botha, Defender of Apartheid, Is Dead at 90". The New York Times
  6. ^ Duignan, Peter. Politics and Government in African States 1960–1985. pp. 283–408.
  7. ^ Gould, Chandré (2006) South Africa's Chemical and Biological Warfare programme 1981–1995, PhD thesis. Rhodes University.
  8. ^ South Africa's Nuclear Weapons Program - Building Bombs”. nuclearweaponarchive.org. 2018年1月9日閲覧。
  9. ^ Afonso, Aniceto; Carlos de Matos Gomes (2013). Alcora. Divina Comédia. ISBN 978-989-8633-01-9.
  10. ^ A military alliance between Portugal and African states that few knew about, Irish Times 25 April 2014
  11. ^ McGreal, Chris (2010年5月23日). “The memos and minutes that confirm Israel's nuclear stockpile”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2010/may/23/israel-south-africa-nuclear-documents 
  12. ^ De Lancey, Blaine (November 1992). "…meanwhile, in South Africa, the bloody capitalist-apartheid regime remains…". Syracuse University.
  13. ^ Herbstein, Denis; Evenson, John (1989). The Devils Are Among Us: The War for Namibia. London: Zed Books Ltd. pp. 28, 61–92. ISBN 978-0862328962.
  14. ^ Stapleton, Timothy (2013). A Military History of Africa. Santa Barbara: ABC-CLIO. pp. 251–257. ISBN 978-0313395703.
  15. ^ Apartheid Leader's Museum Exhibit Fails to Exert Its Old Draw”. ロサンゼルス・タイムズ (1998年1月23日). 2019年2月16日閲覧。
  16. ^ Mills, Greg; Williams, David (2006). Seven Battles that Shaped South Africa. Cape Town: Tafelberg. ISBN 978-0-624-04298-3.
  17. ^ Berkeley, Bill (2001). The Graves are Not Yet Full.
  18. ^ Alao, Abiodun. Brothers at War: Dissidence and Rebellion in Southern Africa, 1994. Pages XIX-XXI.
  19. ^ Mary Braid (1998年1月8日). “Afrikaners champion Botha's cause of silence”. The Independent (UK). https://www.independent.co.uk/news/afrikaners-champion-bothas-cause-of-silence-1137403.html 2019年2月16日閲覧。 
  20. ^ Botha's Conviction Overturned”. The Guardian. 2019年2月16日閲覧。
  21. ^ Interview made in 2006; https://vimeo.com/18610881
  22. ^ インデペンデント (2006年11月2日). “Mandela and Botha: The crocodile & the saint”. https://www.independent.co.uk/news/world/africa/mandela-and-botha-the-crocodile-the-saint-744730.html 2019年2月16日閲覧。 
  23. ^ Apartheid-era SA president dies
  24. ^ PW Botha: Reaction in quotes, BBC News, 1 November 2006
  25. ^ PW laid to rest, Independent Online (IOL), 8 November 2006
先代:
B・J・フォルスター
南アフリカの旗 首相
第9代 : 1978年 - 1984年
次代:
廃止
先代:
マレー・フィリューン
南アフリカの旗 大統領
第6代 : 1984年 - 1989年
次代:
F・W・デクラーク