ピーター・フォンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Peter Fonda
ピーター・フォンダ
ピーター・フォンダ
本名 Peter Henry Fonda
生年月日 (1940-02-23) 1940年2月23日
没年月日 (2019-08-16) 2019年8月16日(79歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1962年 - 2019年
配偶者 Susan Brewer (1961年 - 1972年)
Portia Rebecca Crockett (1975年 - )
主な作品
イージー・ライダー
未来世界
木洩れ日の中で
ゴーストライダー
3時10分、決断のとき
テンプレートを表示

ピーター・フォンダ(Peter Fonda、1940年2月23日 - 2019年8月16日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の俳優。父は名優ヘンリー・フォンダ、姉は女優ジェーン・フォンダであり、芸能一家で育つ。娘ブリジット・フォンダも女優として活躍している。

略歴[編集]

幼い頃、母親の自殺が原因で父ヘンリー・フォンダと不和となり、生涯しこりを残したといわれている。大学時代から演劇活動を本格化させ、卒業と同時にブロードウェイに進出する。1963年『タミーとドクター』で映画デビューを果たし[1]、清純で一本気な青年役のキャラクターで売り出すも、商業主義の作品に嫌悪感を抱く。さらに、自らが想い描く俳優像とは異なるエリート青年役が続いたことに疲弊し、次第にドラッグに耽溺するようになった。そんなピーターの様子に興味を抱いたロジャー・コーマンは、1966年に自らが率いるアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP)製作で実在するヘルズ・エンジェルスの生態を描いた低予算映画『ザ・ワイルド・エンジェルス』(共演ナンシー・シナトラブルース・ダーン)に主演させる。当初は西海岸のみのヒットだったものの、次第に全米規模の大ヒットへとつながった。翌67年にピーターは『白昼の幻想』(共演はアクターズ・スタジオの創設者リー・ストラスバーグの娘であるスーザン・ストラスバーグ)でデニス・ホッパージャック・ニコルソンと出会って意気投合し、これが映画『イージー・ライダー』への布石となる。

1962年デビュー当時、パティ・マコーマックとの宣伝写真

1960年代後半、映画界に巻き起こったアメリカン・ニューシネマ(ニュー・ハリウッド)のブームに乗って、自らも映画製作会社を立ち上げ、低予算映画をいくつも量産した。そのうちの一つがインディーズ・ムービーのバイブルとも呼ばれ、カルト的な支持を得ることとなってゆく、1969年の『イージー・ライダー』であった。同作は『俺たちに明日はない』と並んで、ニュー・シネマの代表作品と見られた。彼はこの成功によって一躍アメリカン・ニューシネマの旗手となった。なお、デニス・ホッパーは後に共和党支持者になっている。

71年には『ハイアード・ハンド』73年には『アイダホ・トランスファー』に出演した。そして74年には人気作品『ダーティー・メリー・クレイジー・ラリー』を発表した。日本では70年代後半以降は注目されなくなってしまったが、アメリカでは地道に俳優活動を継続した。90年代は、娘のブリジットが女優として活躍した。

1990年代末頃にはフォンダはカムバックした俳優と見られるようになった。1997年木洩れ日の中で』での老養蜂家を演じてゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) を受賞。アカデミー主演男優賞にもノミネートされ、受賞こそならなかったが久々に賞賛を浴びた。ちなみにフォンダを破りオスカーを手にしたのが、奇しくもかつての旧友であり『イージー・ライダー』でともにかけ上がった仲のジャック・ニコルソン(『恋愛小説家』)であった。ニコルソンはスピーチで「バイク仲間のフォンダ」と声をかけ、フォンダもこれに応えたというエピソードが知られる。

晩年もテレビ、映画を中心に出演した。俳優としてだけでなくプロデューサー、脚本家、監督として多方面に活躍をし続ける一方で、「華美なハリウッド嫌い」をあくまで貫くように、モンタナ州の田舎でひっそりと暮らしていた。

父ヘンリーとの共演作に自ら監督した1979年『グランドキャニオンの黄金』、姉ジェーンとは1967年のオムニバスのヨーロッパ映画『世にも怪奇な物語』、娘ブリジットとは1993年『恋愛の法則』でそれぞれ共演している他、日本映画にも主演している。

2019年8月16日、米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で肺がんによる呼吸不全のため死去[2]

人物と思想[編集]

映画「イージー・ライダー」を再現したバイクを運転(2009年)

リベラルな姿勢は、1960年代当時から変わらなかった。2011年にフォンダはティム・ロビンスとともに『ビッグ・フィックス』というドキュメンタリー映画を制作した。この映画はディープ・ウォーター・ホライズンにおける油流出事件についてBPの責任を追及する作品だった。ピーター・フォンダはバラク・オバマ大統領に手紙も書いている[3]。ティム・ロビンスはスーザン・サランドンらとともに、俳優の中でも特にリベラル、左派と目されている俳優である。またドナルド・トランプの、メキシコ国境における母親と子供を引き離す鎖国政策を激しく非難した。

