ピーター・グールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・グールド
Peter Gould
Peter Gould
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
職業 脚本家、プロデューサー、監督

ピーター・グールドPeter Gould)は、アメリカ合衆国のテレビの脚本家、監督、プロデューサーである。AMCの『ブレイキング・バッド』全シーズンに参加しており、全米脚本家組合賞に4度ノミネートされた。2015年からは『ブレイキング・バッド』のスピンオフ『ベター・コール・ソウル』に参加している。

生い立ちと学歴[編集]

ニューヨークで生まれる[1]。1982年にサラ・ローレンス大学で英語のB.A.を取得し、卒業する[2]。1990年には南カリフォルニア大学M.F.A.英語版を取得し卒業する[3]

キャリア[編集]

2008年に『ブレイキング・バッド』の第1シーズンに脚本スタッフの1人として参加し、ストーリー・エディターを務める。第1シーズンでは第7話「犯罪の境界線英語版」を執筆した[4]。第1シーズンの脚本家たちは全米脚本家組合賞の新シリーズ賞にノミネートされた[5][6][7]

グールドは第2シーズン英語版ではエグゼクティブ・ストーリー・エディターに昇格する。第2シーズンでは第3話「脱出の代償英語版[8]と第8話「ソウルに電話しよう!英語版[9]の脚本を執筆した。第2シーズンの脚本スタッフは第62回全米脚本家組合賞でドラマシリーズ賞にノミネートされた[10]第3シーズン英語版ではプロデューサーに昇格し、第2話「名もなき男」[11]や第9話「不条理な世界」を執筆した[12]。第4シーズンからはスーパーバイジング・プロデューサーに昇格した。

2015年からは『ブライキング・バッド』のスピンオフ『ベター・コール・ソウル』でヴィンス・ギリガンと共にショーランナーと脚本家を務めている。2月8日に始まったこの番組は、ケーブルテレビとしては史上最高の初回視聴者数を記録した[13][14]。また第1シーズン第1話「駆け出し英語版」をギリガンと共同執筆したことにより、全米脚本家組合賞テレビ賞(エピソディック・ドラマ部門)を受賞した[15]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
備考
1994 ダブルドラゴン
Double Dragon
脚本
2000 Meeting Daddy 脚本・監督
2011 Too Big to Fail テレビ映画
脚本

テレビシリーズ[編集]

脚本[編集]

日本語題
原題
エピソード 備考
2008-2013 ブレイキング・バッド
Breaking Bad
第1シーズン 第7話「犯罪の境界線英語版[4]
第2シーズン英語版 第3話「脱出の代償英語版[8]
第8話「ソウルに電話しよう!英語版[9]
第3シーズン英語版 第2話「名もなき男」[11]
第9話「不条理な世界」[12] ジョージ・マストラス英語版と共同脚本
第12話「憎しみの連鎖英語版 サム・キャトリン英語版と共同脚本
第4シーズン英語版 第7話「面倒な犬英語版 兼監督
第10話「復讐の杯英語版 ジェニファー・ハッチソン英語版と共同脚本
第5シーズン英語版 第3話「新しいチーム英語版
第9話「汚れた金英語版
第15話「ニューハンプシャー英語版 兼監督
2015-2018 ベター・コール・ソウル
Better Call Saul
第1シーズン 第1話「駆け出し英語版 ヴィンス・ギリガンと共同脚本
第2話「トゥコ英語版
第10話「マルコ」 兼監督
第2シーズン 第9話「大成功」 兼監督
第3シーズン 第1話「メイベル」 ヴィンス・ギリガンと共同脚本
第10話「灯り」 監督
第4シーズン 第1話「煙」 脚本
第10話「勝者」 共同脚本

その他[編集]

日本語題
原題
クレジット 備考
2008-2013 ブレイキング・バッド
Breaking Bad
ストーリー・エディター 第1シーズン
エグゼクティブ・ストーリー・エディター 第2シーズン英語版
プロデューサー 第3シーズン英語版
スーパーバイジング・プロデューサー 第4シーズン英語版
共同エグゼクティブ・プロデューサー 第5シーズン英語版
2015-2016 ベター・コール・ソウル
Better Call Saul
エグゼクティブ・プロデューサー 第1シーズン
第2シーズン

参考文献[編集]

  1. ^ Denise Martin (2013年9月23日). “Breaking Bad’s Peter Gould Talks ‘Granite State’”. Vulture. http://www.vulture.com/2013/09/breaking-bad-peter-gould-granite-state-interview.html 2015年2月10日閲覧。 
  2. ^ Merritt Wever '02 and Peter Gould '82 win Emmy awards”. Sarah Lawrence College (2013年9月23日). 2016年5月7日閲覧。
  3. ^ Trojan Alum-inaries”. University of Southern California. 2015年2月9日閲覧。
  4. ^ a b "A No-Rough-Stuff-Type of Deal". Tim Hunter (director), Peter Gould (writer). Breaking Bad. AMC. 2008年3月9日放送. 7回,シーズン1.
  5. ^ 2008 Writers Guild Awards Television & Radio Nominees Announced”. WGA (2007年). 2007年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月13日閲覧。
  6. ^ Perry, Byron (2007年12月12日). “WGA announce TV, radio nominees”. Variety. http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117977607.html#TheWireHBO 2007年12月13日閲覧。 
  7. ^ HBO tops WGA awards list with five noms”. The Hollywood Reporter (2007年). 2008年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月13日閲覧。
  8. ^ a b "Bit by a Dead Bee". Terry McDonough (director), Peter Gould (writer). Breaking Bad. AMC. 2009年3月22日放送. 3回,シーズン2.
  9. ^ a b "Better Call Saul". Terry McDonough (director), Peter Gould (writer). Breaking Bad. AMC. 2009年4月26日放送. 8回,シーズン2.
  10. ^ 2009 Writers Guild Awards Television, Radio, News, Promotional Writing, and Graphic Animation Nominees Announced”. WGA (2008年). 2008年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月12日閲覧。
  11. ^ a b "Caballo Sin Nombre". Adam Bernstein (director), Peter Gould (writer). Breaking Bad. AMC. 2010年3月28日放送. 2回,シーズン3.
  12. ^ a b "Kafkaesque". Michael Slovis (director), Peter Gould & George Mastras (writers). Breaking Bad. AMC. 2010年5月16日放送. 9回,シーズン3.
  13. ^ Rosenfeld, Laura (2014年10月6日). “This 'Better Call Saul' music video gives us a sneak peek of the new series”. http://www.techtimes.com/articles/17275/20141006/better-call-saul-plot-lines.htm 
  14. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月9日). “'The Walking Dead' Returns to 15.6 Million Viewers + 'Better Call Saul' is Biggest Series Premiere in Cable History”. TV by the Numbers. 2015年2月9日閲覧。
  15. ^ McNary, Dave (2016年2月13日). “WGA Honors ‘Big Short,’ ‘Spotlight,’ ‘Mad Men’ at 68th Awards”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/wga-awards-winners-writers-guild-america-1201705269/ 2016年2月14日閲覧。