ピードモント航空349便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピードモント航空349便
Piedmont flight 349 wreckage.jpg
349便の残骸(2002年2月)
事故の概要
日付 1959年10月30日
概要 CFIT
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州アルベマール郡クローゼー英語版付近 バックス・エルボー山
乗客数 24
乗員数 3
負傷者数
(死者除く)
1
死者数 26
生存者数 1
機種 ダグラス DC-3
機体名 「バックアイ・ペースメーカー」
(Buckeye Pacemaker)
運用者 ピードモント航空
出発地 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C.
目的地 アメリカ合衆国の旗 シャーロッツヴィル-アルベマール空港英語版
テンプレートを表示

ピードモント航空349便墜落事故: Piedmont Airlines Flight 349)とは、1959年10月30日にピードモント航空349便(ダグラス DC-3)がバージニア州クローゼー英語版付近のバックス・エルボー山 (Bucks Elbow Mountain) に墜落した事故である。この事故で乗員3人と乗客23人が死亡した。唯一の生存者、アーネスト・P・"フィル"・ブラッドリー (Ernest P. "Phil" Bradley) は、重傷を負い座席に縛りつけられたまま残骸付近の地面に横たわっていた[1]。その後の調査で事故原因は以下のとおりであると断定された。

ナビゲーションの省略により横方向のコース誤差が生じた。それは精密計器進入手順の間検出されず補正されなかった。 事故に寄与する要因は、精神的ストレスの結果として船長が没頭(pre-occupation)していた可能性がある。

事故機[編集]

バックアイ・ペースメーカー (Buckeye Pacemaker) と名付けられた事故機はN55Vとして登録されており、製造番号は20447であった。事故機は以前はメトロ・エア・トランスポート英語版で N53593 として飛行しおり、その後1956年12月にピードモント航空に売却された。

脚注[編集]

  1. ^ Kebabjian, Richard. “Accident Details”. planecrashinfo.com. 2014年3月17日閲覧。

座標: 北緯38度06分15秒 西経78度43分53秒 / 北緯38.10417度 西経78.73139度 / 38.10417; -78.73139