ピーター・エイブラハムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ピーター・エイブラハムズ: Peter (Henry) Abrahams1919年3月3日 - 2017年1月18日[1][2])は、南アフリカ共和国の小説家。同名のアメリカ人小説家(1947-)がいる。

父はエチオピア出身、母は南アフリカのカラードで、ヨハネスブルク郊外のフレデロープに生まれた。1939年に祖国を後にし、イギリスエセックス州ルートンに妻とともに暮らす。この間、ジョモ・ケニヤッタなどの黒人運動家や黒人作家と親交を持った。1956年にジャマイカに移民[3]

南アフリカを代表する作家のひとり[4]で、人種差別などの政治的・社会的問題を扱ったものが多い。1946年の長編Mine Boyで脚光を浴び[5]、1954年には自身のアパルトヘイト体験を織り込んだ[6]回顧録Tell Freedomを刊行[7]This Island Nowでは、カネと権力を人々の最も必要とする分野に向けさせる方法を述べている。

著作[編集]

  • Mine Boy (1946)
  • The Path of Thunder (1948)
  • Wild Conquest (1950)
  • Tell Freedom (1954)
  • A Wreath for Udomo (1956)
  • A Night of Their Own (1965)
  • This Island Now (1966)
  • The View from Coyaba (1985)
  • The Coyaba Chronicles: Reflections on the Black Experience in the 20th Century (2000)

脚注[編集]

  1. ^ Schudel, Matt, "Peter Abrahams, whose novels detailed South Africa's racial injustice, dies at 97", The Washington Post, 20 January 2017.
  2. ^ Grimes, William, "Peter Abrahams, a South African Who Wrote of Apartheid and Identity, Dies at 97", The New York Times, 22 January 2017.
  3. ^ Larson, Charles R. (2002年3月1日). “Self-Exile From Wretchedness : South African novelist Peter Abrahams left his homeland amid the horrors of apartheid and resettled in Jamaica.”. World and I (News World Communications, Inc). http://www.accessmylibrary.com/coms2/summary_0286-25311465_ITM. 
  4. ^ Thomas, Cornelius (1999年10月29日). “The pen is mightier”. Daily Dispatch. http://www.dispatch.co.za/1999/10/29/features/SNAP.HTM 
  5. ^ Jackson, Sally-Anne (2007年12月22日). “Peter Abrahams's Mine Boy: a study of colonial diseases in South Africa”. Research in African Literatures. http://www.accessmylibrary.com/coms2/summary_0286-33263818_ITM. 
  6. ^ Mason, Philip (1955年1月). “Review”. International Affairs (Royal Institute of International Affairs) 31 (1): 93–94. http://www.jstor.org/stable/2604615. 
  7. ^ “Temporality in Life as Seen Through Literature”, Analecta Husserliana (Springer Netherlands DOI = 10.1007/1-4020-5331-2) 86: p. 37–46, (2007), ISBN 978-1-4020-5330-6, http://www.springerlink.com/content/gv31738746577875/