ファウンデーションと地球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ファウンデーションと地球』(Foundation and Earth)は、アイザック・アシモフSF小説ファウンデーションシリーズの第5作で1986年に刊行された。


概要[編集]

タイトル通り、伝説の人類発祥の地である「地球」探索の物語である。ストーリー的には前作『ファウンデーションの彼方へ』から直接繋がっているが、2作の間にはロボット長編シリーズ第3作『夜明けのロボット』および両シリーズの橋渡し作品『ロボットと帝国』が書かれており、それらを踏まえた内容となっている。特に『ロボットと帝国』で残された謎「消え失せたソラリア人はどこへ行ったのか」の意外な答えが示されている。

あらすじ[編集]

銀河系の未来を、超有機体ガイアに託したトレヴィズだったが、その自らの直感が本当に正しいのか確信が持てずにいた。全ての謎の答えが伝説の人類発祥の星「地球」にあると感じた彼は、ペロラットとガイア人の女性プリスと共に再び地球探索の旅に出発する。

自らが人類最古の惑星と主張する星の一つ、コンポレロンに立ち寄った彼らは、古代史の研究者から3つの宇宙座標を教えられる。それらはかつて「スペーサー・ワールド」と呼ばれていた世界に属する惑星の位置だった。この座標をもとに惑星オーロラを訪れた一行は、そこには動物はいるが人類は皆無であることを発見した。次に訪れた惑星ソラリアでは、住民はいたのだが地下で孤立して暮らしており、遺伝子操作で無性生殖できる身体となっていた。そこから、ロボットに保育されていた子供ファロムを連れ出し、同行させることになった。最後の惑星メルポメニアは、大気が薄く海洋も無く、コケのような植物があるだけだった。

3つのスペーサー・ワールドを訪れたあと、トレヴィズやペロラットと近縁の人種が暮らす惑星アルファを経て、遂に地球に辿り着いた一行を待ち受けていたのは意外な人物だった。そしてトレヴィズは求めていた解答、心理歴史学の盲点に辿り着く。

書誌情報[編集]

  • 『ファウンデーションと地球』、岡部宏之訳、早川書房海外SFノヴェルズ、1988年11月
  • 『ファウンデーションと地球(上)』、岡部宏之訳、ハヤカワ文庫SF1201、1997年8月、ISBN 4-15-011202-9
  • 『ファウンデーションと地球(下)』、岡部宏之訳、ハヤカワ文庫SF1202、1997年8月、ISBN 4-15-011201-0

関連項目[編集]