ピーター・バンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・バンクス
Peter Banks
生誕 (1947-07-15) 1947年7月15日
出身地 イングランドの旗 イングランド ハートフォードシャー州
死没 2013年3月7日(2013-03-07)(65歳)
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
共同作業者 イエス、フラッシュ
公式サイト Official website (awaiting redesign)
テンプレートを表示

ピーター・バンクスPeter Banks1947年7月15日 - 2013年3月7日)は、イギリスハートフォードシャー州バーネット (en:Barnet) 出身のロックギタリストイエスの初代のギタリストとして知られている。

経歴[編集]

幾つかのローカル・バンドを経て、1966年にザ・シンというバンドでプロ・デビュー。このバンドにはクリス・スクワイアがいた。ザ・シンが解散した後、クリスとともにメイベル・グリーアズ・トイショップを結成。その後、ニート・チェンジというバンドを経て、メイベル・グリーアズ・トイショップに復帰し、そのバンドはイエスと改名することになる。イエスの最初の2枚のアルバムに参加したが、イエスのセカンド・アルバム『時間と言葉』のレコーディングの直後、オーケストラの導入を巡って他のメンバーと意見が対立し[1]、イエスから解雇される。

その後、フラッシュを結成。『フラッシュ』『イン・ザ・キャン』『アウト・オブ・アワ・ハンズ』の3枚のアルバムを発表後、解散した(フラッシュは2009年にピーター・バンクス以外のメンバー2人により再結成され、2013年にはアルバムを発表している)。

フラッシュの解散の後、女性ボーカリスト(当時の妻)をフィーチャーしたバンド、エンパイアを結成するが、当時はレコードとして発表されず、20年後に発掘発売という形で3作品が世に出た。

バンド名「イエス」の考案者がピーター・バンクスである。少ない文字数のバンド名であると、大きな文字でポスターにバンド名が印刷されるというメリットを考えてのことだった。彼の尊敬するザ・フーのバンド名から影響されたとも発言している。「イエス」のバンド名を提案したところ、他のメンバーから「とんでもない!」と反対があったものの、「メイベル・グリーアズ・トイショップという名前のほうがとんでもないじゃないか!」と言って説得したとされている。

2013年3月7日ロンドンの自宅にて心臓疾患で死亡しているのが発見された。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『トゥ・サイズ・オブ・ピーター・バンクス』 - Two Sides of Peter Banks (1973年)
  • Instinct (1994年)
  • Self-Contained (1995年)
  • Reduction (1997年)
  • Can I Play You Something? (1999年) ※1964年-1968年音源のコンピレーション
  • 『セルフ・コンテインド・トリロジー』 - The Self-Contained Trilogy (2018年) ※『Instinct』『Self-Contained』『Reduction』をまとめてリイシュー
  • 『ビー・ウェル、ビー・セーフ、ビー・ラッキー:アンソロジー』 - Be Well, Be Safe, Be Lucky... The Anthology (2018年) ※未発表曲を含むコンピレーション

ザ・シン[編集]

  • 『オリジナル・シン』 - Original Syn: Complete History of The Syn 1967-1969 (2005年)

イエス[編集]

  • イエス・ファースト・アルバム』 - Yes (1969年)
  • 時間と言葉』 - Time And a Word (1970年)
  • イエスタデイズ』 - Yesterdays (1974年) ※1969年-1970年のコンピレーション
  • 『イエスイヤーズ』 - Yesyears (1991年) ※コンピレーション・ボックス・セット
  • 『BBC セッション1969-1970 サムシングス・カミング』 - Something's Coming: The BBC Recordings 1969–1970 (1997年) ※『Beyond And Before』『Astral Traveller』のタイトルの盤もある

フラッシュ[編集]

  • 『フラッシュ』 - Flash (1972年)
  • 『イン・ザ・キャン』 - In the Can (1972年)
  • 『アウト・オブ・アワ・ハンズ』 - Out of Our Hands (1973年)
  • Psychosync (1997年) ※1973年のラジオ放送音源。ブートレッグをパッケージを含めてそのままコピーしてオフィシャル盤として発売したもの
  • 『フラッシュ・イン・パブリック - FLASH IN PUBLIC』 - In Public featuring Peter Banks (2013年) ※1973年のライブ音源

エンパイア[編集]

  • Mark I (1996年) ※録音は1973年
  • Mark II (1996年) ※録音は1974年
  • Mark III (1997年) ※録音は1979年
  • 『ザ・マーズ・テープス』 - The Mars Tapes (2014年) ※録音は1979年
  • The Complete Recordings (2017年)[2]

ハーモニー・イン・ダイヴァーシティ[編集]

  • Trying (2006年)
  • 『ハーモニー・イン・ダイヴァーシティ:コンプリート・レコーディングス』 - The Complete Recordings (2018年)

その他の参加作品[編集]

  • クリス・ハーウッド: 『ナイス・トゥ・ミート・ミス・クリスティーン』 - Nice to Meet Miss Christine (1970年)
  • ロジャー・ラスキン・スピア: 『エレクトリック・ショックス』 - Electric Shocks (1971年) ※「Blue Baboon」「Doctor Rock」の2曲に参加
  • Various Artists: Guitar Workshop Volume Two (1976年) ※2曲で参加
  • Lonnie Donegan: Puttin' on the Style (1978年) ※ロリー・ギャラガーエルトン・ジョンブライアン・メイリンゴ・スターらも参加
  • ライオネル・リッチー: Hello (1978年) ※クレジットなしのセッション参加
  • キーツ: 『キーツ』 - Keats ...Plus (1984年) ※ピーター・バーデンスらと共演。プロデューサーはアラン・パーソンズ
  • Various Artists: 『テイルズ・フロム・イエスタデイ』 - Tales From Yesterday (1995年)
  • Funky Monkey: Come Together People of Funk (1997年)
  • Various Artists: 『アンコールズ、リジェンズ、アンド・パラドックス〜トリビュート・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ELP』 - Encores, Legends, and Paradox, A Tribute to the Music of ELP (1999年)
  • Clive Nolan & Oliver Wakeman: Jabberwocky (1999年)
  • Michelle Young: Marked for Madness (2001年)
  • Clive Nolan & Oliver Wakeman: The Hound of the Baskervilles (2002年)
  • Funky Monkey: Join Us in Tomorrow (2002年)
  • Various Artists: Return to the Dark Side of the Moon (2006年)
  • Ant-Bee: Electronic Church Muzik (2011年)
  • dB-Infusion: Muso & Proud (2011年)
  • Various Artists: 『ザ・プログ・コレクティヴ』 - The Prog Collective (2012年)
  • Various Artists: 『ソングス・オブ・センチュリー - スーパートランプ・トリビュート』 - Songs of the Century: An All-Star Tribute to Supertramp (2012年)
  • Various Artists: Who Are You - An All Star Tribute To The Who (2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドキュメント・ビデオ『イエスイヤーズ』より。
  2. ^ Archived copy”. 2017年9月21日閲覧。