ファニチャー・ロウ・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ファニチャー・ロウ・レーシング(Furniture Row Racing)は、かつて活動していたアメリカ合衆国ストックカーレーシングチーム。モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズに78号車で参戦した。

2005年設立。アメリカの家具販売チェーンのファニチャー・ロウが所有し、コロラド州デンバーに本拠地を置く。NASCARのチームの多くがノースカロライナ州シャーロットもしくはその近郊に本拠地を置く中で、アメリカ西部に本拠地を置く数少ないチームのうちの一つであった。2010年から2015年にかけてはリチャード・チルドレス・レーシングから技術的支援を受けシボレーで参戦。2016年から2018年まで、ジョー・ギブス・レーシングから技術的支援を受ける形でトヨタ・カムリにて参戦した。

歴史[編集]

2005年、コロラド州デンバーにて設立。ブッシュ・シリーズに第6戦ナッシュビルにて初参戦。

2009年、リーガン・スミス英語版デイル・アーンハート・インク英語版より移籍。

2011年、第10戦ダーリントンにてリーガン・スミスがチーム初勝利を挙げる[1]

2014年、マーティン・トゥーレックス・ジュニアマイケル・ウォルトリップ・レーシング英語版より移籍。

2016年、マニュファクチャラーをシボレーからトヨタに変更。

2017年、 エリック・ジョーンズ英語版(No.77)が参戦し、2台体制になる。マーティン・トゥーレックス・ジュニア(No.78)がモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズのドライバーズチャンピオンシップを獲得[2]

2018年、エリック・ジョーンズがジョー・ギブス・レーシングに移籍。No.78の1台体制に戻る。

2018年9月4日、チームオーナーのバーニー・ヴィッサー英語版は2018年シーズン終了後にチームをクローズすることを発表[3][4]。シーズン終了後、マーティン・トゥーレックス・ジュニアはジョー・ギブス・レーシングに移籍した。

ドライバー[編集]

NASCARチャンピオンシップ[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2011 Showtime Southern 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年5月2日閲覧。
  2. ^ a b Monster Energy NASCAR Cup standings for 2017”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年5月2日閲覧。
  3. ^ “Furniture Row Racing to Cease Operations After 2018 Season” (プレスリリース), Furniture Row Racing, (2018年9月4日), https://furniturerowracing.furniturerow.com/frr/news/08042018/Furniture-Row-Racing-to-Cease-Operations-After-2018-Season/16101555 2018年9月7日閲覧。 
  4. ^ Furniture Row Racing fails to land sponsor for '19, to shut down”. ESPN (2018年9月4日). 2018年9月6日閲覧。