ピール・ムハンマド2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ピール・ムハンマド2世(ぴーる・むはんまど2せい)は、シャイバーニー朝ブハラ・ハン国の第13代目ハン

概要[編集]

スライマーン・スルタンの子供で、アブドゥッラーフ2世のいとこ。

ピール・ムハンマド2世は、1598年に権力を握り、ブハラ・ハン国のシャイバーニー朝の最後のハンとして統治した。(ロシア語版参照:Ахмедов Б. А. История Балха (XVI—первая половина XVIII в.) / д.и.н. Ганковский Ю. В. — Т. : Фан, 1982. — 295 с. 97.)

在位は、1598年から1599年まで。先代は、アブドゥル=ムウミン。

※ページ「Пирмухаммед-хан II」の翻訳により作成