ファイングレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファイングレイン
Fine Grain 20080330P1.jpg
2008年3月30日 中京競馬場
欧字表記 Fine Grain
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2003年3月7日(15歳)
登録日 2005年4月27日
抹消日 2011年2月2日
フジキセキ
ミルグレイン
母の父 Polish Precedent
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 社台レースホース
調教師 長浜博之栗東
競走成績
生涯成績 30戦5勝
獲得賞金 2億9026万4000円
テンプレートを表示

ファイングレイン日本の元競走馬。おもな勝ち鞍に2008年高松宮記念シルクロードステークス。名前の由来は英語で「超微粒子」。

社台サラブレッドクラブ出資馬であり募集価格は80万×40口の3200万円[1]

経歴[編集]

2005年新馬・500万特別と連勝したファイングレインは、翌年クラシックを視野に入れきさらぎ賞・スプリングステークスに出走も距離に対応できず敗戦。

その後クラシック戦線から路線転換を図ったニュージーランドトロフィーNHKマイルカップにて共に僅差の2着と好走し結果を残すが東京から戻った翌日に右前脚の種子骨[2]上部の骨折が判明し[3]、長期休養を余儀なくされる。

2007年ファイングレインは1年ぶりの復帰レースとして都大路ステークスに出走。NHKマイルカップの結果からマイル前後の距離に適性があると判断[3]していた陣営は、このレース以降もマイル前後を中心に出走させ続けたが入着レベルという内容が続く。

2008年「中距離は合わない」と判断された[3]同馬はデビュー戦以来となるスプリント戦、淀短距離ステークスに出走。それまでの先行好位抜け出しから一転し後方から差し切り勝ちを決め、およそ2年ぶりとなる勝ち鞍を挙げ、続くシルクロードステークスにて重賞初勝利を記録。一躍スプリント路線の有力馬に躍り出る。

迎えた高松宮記念、4番人気に支持されたファイングレインは馬群の真ん中を抜け出し、キンシャサノキセキ、1番人気のスズカフェニックスの追走を振り切り、1996年フラワーパークのレースレコードを更新する好時計で優勝、GI馬の仲間入りを果たした。

重賞連勝を含む3連勝でGIを制したファイングレインはその後も短距離レースを使われ続け、2008年マイルチャンピオンシップ3着など結果を残すレースもあったが、高松宮記念以降は勝ち星から遠ざかり2桁着順に終わるレースも目立ちはじめ、2011年シルクロードステークス11着を最後に現役を引退した。

引退後[編集]

フランスのロンレ牧場(Haras de Lonray)で種牡馬となる[4][5]。フランスでの代表産駒はFiduxといい[4]、平地競走で2勝をあげたのち、2017年に障害競走に転向すると緒戦から2連勝、重賞のAdonis Juvenile Novices' Hurdle(G2)で3着にはいった[6][7][注 1]

