ファミリー・一般向けアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ファミリー・一般向けアニメ(ファミリー・いっぱんむけアニメ)とは、年代や男女を問わず家族全員で鑑賞して楽しめるアニメ作品のことである。

概要[編集]

日本国内の多くのテレビ視聴者において、「アニメ」と聞いて連想する作品はこのジャンルのどれかの作品に当てはまる事が多い。

テレビ作品の場合は子供を中心とした家族とそのコミュニケーションをテーマにした作品が多い。よって視聴者層が広く、長寿番組となり、ニュース等の作品紹介や解説において『国民的アニメ』や『長寿アニメ』[注釈 1]として取り上げられやすい。視聴率においてはテレビアニメ作品の中ではトップクラスであり、テレビアニメ視聴率ベスト10以内にランキングされる作品の割合が高く、子供向け商品を出している企業はもちろん、それ以外のスポンサーも付きやすいためテレビ局や広告代理店にとって利益率が高いのも特徴といえる。それゆえにNHKの『忍たま乱太郎』(1993年 - )を除くほとんどが民放の作品である。

主に18時 - 20時の時間帯に放送されるが、単発の作品をテレビで放映する場合は20時・21時 - 23時台の枠に放送する場合もある(『金曜ロードSHOW!』枠で放映される「スタジオジブリ作品」、「スタジオ地図作品」及び『名探偵コナン』(テレビ版:1996年 - 、映画版:1997年 - )の映画、『ルパン三世』(テレビ版:1971年 - 、映画版:1978年 - )の映画や長編シリーズ、『土曜プレミアム』枠で放映される『ONE PIECE』(テレビ版:1999年 - 、映画版:2000年 - )の映画など)。

アニメ映画(アニメーション映画)では1-2年おきに上映される「スタジオジブリ作品」は近年の宮崎駿監督作品[注釈 2]の場合、約150億円から300億円の興行収入を得ており、毎年上映される『ドラえもん』(テレビ版:1973年1979年 - 2005年2005年 -映画版:1980年 - 2004年・2006年 - )、『名探偵コナン』(テレビ版:1996年 - 、映画版:1997年 - )、『ポケットモンスター』(テレビ版:1997年[注釈 3]・1998年 - 映画版:1998年 - )シリーズの映画版(劇場版)は3作品を足して年間100億円以上、更に『クレヨンしんちゃん』(テレビ版:1992年 - 、映画版:1993年 - )を足すと年間約120億円程度の安定した興行収入があり、邦画業界最大手である東宝の大黒柱であり同社の収益を支えている。また1990年代以降は同社がアニメのみならず、ファミリー向け映画全般に強い企業イメージを形成している。一方でライバルの東映及びその子会社で日本のアニメ業界で最大手である東映アニメーション関係の作品は、現状では子供向けに留まるものが多く、本項の範疇に入る作品は少ない。

作品の特徴[編集]

TVアニメ作品の場合は、少年漫画を単純にアニメ化した少年向けアニメもしくは男児向けアニメから発祥した作品を除いて比較的単純な作画であり、それに加えて制作予算が他の全日帯アニメ作品と比べて多いためか作画が崩れることが少ない。ほとんどの作品が比較的早い段階[注釈 4]からハイビジョン制作へと移行している。

原作はギャグ漫画4コマ漫画から発祥した作品が多く(ただし前述の『ルパン三世』、『名探偵コナン』、『ONE PIECE』はストーリー漫画である)、アニメ化当初はファミリーを狙った作品ではなく、原作本来が持つ毒(ブラックユーモア)がきつかった作品が、長い放映期間の間に毒の部分が徐々に薄れ、丸くなり当たり障りの無い本来の持ち味から乖離した方向へ変わった作品が多い(『サザエさん』(1969年 - )・『ドラえもん』(1973年、1979年 - )・『クレヨンしんちゃん』(1992年 - )・『ちびまる子ちゃん』(1990年 - 1992年、1995年 - )・『あたしンち』(2002年 - 2009年)など)。

