ファン・ウランゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウランゴ第二姓(母方の)はリバスです。
ファン・ウランゴ
基本情報
本名 ファン・フェルナンド・ウランゴ・リバス
通称 Iron Twin
階級 スーパーライト級
身長 170cm
リーチ 180cm
国籍  コロンビア
誕生日 (1980-10-04) 1980年10月4日(36歳)
出身地 コルドバ県モンテリーナ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 24
KO勝ち 19
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ファン・ウランゴJuan Fernando Urango Rivas、男性、1980年10月4日 - )は、コロンビアプロボクサー。第18代・第22代IBF世界スーパーライト級王者。

来歴[編集]

2002年4月30日、コロンビアでプロデビュー。

2004年8月5日、アメリカのフロリダ州NABO北米スーパーライト級王座決定戦でマイク・アルノーティス(アメリカ)と対戦し、1-0の判定ドローで王座獲得ならず。デビューからの連勝は13で止まった。

2006年6月30日、アメリカのフロリダ州でIBF世界スーパーライト級王座決定戦でナオウフェル・ベン・ラバー(オーストラリア)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年1月20日、アメリカのネバダ州リッキー・ハットンイングランド)と初防衛戦で対戦し、0-3の大差判定負けで王座から陥落しキャリア初黒星となった[1]

2008年4月23日、アメリカのフロリダ州でIBF世界スーパーライト級王座挑戦者決定戦でカルロス・ウィルフレド・ビルチェス(アルゼンチン)と対戦し、4回KO勝ちで王座挑戦権を獲得した。

2009年1月30日、カナダケベックでIBF世界スーパーライト級王座決定戦でハーマン・ヌゴージョ(カナダ)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座に返り咲いた。

2009年5月30日、アメリカのフロリダ州でIBF世界スーパーライト級王座は保持したままWBC世界ウェルター級王者アンドレ・ベルト(アメリカ)に挑戦し、0-3の判定負けで2階級制覇ならず。

2009年8月28日、フロリダ州ハリウッドのハードロック・ホテル&カジノで1位ランドール・ベイリー(アメリカ)と対戦。6回にダウンを喫するとともに右目をカットしたが、9回に2度、10回に1度のダウンを奪い返し、11回1分51秒、ベイリーの棄権によりTKO勝利でIBF世界スーパーライト級王座の初防衛に成功した[2]

2010年3月6日、アメリカのフロリダ州でWBC世界スーパーライト級王者デボン・アレクサンダーと王座統一戦で対戦し、8回TKO負けで王座から陥落した。

2012年4月26日、約2年1ヶ月ぶりの試合。メキシコで復帰戦を行い2回KO勝利を収める。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハットン、元のJ・ウェルターでIBF王座復帰 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年1月22日
  2. ^ ウランゴ逆転TKO勝ち 新鋭クラウド戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年8月29日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
リッキー・ハットン
IBF世界スーパーライト級王者

2006年6月30日 - 2007年1月20日

次王者
リッキー・ハットン
空位
前タイトル保持者
ポール・マリナッジ
IBF世界スーパーライト級王者

2009年1月30日 - 2010年3月6日

次王者
デボン・アレクサンダー