趣味はバイクで、若い頃には自らバイクを作ってしまったという。イージー・ライダーではハーレー・ダヴィッドソンに乗車した。日本のバイクでは北米・欧州向けモデルの1000ccバイクだけが欲しいと答えていた(だいじょうぶマイ・フレンド 公開前の雑誌インタビューより)。またスイスの時計スウォッチのコレクターでもある。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1963 タミーとドクター
Tammy and the Doctor
マーク・チェスウィック博士
勝利者
The Victors
ウィーヴァー
1964 リリス
Lilith
スティーブン
若い恋人たち
The Young Lovers
エディ
1966 ワイルド・エンジェル
The Wild Angels
ヘブンリー・ブルース
1967 白昼の幻想
The Trip
ポール・グローヴス
1968 世にも怪奇な物語
Histoires extraordinaires
ウィルヘルム男爵 オムニバス映画 第1話 「黒馬の哭く館」
1969 イージー・ライダー
Easy Rider
ワイアット 脚本・出演・製作
1971 さすらいのカウボーイ
The Hired Hand
ハリー・コリングス 監督・出演
ラスト・ムービー
The Last Movie
若い保安官
1973 ふたり
Two People
エヴァン・ボナー
1974 ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー
Dirty Mary Crazy Larry
ラリー
ダーティハンター
Open Season
ケン
1975 悪魔の追跡
Race with the Devil
ロジャー・マーシュ
1976 ダイヤモンドの犬たち
Killer Force
ブラッドリー
未来世界
Futureworld
チャック・ブローニング
1967 怒りの山河
Fighting Mad
トム・ハンター
1977 アウトローブルース
Outlaw Blues
ボビー
ハイローリング
High-Ballin'
レイン
1979 グランドキャニオンの黄金
Wanda Nevada
Beaudray Demerille 監督・出演
1980 タワー・ジャック
The Hostage Tower
マイク・グラハム テレビ映画
1981 キャノンボール
The Cannonball Run
チーフ・バイカー カメオ出演
1982 スプリット・イメージ/人格分離
Split Image
カークランダー
1983 だいじょうぶマイ・フレンド ゴンジー・トロイメライ 日本映画
ジャングル・ヒート
Dance of the Dwarfs
ハリー
スパズムス/蛇霊の恐怖
Spasms
トム・ブラシリアン博士
1985 生きる証し
A Reason to Live
ガス・スチュアート テレビ映画
暴力天使
Certain Fury
ロドニー
1988 勇者の大地/フリーダム・ファイター
Mercenary Fighters
ヴィレリ
1990 デッドロック/ベトナム死の掟
Fatal Mission
ケン・アンドリュース
1991 ファミリー・エキスプレス
Family Express
ニック
1993 恋愛の法則
Bodies, Rest & Motion
ライダー
レイジングシティ/野獣捜査線
South Beach
ジェイク
プロフェッショナル
Deadfall
ピート
1994 レニー・ゼルウィガーの 危険な天使
Love and a .45
Vergil Cheatham
ナディア
Nadja
ドラキュラヴァン・ヘルシング
1996 エスケープ・フロム・L.A.
Escape from L.A.
パイプライン
グレイス・オブ・マイ・ハート
Grace of My Heart
グル・デイヴ 声の出演
1997 木洩れ日の中で
Ulee's Gold
ウリー・ジャクソン ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞
1998 テンペスト
The Tempest
ギデオン・プロスパー テレビ映画
1999 イギリスから来た男
The Limey
テリー・ヴァレンタイン
2000 ワイルド ガン
South of Heaven, West of Hell
Shoshonee Bill
きかんしゃトーマス 魔法の線路
Thomas and the Magic Railroad
バーネット・ストーン
氷の誘惑
Second Skin
マーヴ・ガットマン
2002 ララミー・プロジェクト
The Laramie Project
Doctor Cantway テレビ映画
2004 ワシントンDCの陰謀
Capital City
ブリッジウォーター大統領 テレビ映画
サラ、いつわりの祈り
The Heart Is Deceitful Above All Things
祖父
2005 スーパーノヴァ
Supernova
オースティン・シェパード博士 テレビ映画
2007 ゴーストライダー
Ghost Rider
メフィストフェレス
団塊ボーイズ
Wild Hogs
ダミエン・ブレイド
3時10分、決断のとき
3:10 to Yuma
バイロン・マッケルロイ
2008 センター・オブ・ジ・アース
Journey to the Center of the Earth
エドワード・デニソン テレビ映画
2009 処刑人II
The Boondock Saints II: All Saints Day
ローマ人
2011 ダメ男がモテる本当の理由
The Trouble with Bliss
シーモア・ブリス
2013 あしたの家族のつくり方
As Cool as I Am
ジェラルド
ユージュアル・ネイバー
The Harvest
祖父
2015 コンテンダー
The Runner
レイン・プライス
2017 アメリカで最も嫌われた女性
The Most Hated Woman in America
ボブ・ハリントン牧師
ワイルド・ウエスト 復讐のバラード
The Ballad of Lefty Brown
エドワード・ジョンソン
2018 ディア・グランパ 幸せを拾った日
Boundaries
ジョーイ

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2007 ER緊急救命室
ER
ピアース・タナー 第14シーズン第10話「300人の患者」
2009 カリフォルニケーション
Californication
本人 第3シーズン第7話「大事な話...」
2011 CSI:ニューヨーク
CSI: NY
ビル・ハント 第7シーズン第20話「絡み合う糸」
第7シーズン第21話「17年目の真実」
HAWAII FIVE-0
Hawaii Five-0
ジェシー・ビリングス 第2シーズン第4話「海に眠る宝」
2015 THE BLACKLIST/ブラックリスト
The Blacklist
ジェフ・パール 第2シーズン第6話「モンバサ・カルテル」

コンピューターゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]