また、『ドラえもん』(1973年、1979年 - )、『名探偵コナン』(1996年 - )、『ONE PIECE』(1999年 - )、『ドラゴンボール』シリーズ(1986 - 1997年、2009 - 2011年、2014年 - )などアニメ化当初は子供向けアニメまたは少年向けアニメとして製作されたものが、長い放映期間の間に視聴対象自体が成長することにより大人にも普遍化した作品が多い。その中で少年誌で連載されながらもアニメ化された1996年当時は原作の連載が20年目を迎え、既に大人にも知名度があった『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(レギュラー放送:1996年 - 2004年、不定期放送:2005年 - 2008年、2016年、以下『こち亀』)は当初からファミリー向けを狙って制作された。また『Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年 - 1986年、終了後SP:1990年、1992年、2007年、第2作『ドクタースランプ』:1997年 - 1999年)のように原作は少年誌掲載でありながらも、人気が女性や未就学児にまで広がった[1]作品もある。 一方で少女漫画を原作とした少女向けアニメもしくは女児向けアニメからファミリー向けに変容した作品は、サザエさんの直前番組である『ちびまる子ちゃん』の他は『わがまま☆フェアリーミルモでポン!』シリーズ(2002年 - 2005年)の第3シリーズ『わがまま☆フェアリーミルモでポン! ごおるでん』以降などがあるが、少年漫画を原作としたアニメと比べるとかなり少ない。

パッケージ販売[編集]

DVDVHSビデオなどの映像商品化はエピソード数が膨大な作品が多いため、レンタル店の在庫の負担を減らすなどの為に傑作選という形で選り抜きされる場合が多く、完全にはなされていないケースが多い(『ドラえもん』(第1期・1787話、第2期・600話以上)など)。レンタルのみで一般販売されない作品もある。『サザエさん』のみ現在一度も映像ソフト化がされていない。

それでも『名探偵コナン』・『ポケットモンスター』・『ルパン三世』など1話完結ではないストーリーアニメであり、ファンが多く存在する作品は完全収録されている。また1話完結型の『こち亀』も大部分がソフト化されているが、スペシャル番組などで放送された、芸能人がゲストで多数出演するエピソードが権利関係の都合でカットされており、これは『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』でも同様である。

現状[編集]

アニメ番組の中ではバラエティ枠などへの転換の為に、地上波民放全国ネット(独立UHF局衛星放送を除く)のゴールデンタイムから次々と撤退[注釈 5]する現状においても、このジャンルのアニメは一部作品がゴールデンタイムのまま維持されている。

ゴールデンタイムから外れている『サザエさん』(再放送はゴールデンタイム)と『ちびまる子ちゃん』も含め、ゴールデンタイムの多くの番組や全日帯アニメのほとんどの作品で見られる視聴率低下の波を同様に受けており、どの番組も1990年代前半の水準と比べると、視聴率が2/3から半分程度に落ちている。特に「スタジオジブリ作品」と『サザエさん』を除く作品の視聴者はあくまで子供と40代以下の若年者が主体であることから、それらの年代を中心としたテレビ離れの影響も受けている。

そのため2000年代に入ってゴールデンタイムの番組で他局のニュース番組やバラエティー番組などとの競争が激化した時においては打ち切りや当時、別時間への枠移動(=格下げ)を考慮する基準であった8 - 10%台を割る番組[注釈 6]が目立っており、視聴率の算定で少しでも有利にするために2番組を1つの番組として放映する作戦も見られ[注釈 7]、2004年春にフジテレビ系の『こち亀』と『ONE PIECE』を合わせた「アニメ7」と、2005年春から2009年春にかけては日本テレビ・読売テレビ系の『ブラック・ジャック』(2004 - 2006年)→『ブラックジャック21』(2006年)→『結界師』(2006年 - 2008年)→『ヤッターマン (2008年版)』(2008 - 2009年)と『名探偵コナン』を合わせた「アニメ☆7」がそれに該当していた。しかしどちらも自局や他局のニュース番組やバラエティー番組に比べて視聴率の低下を抑えることができず、後番組はバラエティー番組へ転換する形で枠移動もしくは放映終了という形で失敗に終わった。その後「アニメ7」は2004年末の終了と同時に『こち亀』は2005年からは特番扱いの不定期放送となり、『ONE PIECE』は「アニメ7」終了から『こち亀』を放送していた枠での単独放映になり、2006年秋から日曜朝へ枠移動した。この枠移動によって30年以上前[注釈 8]から続いたゴールデンタイムのアニメ枠がバラエティー枠に変更する形で消滅した。また「アニメ☆7」も2009年春の終了と同時に『ヤッターマン (2008年版)』は日曜朝へ枠移動し同年秋に終了、『名探偵コナン』も土曜夕方へ枠移動した。

