ピーター・ショルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・ショルツ
Peter Scholze.jpg
生誕 (1987-12-11) 1987年12月11日(31歳)
東ドイツの旗 東ドイツドレスデン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究分野 数学
研究機関 ボン大学
出身校 ボン大学
論文 Perfectoid Spaces (2011)
博士課程
指導教員
ミヒャエル・ラポポート英語版[1]
主な業績 パーフェクトイド空間英語版の概念の導入
主な受賞歴 コール賞(2015)
フィールズ賞(2018)
子供 1
プロジェクト:人物伝

ピーター・ショルツ1987年12月11日 - 、: Peter Scholze)は、数論幾何学を専門とするドイツ人数学者。ボン大学教授[2]。世界をけん引する数学者の一人と評されている[3][4][5]2018年、30歳でフィールズ賞受賞した[6]

経歴[編集]

学生時代に国際数学オリンピックに参加し、3つの金メダルと1つの銀メダルを獲得した[7]。2012年に指導教官のマイケル・ラパポートの下でボン大学より博士号を授与された[1]。2011年7月から2016年まで、クレイ数学研究所の研究員であった[8]

業績[編集]

ショルツの研究は、数論幾何学、例えばp進数とその応用に集中している。ゲルト・ファルティングス、ジャン=マルク・フォンテーヌ、そして後にキラン・ケッドラヤによって開発された以前の基本的な理論のいくつかをよりコンパクトな形で提示した。ウェイト・モノドロミー予想を部分的に証明した[9]

2012年博士号を取得した直後に24才で当時のドイツ最年少教授となった[3][10][11][12]

受賞[編集]

脚注[編集]