ファイアー (U2の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ファイアー
U2シングル
初出アルバム『October
B面 J.Swallo
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1981年4月22日バハマ、ナッソー
ジャンル ロック
レーベル CBSアイランド
作詞・作曲 U2
プロデュース スティーヴ・リリーホワイト
チャート最高順位
アイルランド4位
UK35位
U2 シングル 年表
アイ・ウィル・フォロー
(1980年)
ファイアー
(1981年)
グロリア
(1981年)
テンプレートを表示

ファイアー」(Fire)はU2の「October」からのリードシングル。「October」3週間前にリリースされ、U2のシングルとして初めてUKチャートに入った。

解説[編集]

元は「Saturday Night」という曲で、「Boy」の初期ヴァージョンには最後の曲の「Shadows and Tall Trees」の後に隠しトラックとして収録されていた。

Boyツアー中に休暇で訪れたバハマのナッソーでレコーディングされた。シングルヒットを意識した曲だが、エッジが「理想と中身が一致しなかった」[1]と語っている。またこの曲でU2はTop of The Pops初出演を果たしたが、翌週、チャートはランクダウンした。だが一方で、その様子をテレビで観ていたノエル・ギャラガーがU2のファンになるという副産物があった。

Top of The PopsでFireを演奏するのを見て以来、俺はU2のファンだ……あんたがU2を嫌いでも俺にはどうでもいいことさ![2] — ノエル・ギャラガー

B面[編集]

J.Swallo[編集]

スタジオでの実験的音源だったが、B面に収録する際、急遽ヴォーカルを入れた。タイトルはリプトン・ヴィレッジのメンバーだったJohnny Swallow(本名Reggie Manuel)の名前から。

「October」のデラックス・エディション収録。

評価[編集]

イヤーオブ[編集]

1981年ホットプレス読者が選ぶ年間ベストアイリッシュシングル第2位[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「U2 BY U2」 U2 前むつみ監訳 久保田祐子ほか訳 シンコーミュージック
  2. ^ http://thequietus.com/articles/07183-noel-gallagher-favourite-albums?page=14
  3. ^ http://www.rocklistmusic.co.uk/hotpress.htm#1981