『ドラえもん』・『クレヨンしんちゃん』などでも1時間スペシャルにしたところ、レギュラー放送時(30分枠)と比べて視聴率が伸びる傾向にあったため、一時はスペシャルを行う頻度が高くなっていた。この2作品は2017年現在もゴールデン枠を維持し続けている[注釈 9]

このように地上波においては衰退気味であるが、BS・CS放送の『キッズステーション』、『アニマックス』といったアニメ専門放送局及び『テレ朝チャンネル』、『ファミリー劇場』といったファミリー向け放送局や、パソコンスマートフォン向けのインターネットテレビである『AbemaTV』(テレビ朝日の子会社)などで、『サザエさん』を除く多くの作品がゴールデン帯や休日の昼間などに過去に地上波で放送された分を再放映もしくは権利を買い取って放映されている。

日本国外での評価[編集]

これらのアニメや原作漫画は日本と比較的文化が近い韓国中国台湾などの東アジアタイなどの東南アジアの国々で多くの作品が支持されており、人気を反映するかのように海賊版も多くが出回っている[2]。中国では『クレヨンしんちゃん』のように中国企業が先に商標を取得して、長期にわたって海賊版のほうが中国においては合法商品になってしまったケースもある[3]

しかし文化・習慣・宗教が大きく違い、特に子供の育児に対する考え方も日本と異なる欧米はもちろん、アジアの国々でも一部の作品が青少年に有害とみなされて放映が制限されているケースがある。例えば『クレヨンしんちゃん』はアメリカ合衆国など放送禁止の国が多く、放送されている国でも大人のアニメとしてR指定のレイティングが行われたり、お下劣とされているシーンにモザイク処理が行われている場合もある。またアメリカ合衆国では『クレヨンしんちゃん』のみならず日本の小学生に人気が高い『ドラえもん』や『名探偵コナン』も一部の有識者からは青少年に有害な番組と見なされ、作品の性質上殺人・暴力などのシーンが入っている『名探偵コナン』は現地の放送局では大人向けアニメ扱いで放映は深夜である。PG指定のレイティングが行われていて子供の視聴に対しては親の同席が求められている。『ドラえもん』もジャイアンがのび太を殴るシーンなどが有害とされ、現地在住の邦人向け日本語版を除いて[注釈 10]未放映であったが、2014年夏からウォルト・ディズニー・カンパニーが配給し、アメリカ人の嗜好に合わせキャラクターの設定や脚本の一部を手直しし放送されている[4]。また『サザエさん』は世界一放送が長いアニメとしてギネスブックにも掲載されているのにも関わらず[5]、海外ではほとんど放送されておらず日本ローカルの作品といえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし『長寿アニメ』とされる作品の中には、対象が一部の子供やその親世代に限られ、必ずしも全てのファミリーを対象としない作品も含まれることがある。長寿アニメではあるが作品の性質上、視聴者が乳幼児(とその親)に限られる『それいけ!アンパンマン』(1988年 - )及び『しまじろうシリーズ』(1993年 - )や、視聴者が幼稚園児から小学校低学年までの女児(とその親)や一部のアニメファンに限られる『プリキュアシリーズ』(2004年 - )などが代表例。本項で取り上げている『ドラゴンボール』、『ポケットモンスター』、『ONE PIECE』なども放映当初からしばらくは小中学生前後の男児(とその親)のみを対象とし、今も『男児向けアニメ』の傾向が強いことや、1話完結の作品ではないことから、視聴者の捉え方によってはファミリー向けアニメと見做されない場合もある。
  2. ^ もののけ姫』(1997年)、『千と千尋の神隠し』(2001年)、『ハウルの動く城』(2004年)、『崖の上のポニョ』(2008年)
  3. ^ 1997年12月16日に起きたポケモンショックで約3ヶ月半に亘って放送休止。
  4. ^ 主に2000年代後半頃。例として『名探偵コナン』は2006年10月よりハイビジョン制作となっている。
