ピーター・ウィンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピーター・ウィンチ(Peter Guy Winch, 1926年1月14日ロンドン - 1997年4月27日イリノイ州シャンペーン)は、社会科学、ウィトゲンシュタイン研究、倫理学、宗教哲学に貢献した英国の哲学者である。 ウィンチは、社会科学における実証主義への批判、コリンウッドとウィトゲンシュタイン以降の哲学を取り上げた、初期の著書『社会科学の理念』(1958年: The Idea of a Social Science and its Relation to Philosophy)の著者として有名である。

思想[編集]

ウインチは1951年から1964年までスウォンジ大学の哲学の講師を務め、そのとき同僚でウィトゲンシュタイン研究者のラッシュ・リースとロイ・オランダから大きな影響を受けた。 1964年にロンドン大学バークベック・カレッジ、1967年にロンドンのキングズ・カレッジの哲学の教授に就任。その後、1980年から1981年にかけてアリストテレス協会の会長を務めた。そして、1985年にウィンチはアメリカに移り イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の教授に就任した。

ウィンチに大きな影響を与えたのは、ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン、ラッシュ・リーズ、R・G・コリンウッド、シモーヌ・ヴェイユである。彼は「社会科学」という名前を冠した哲学の一形態を生み出したといえる。ウィンチはウィトゲンシュタインと個人的に知り合いではなかったが、親交のあったリースと同僚であった。ウィンチは、リースからシモーヌ・ヴェイユについての関心も受けた。

ほとんどの英米哲学者がウィットゲンシュタインに幻惑されていたとき、ウィンチのアプローチは際立っていた。彼の仕事の多くはウィトゲンシュタインの著作の誤読の指摘と関わっていたが、彼自身の哲学は、オックスフォード流の「言語学的」哲学に関する問題から、「生活の形態」(forms of life)と言語ゲームに関わるものであった。ウィットゲンシュタインの哲学を倫理と宗教の分野に取り入れるなかでは、ウィンチの独創性が見られる。

著作[編集]

  • The Idea of a Social Science and its Relation to Philosophy, London 1958.
  • Understanding a Primitive Society, 1964, American Philosophical Quarterly I, pp. 307–24
  • Studies in the Philosophy of Wittgenstein (ed), 1969
  • Ethics And Action, London 1972
  • Culture and Value, Ludwig Wittgenstein, Translated by Peter Winch, Oxford 1980
  • Simone Weil, the Just Balance, Cambridge 1989
  • Trying to Make Sense, Oxford 1987
  • The Idea of a Social Science and its Relation to Philosophy, London 1990 (second edition).