ファサード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ランス大聖堂

ファサード: façade)は、建築物正面部のデザインを指す語句である。フランス語に由来し、英語のfaceと同根[要出典]である。建築物で最も目立つため都市景観の形成に影響が大きく、建築設計で重要視される。

ファサードは、建物の格式や性格も示し[1]ゴシック建築ランス大聖堂など内部空間を率直に表現するものや、ルネサンス建築アルベルティによるセントアンドレア教会[2]など内部空間と有機的なつながりなしに造形されるものがある。側面や背面が装飾的に造形されている場合などもファサードと称する場合がある[3]

事例[編集]

ギャラリー[編集]

ファサード保存[編集]

旧川崎銀行横浜支店(損保ジャパン横浜馬車道ビル

歴史的建築物の保存に、ファサード保存を選択する事例がある。建築物の正面部分や正面の一部のみを保存する手法で、都市の再開発と歴史的建造物の保存を両立させる手法である。

正面以外の構造物や内部空間などが大きく失われるため、建て替え不可避で、街路景観の形成に影響が大きく、歴史的価値が高い場合などに選択する。

日本は、主に土地の高度利用のためにファザードを保存して背面を高層建築とする手法が、近年の再開発で多く見られる。

ファサード保存の例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈴木博之『世界大百科事典』24、平凡社、東京、2007年、266頁。
  2. ^ Dr.Heather Horton. “Alberti, Sant'Andrea in Mantua” (英語). KhanAcademy. Sculpture and architecture in central Italy. KhanAcademy. 2021年3月16日閲覧。
  3. ^ 前川道郎『日本大百科全書』20、小学舘、東京、1988年、7頁。

関連項目[編集]