  5. ^ 現在ゴールデンタイムにアニメ枠を持つのはテレビ朝日金曜日19時台の『ドラえもん』・『クレヨンしんちゃん』のみ。テレビ東京は1990年代以降も2010年代後半まで月曜日から木曜日までの19時台にアニメ枠を持っていた(さらに1990年代までは金曜日19時台にも枠があったが、『ドラえもん』との競合のために早い段階でバラエティー枠に転換した)が、2014年春の改編までに木曜日以外はアニメ以外の番組に転換しているが、2018年秋の改編までに木曜日のゴールデンタイムのアニメ枠は長らく放送され、テレビ東京のゴールデンタイムのアニメ枠に撤退した。
  6. ^ 2010年代後半現在は2000年代より視聴率がさらに低下し、8%に満たない作品も多い。
  7. ^ どちらも当時の視聴率でより有利だった方(『こち亀』と『名探偵コナン』)の数字を使用し、もう一方(『ONE PIECE』と『ブラック・ジャック(21)』・『結界師』・『ヤッターマン (2008年版)』)の不利をカバーする狙いであった。しかし、「アニメ7」の『こち亀』と『ONE PIECE』のケースでは『ONE PIECE』は『こち亀』より視聴率で劣っていても、原作の単行本やアニメグッズなどの商業的な面で大幅に優れていたために枠移動されながらも生き残り、2010年頃に再ブームが起きフジテレビの主力キャラクターへと返り咲いた。また、「アニメ☆7」においては2007年10月から12月の3ヶ月間のみ『名探偵コナン』もしくは『金田一少年の事件簿』(1997 - 2000年・2007年)の1時間枠であった。
  8. ^ フジテレビ系日曜19時台の19:00枠は『マジンガーZ』(1972年 - 1974年)、19:30枠は「カルピスまんが劇場→世界名作劇場」の『どろろと百鬼丸』(1969年 - 1970年)から『ONE PIECE』・『こち亀』までアニメ番組が途切れることなく続いていた。
  9. ^ 一方で『クレヨンしんちゃん』が2002年春に金曜19:30枠から土曜19:00枠に枠移動した時に新設され、2004年秋に再び金曜19:30枠に戻るときにゴールデンタイムから追い出される形でローカルセールス枠へ移動した『あたしンち』(2002年 - 2009年)は2009年に終了した。
  10. ^ NHKコスモメディアアメリカがアメリカ合衆国・カナダで運営する日本人向け日本語チャンネル「テレビジャパン」では『名探偵コナン』も含め、日本国内と同様に子供向け番組として、番組購入という形で放映されている。

出典[編集]

  1. ^ さらばわが青春の『少年ジャンプ』」飛鳥新社 293、294頁。
  2. ^ “韓国、中国など300サイトに削除を要請 海賊版被害580作品 アニメ、出版15社連携”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2014年7月30日). オリジナル2014年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140730122328/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140730/ent14073014550011-n1.htm 
  3. ^ “クレヨンしんちゃん訴訟、中国企業に100万元の賠償請求―中国”. Record China. (2012年2月18日). http://www.recordchina.co.jp/a58881.html 2017年3月12日閲覧。 
  4. ^ “「ドラえもん」全米デビュー!ディズニーとタッグでアメリカンテイストに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年5月10日). オリジナル2014年5月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140510184455/http://www.hochi.co.jp/topics/20140509-OHT1T50311.html 
  5. ^ ギネス世界記録”. ありがとう45周年!みんなのサザエさん展. フジテレビジョン. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月12日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]