2017年からはアイルランドティペラリー州のロングフォードハウススタッドで供用される[4][8]。同牧場にはヴィニーローなども在籍している[4]。種付料は牝馬出生条件付[注 2]で1500ユーロ(約20万円)[4]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 9. 19 札幌 2歳新馬 16 10.4 (5人) 1着 四位洋文 54 芝1200m(良) 1:11.6 (36.0) -0.2 (キャンディーストア)
11. 27 京都 あけび賞 12 3.5 (1人) 1着 中舘英二 55 芝1600m(良) 1:36.3 (34.8) -0.4 (アマノトレンディー)
2006 2. 12 京都 きさらぎ賞 GIII 12 5.4 (3人) 8着 四位洋文 56 芝1800m(良) 1:48.1 (35.4) 0.7 ドリームパスポート
3. 19 中山 スプリングS GII 16 59.3 (10人) 9着 四位洋文 56 芝1800m(良) 1:50.1 (36.0) 1.1 メイショウサムソン
4. 8 中山 ニュージーランドT GII 12 24.3 (7人) 2着 横山典弘 56 芝1600m(良) 1:33.6 (35.8) 0.1 マイネルスケルツィ
5. 7 東京 NHKマイルC GI 18 25.9 (9人) 2着 横山典弘 56 芝1600m(良) 1:33.2 (35.5) 0.0 ロジック
2007 5. 6 京都 都大路S OP 15 9.2 (4人) 6着 上村洋行 56 芝1600m(重) 1:37.1 (37.8) 0.7 スーパーホーネット
6. 10 東京 エプソムC GIII 18 19.0 (9人) 4着 柴田善臣 56 芝1800m(稍) 1:48.4 (35.9) 0.1 エイシンデピュティ
7. 1 阪神 米子S OP 15 3.7 (2人) 5着 上村洋行 56 芝1600m(良) 1:33.0 (34.3) 0.3 トウショウカレッジ
10. 20 京都 オパールS OP 14 11.0 (6人) 11着 四位洋文 56 芝2000m(良) 2:00.7 (38.2) 1.8 ホッコーソレソレー
11. 11 東京 オーロC OP 17 9.9 (4人) 4着 蛯名正義 56 芝1400m(稍) 1:22.0 (35.1) 0.3 ブルーメンブラット
12. 23 阪神 2007ファイナルS OP 18 5.9 (3人) 9着 幸英明 56 芝1600m(良) 1:35.2 (36.4) 0.1 アンブロワーズ
2008 1. 19 京都 淀短距離S OP 15 7.1 (4人) 1着 幸英明 55 芝1200m(良) 1:09.1 (33.4) -0.1 (クールシャローン)
2. 10 京都 シルクロードS GIII 16 6.5 (3人) 1着 幸英明 56 芝1200m(稍) 1:09.1 (34.0) -0.2 (コパノフウジン)
3. 30 中京 高松宮記念 GI 18 7.1 (4人) 1着 幸英明 57 芝1200m(良) 1:07.1 (33.2) 0.0 キンシャサノキセキ
9. 14 阪神 セントウルS GII 16 5.7 (2人) 9着 幸英明 59 芝1200m(良) 1:08.0 (33.7) 0.7 カノヤザクラ
10. 5 中山 スプリンターズS GI 16 7.9 (3人) 10着 幸英明 57 芝1200m(良) 1:08.5 (34.4) 0.5 スリープレスナイト
11. 1 京都 スワンS GII 16 14.4 (7人) 5着 幸英明 59 芝1400m(良) 1:20.3 (34.2) 0.4 マイネルレーニア
11. 23 京都 マイルCS GI 18 26.5 (10人) 3着 幸英明 57 芝1600m(良) 1:32.8 (34.4) 0.2 ブルーメンブラット
2009 3. 1 阪神 阪急杯 GIII 16 10.5 (4人) 11着 幸英明 59 芝1400m(良) 1:22.9 (36.3) 1.8 ビービーガルダン
3. 29 中京 高松宮記念 GI 18 17.4 (8人) 17着 幸英明 57 芝1200m(良) 1:09.4 (36.0) 1.4 ローレルゲレイロ
10. 31 京都 スワンS GII 18 33.9 (14人) 16着 幸英明 58 芝1400m(良) 1:21.1 (34.2) 0.8 キンシャサノキセキ
11. 22 京都 マイルCS GI 18 59.8 (16人) 15着 幸英明 57 芝1600m(良) 1:34.1 (34.2) 0.9 カンパニー
2010 3. 6 中山 オーシャンS GIII 16 98.4 (16人) 5着 勝浦正樹 58 芝1200m(重) 1:9.9 (35.5) 0.1 キンシャサノキセキ
3. 28 中京 高松宮記念 GI 18 27.8 (8人) 8着 勝浦正樹 57 芝1200m(良) 1:8.9 (34.7) 0.3 キンシャサノキセキ
10. 3 中山 スプリンターズS GI 16 144.6 (16人) 16着 勝浦正樹 57 芝1200m(良) 1:08.8 (35.0) 1.4 ウルトラファンタジー
10. 30 京都 スワンS GII 14 25.5 (11人) 7着 勝浦正樹 58 芝1400m(良) 1:21.5 (34.1) 0.5 マルカフェニックス
11. 21 京都 マイルCS GI 18 135.4 (17人) 11着 浜中俊 57 芝1600m(良) 1:32.4 (34.3) 0.6 エーシンフォワード
12. 28 園田 兵庫GT JpnIII 12 6.8 (4人) 8着 幸英明 57 ダ1400m(良) 1:28.8 (38.5) 1.9 トーセンブライト
2011 1. 29 京都 シルクロードS GIII 16 55.1 (13人) 11着 幸英明 57 芝1200m(良) 1:09.0 (33.0) 0.8 ジョーカプチーノ

血統表[編集]

ファイングレイン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

フジキセキ
1992 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer
1983 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

ミルグレイン
1997 鹿毛
Polish Precedent
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Past Example Buckpasser
Bold Example
母の母
*Mill Line
1985 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Quay Line High Line
Dark Finale
母系(F-No.) 14号族(FN:14-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Milan Mill 5 x 4=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ファイングレイン 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ファイングレイン 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ファイングレイン 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com ファイングレイン 5代血統表2017年9月12日閲覧。

母ミルグレインの全姉アイリッシュオークス、イギリスヨークシャーオークス勝ち馬のPure Grainがいる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後、2018年10月10日の障害競走で3勝目をあげている。同日時点での獲得賞金は151,338ユーロ(2018年10月時点のレートで約1694万円。)[7]
  2. ^ 「出生条件付」は産駒が無事に生まれたことを条件に種付け料を支払うもの。牝馬出生条件付は、生まれた仔が牝馬だった場合に種付け料の減免をする。

出典[編集]

  1. ^ 一口馬主DB
  2. ^ 人間では指の付け根にあたる箇所にある骨
  3. ^ a b c 『優駿』(日本中央競馬会)2008年5月号
  4. ^ a b c d e レーシング・ポスト,2017年3月14日付,Fine Grain to stand at Longford House Stud,2018年10月20日閲覧。
  5. ^ ファイングレイン号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2011年2月2日). 2011年3月6日閲覧。
  6. ^ Sky Sports,2017年2月24日付,Charli Parcs runs in Adonis Juvenile Hurdle at Kempton,2018年10月20日閲覧。
  7. ^ a b レーシング・ポスト,Fidux (FR),2018年10月20日閲覧。
  8. ^ 種牡馬ファイングレイン、フランスからアイルランドに移籍(アイルランド)ジャパンスタッドブックインターナショナル、2017年3月23日閲覧