ピーター・ポマランツェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピーター・ポマランツェフ(Peter Pomerantsev、1977年-)は、イギリスのジャーナリスト、著作家、TVプロデューサー。旧ソ連・ウクライナの首都キエフ出身。

父のイゴール・ポマランツェフの反体制的な行為のために1978年にウクライナを離れ、1980年からはイギリスに居住。中等教育をウエストミンスター校とミュンヘンの「ヨーロピアンスクール」で送り、その後エジンバラ大学で英文学とドイツ語を専攻する。2001年からロシアに渡り、シンクタンクで働いたり、EUからロシアに送り込まれたコンサルタントの助手などを務めた。2006年から2010年までテレビ局TNTで番組制作に携わる。2011年にイギリスに戻ってからは、ジャーナリストおよびLSEのヴィジティング・シニア・フェローなどとして活躍。「プロパガンダ論」のオーソリティーと見なされている。 2014年の著書”Nothing is True and Everything is Possible”により、英国王立文学協会オンダーチェ賞を受賞。同書は2018年に日本でも翻訳が刊行された。

著書[編集]