ピーター・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・バーンズ Football pictogram.svg
名前
本名 Peter Simon Barnes
カタカナ ピーター・サイモン・バーンズ
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1957-06-10) 1957年6月10日(62歳)
出身地 マンチェスター
選手情報
ポジション MF / FW
代表歴

1977-1982
イングランドの旗 イングランド U-21
イングランドの旗 イングランド
21 (7)
22 (5)
監督歴
1998
1998
ジブラルタルの旗 ジブラルタル
イングランドの旗 リンカーン
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピーター・サイモン・バーンズPeter Simon Barnes1957年6月10日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。同じくサッカー選手であるケン・バーンズの息子である。

選手経歴[編集]

マンチェスターで生まれ、地元のクラブであるマンチェスター・シティに加入し、1974-75シーズンにトップチームデビューを飾った。19歳で出場した1976年のリーグカップの決勝ではゴールを挙げ、チームも2-1で勝利し、同シーズンにはPFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。1979年にマルコム・アリソンにより、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに752,000ポンドで放出された。ウェスト・ブロムが支払ったこの移籍金の額は20年近く破られなかった。

1979-80シーズンにはウェスト・ブロム内のトップスコアラーとなったが、1981年にリーズ・ユナイテッドに移籍してからは、このシーズン以上の活躍を見せることはなかなかできなかった。リーズの監督であったアラン・クラークは、バーンズをフォワードとして起用したが、バーンズは新しいポジションに馴染めず1ゴールしか挙げられなかった。バーンズはイングランド代表チームのレギュラーであったが、彼を良く思わない選手がクラブで活躍していないことを盾にロン・グリーンウッドに彼を外すように圧力をかけた。

リーズが2部に降格し、スペインのクラブチームであるレアル・ベティスレンタル移籍したが、バーンズはスペインでの生活に馴染めず、年が明けるとリーズに復帰した。ディヴィジョン2で27試合に出場し、4ゴールを挙げた。翌シーズンには、50,000ポンドでコヴェントリー・シティに加入し、29試合で8ゴールを挙げた。ロイ・アトキンソンはマンチェスター・ユナイテッドのために彼を獲得し、そこではイェスペル・オルセンのバックアッパーとして十分な活躍を見せた。在籍2年間で25試合に出場し、10ゴールを挙げた。

アトキンソンからアレックス・ファーガソンに監督が交代すると、バーンズは居場所をなくし、1987年にマンチェスター・シティに復帰した。しかし、すぐに構想から漏れ、ボルトン・ワンダラーズポート・ヴェイルにレンタルで出された [1]ハル・シティ、ボルトン、サンダーランドにそれぞれ短い期間であったが所属し、APSLのタンパベイ・ローディーズに加入した後に、バリーと契約を結ぶことが出来ず、複数のクラブを渡り歩いた後に、ノンリーグのモスリーに行きついた。

現役を引退してからは、リンカーンで監督を務めた後に、マンチェスター・シティや地元のラジオ局で働いた。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 レアル・ベティス (loan) 1983-1984
イングランドの旗 コヴェントリー・シティFC (loan) 1984
イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC (loan) 1987
イングランドの旗 ポート・ヴェイルFC (loan) 1987
イングランドの旗 ウィンブルドンFC (loan) 1987-1988
イングランドの旗 ストックポート・カウンティFC (loan) 1989

脚注[編集]

  1. ^ Kent, Jeff (1996). Port Vale Personalities. Witan Books. p. p. 18. ISBN 0952915200. http://www.amazon.ca/Port-Vale-Personalities-Jeff-Kent/dp/0952915200.