ファビオ・カミーリョ・デ・ブリト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネネ Football pictogram.svg
名前
本名 ファビオ・カミーリョ・デ・ブリト
Fábio Camilo de Brito
カタカナ ネネ
ラテン文字 NENÊ
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1975年6月6日
出身地 サンパウロ
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ネネ (Nenê) こと、ファビオ・カミーリョ・デ・ブリト(Fábio Camilo de Brito、1975年6月6日 - ) は、ブラジルサンパウロ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。登録名の「ネネ」は「赤ちゃん」の意味を持った愛称である。高さとミドルシュートのレベルが高く得点感覚に優れたDF。

経歴[編集]

浦和レッドダイヤモンズへ移籍する以前は、ブラジルの名門クラブのグアラニコリンチャンスグレミオ等でプレーし、スポルティングCPヘルタ・ベルリンといったヨーロッパのクラブでもプレーしていた経験を持つ。2004年8月坪井慶介の負傷でDF陣が手薄となった浦和レッドダイヤモンズへ移籍した。加入直後から田中マルクス闘莉王アルパイ・オザランと共に強固な3バックを形成し、セカンドステージの優勝に貢献した。だが、2005年は度重なる故障に悩まされ、出場機会が激減し、最終的には10月2日セレッソ大阪戦で左ひざ前十字靭帯断裂の重傷を負ってしまい、それ以降このシーズンは出場することが出来なかった。2006年は半年契約で残留し、前半戦はリハビリに専念した。その後、契約を半年間延長し、10月7日ジェフユナイテッド市原・千葉戦で約1年ぶりに公式戦復帰を果たした。これ以降は坪井慶介堀之内聖とDF陣に負傷者が続出したこともあり先発に定着し、初のリーグ優勝、天皇杯連覇に貢献した。2007年は当初、契約満了にて退団がほぼ決定していたが、浦和が獲得を目指していたブラジル人DFアレックス・シウバとの交渉が不調に終った事もあり、この年も半年契約で残留し、夏に前年と同じく半年間契約を延長した。そして2007年12月17日クラブワールドカップ2007の3位を置きみやげに、契約満了にて浦和レッドダイヤモンズを退団、帰国した。2008年にコリチーバFCへ移籍。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1996 ジュベントス セリエC
1997 バイーア セリエA
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
1997-98 スポルティングCP スーペル 4 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1998 グアラニ セリエA
1999 コリンチャンス 24 5
2000 グレミオ 26 1
2001 12 0
2002
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2002-03 ヘルタ・ベルリン ブンデス1部 10 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2003 ヴィトーリア セリエA 15 1
2004 13 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 浦和 33 J1 10 1 2 0 3 0 15 1
2005 5 10 1 0 0 0 0 10 1
2006 5 9 0 0 0 4 0 13 0
2007 5 12 2 1 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2008 コリチーバ セリエA
通算 ブラジル
ポルトガル スーペル 4 0
ドイツ ブンデス1部 10 0
日本 J1 41 4 2 0 8 0 50 4
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2007年 浦和 5 5 0 3 0
通算 AFC 5 0 3 0

その他の国際公式戦